ニュース
» 2013年04月05日 07時15分 UPDATE

Microsoft、9件の月例セキュリティ情報公開を予告

内訳は「緊急」が2件、「重要」が7件。IEの全バージョンに影響する極めて深刻な脆弱性の修正も含まれる。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Microsoftは9件の月例セキュリティ情報を4月9日(日本時間10日)に公開する。Internet Explorer(IE)やWindowsの深刻な脆弱性に対処予定。4日の事前通知で明らかにした。

 9件の月例セキュリティ情報のうち、深刻度が最も高い「緊急」は2件ある。このうちIEの更新プログラムで対処予定の脆弱性は、Windows 8/RT版のIE 10も含めてクライアント版のIE全バージョンが極めて深刻な影響を受ける。IEは3月に開かれたハッキングコンペ「Pwn2Own」で発覚した脆弱性がまだ未解決になっており、この問題に対処するとみられる。

 もう1件の緊急レベルのセキュリティ情報はWindowsが対象で、Windows 7までのクライアント版Windowsが特に深刻な影響を受ける。

 残る7件のセキュリティ情報はいずれも深刻度「重要」レベル。Office(InfoPathとWeb Apps 2010)、Windows、サーバソフト、セキュリティソフトのWindows Defender(Windows 8とWindows RT向け)に存在するサービス妨害(DoS)や特権昇格の脆弱性に対処を予定している。

関連キーワード

Windows | Internet Explorer | 月例パッチ | Microsoft


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ