ニュース
» 2013年04月08日 16時54分 UPDATE

NTTドコモ、クラウドのレスポンス時間を最大50%短縮する技術を開発

ドコモは同社が開発したサーバ管理技術をOpenStackに寄贈した。

[ITmedia]

 NTTドコモは4月8日、クラウドサービスの応答時間を最大50%短縮するというサーバ管理技術を開発したことを発表した。同技術をOpenStack Foundationに寄贈し、オープンソースのクラウド基盤ソフトウェアのOpenStackの最新版としてリリースされた。

 ドコモによると開発した技術は、OpenStack上でサービスごとに物理サーバを割り当てることによって、応答時間を高速化するというもの。通常は物理サーバ上に複数の仮想サーバを構築して利用されるが、物理サーバの処理能力が分散することで、応答時間の遅延の原因になっていた。

 新技術は、利用状況に応じて仮想サーバと物理サーバを切り替えることができるという。仮想サーバ向けのOpenStack APIとの互換性を確保し、仮想サーバを制御するソフトウェアをそのまま物理サーバにも流用できるとしている。

関連キーワード

NTTドコモ | OpenStack


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -