ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「NTTドコモ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
NTTドコモ - ITmedia Mobile
質問!DoCoMo→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でDoCoMo関連の質問をチェック

関連キーワード

石野純也のMobile Eye:
2700円に値下げをした「ahamo」の戦略 “サービスの簡略化”による混乱も?
ドコモは3月1日に、ahamoの料金を2700円(税別)に値下げすることを発表した。値下げ幅は280円と少額だが、総額表示が義務化される4月以降、3000円を下回る2970円でアピールできるのは大きな差になりそうだ。一方で、ahamoのサービス内容は既存の料金プランから大幅に簡略化されているため、混乱も予想される。(2021/3/6)

ドコモ、「マイカーシェア」を終了へ 8月31日に
NTTドコモが個人間カーシェアサービス「マイカーシェア」の提供を8月31日に終了すると発表した。「現在の事業環境に鑑み、サービスを終了する」という。(2021/3/5)

“4Kの16倍”「16K」の360度VR映像を配信できるシステム、ドコモが開発 スポーツや音楽イベントに活用
NTTドコモが、5G通信を活用し、4Kの16倍の解像度「16K」の360度VR映像を配信できるシステムを開発したと発表。スポーツや音楽イベントのライブを従来より高画質で配信できるという。(2021/3/5)

その他のサービスは継続:
ドコモが「dカーシェア」の個人間カーシェアサービスを終了 8月31日付
NTTドコモが、カーシェアリングサービス「dカーシェア」のサービスのうち、個人間で自動車を貸し借りできる「マイカーシェア」を8月31日をもって終了する。レンタカーや通常のカーシェアについては、引き続きサービスを提供する。(2021/3/5)

ドコモの「Galaxy Note20 Ultra 5G SC-53A」がAndroid 11にバージョンアップ
NTTドコモが「Galaxy Note20 Ultra 5G SC-53A」のOSバージョンアップを開始した。バージョンアップ後はAndroid 11の新機能を利用できるようになる他、不具合の修正も合わせて行われる。(2021/3/5)

MVNOに聞く:
20GBプランは必要? 音声定額はどうなる? mineo新料金プランの狙いを聞く
MNOのオンライン専用20GBプランの開始を控える中、MVNOの中では早期に値下げを実現したのが、オプテージの「mineo」だ。ドコモ、au、ソフトバンクの回線で異なっていた料金を統一し、旧プランから値下げした。料金体系を抜本的に変更したmineoだが、その狙いや背景をオプテージのモバイル事業戦略部長の福留康和氏に聞いた。(2021/3/5)

ahamoの値下げに対抗か:
LINEMOが通話オプション料金を1年間割り引くキャンペーンを実施 準定額なら「無料」に
ソフトバンクが3月17日から提供する「LINEMO(ラインモ)」において、通話(準)定額オプションの月額料金を1年間500円引きするキャンペーンを発表した。NTTドコモが「ahamo(アハモ)」で通話準定額を維持しつつ値下げしたことへの対抗策と思われる。(2021/3/4)

5Gモデルが対象:
レノボの「ThinkPad X1 Fold」がドコモの5Gネットワークに対応 Sub-6エリアで通信可能
レノボ・ジャパンのフォルダブルPC「ThinkPad X1 Fold」の5Gモデルが、NTTドコモの5Gネットワークに対応した。ただし、ドコモでは同モデルを販売しない。【訂正】(2021/3/4)

通話料金の設定権移行に先行:
NTT東西の固定電話からau/ソフトバンク携帯電話への「通話料金」が値下げへ 5月1日から
NTT東日本、NTT西日本、NTTドコモ、KDDIとソフトバンクの5社が、固定電話から携帯電話への通話について、料金の設定権をNTT東日本とNTT西日本に移行することに合意した。それに先駆けて、NTT東西の固定電話からauとソフトバンクの携帯電話に発信した際の通話料金が値下げされることになった。(2021/3/3)

KDDIとソフトバンク、固定電話から携帯への通話料値下げ
 KDDI(au)とソフトバンクは2日、NTT東西の固定電話から携帯電話にかける際の通話料について、5月1日からNTTドコモと同じ3分あたり60円に値下げすると総務省の有識者会議で明らかにした。現在の通話料はKDDIが90円、ソフトバンクが120円だった。(2021/3/3)

利用できないサービスは? 「ahamo」で注意すべきこと(2021年3月最新版)
NTTドコモが3月26日に提供開始する新料金プラン「ahamo」の詳細が判明した。月額料金は当初の2980円(税別)から2700円に改定され、対応機種やahamoで購入できる機種も発表された。ahamoはドコモの“料金プラン”という位置付けだが、利用できないサービスも多い。(2021/3/2)

ahamoに先行エントリー&4月15日以降の契約で最大6000ポイントを付与
ドコモは、ahamoの先行エントリーをしたユーザーに最大6000ポイントのdポイントを還元する。4月15日から5月31日までにahamoに申し込んで新規契約または端末を購入したユーザーが対象。サービス開始直後の混雑を避けるため。(2021/3/1)

ポイント優待サイト「dカード ポイントUPモール」、5万人へ3000ポイントプレゼント
NTTドコモは、ポイント優待サイト「dカード ポイントUPモール」を経由して買い物をした中から抽選で5万人にdポイントを3000ポイント進呈するキャンペーンを開催する。(2021/3/1)

ahamoユーザー限定の「dカード特典」 データ増量やポイント還元など
NTTドコモは、「ahamo」のユーザー限定の「dカード特典」を提供する。ahamoの料金をdカードまたはdカードGOLDで支払うと、毎月のデータ量を増量する。ahamoの携帯電話をdカードGOLDと連携すると、毎月最大300ポイントを進呈する。(2021/3/1)

他社端末の動作も後日発表予定:
Androidが72機種/iPhoneが21機種――ドコモが「ahamo(アハモ)」対応機種を発表 端末の購入方法も案内
NTTドコモが3月26日に提供を開始する「ahamo(アハモ)」の対応端末を発表した。合わせて、ahamoにおける端末の購入方法も案内された。(2021/3/1)

ahamoが値下げ、月額2980円→2700円に 「povoやLINEMO受け見直し」とドコモ
NTTドコモが、携帯料金の新プラン「ahamo」の値下げを発表。これまでは2980円(税別、以下同)としていたが、2700円に変更する。(2021/3/1)

ドコモ、ahamo取り扱い機種を発表 iPhone 11を4万9390円から
NTTドコモは3月1日、ahamoとして販売するスマートフォンを発表した。「iPhone 11」「Xperia 1 II SO-51A」「Galaxy S20 5G SC-51A」の3機種で、3月26日から発売する。iPhoneは4Gまでの対応だが、Android 2機種は5Gに対応する。(2021/3/1)

ドコモが「ahamo」を値下げ 5分通話定額付きで月額2700円に
NTTドコモが、3月26日に開始する新料金プラン「ahamo」の料金を改定した。これまで、ahamoは月額2980円で20GBのデータ通信と、5分通話定額を利用できるという内容だったが、これらの内容は変えず、料金を2980円から2700円に改定する。(2021/3/1)

ドコモ、ahamo値下げ 2700円に 通話無料はそのまま
NTTドコモは3月1日、新料金プラン「ahamo」を2700円(税抜)に値下げすると発表した。従来は2980円だった。KDDIやソフトバンクの新プランでは、無料通話をオプションとして2480円としているが、ahamoは5分以内の無料通話を含んでいる。(2021/3/1)

現在は表示:
ドコモとKDDI、解約ページなどが表示されない 総務省が指摘
総務省は26日、NTTドコモとKDDIが一時期、自社の携帯電話などの解約ページなどがウエブ検索しても表示されない設定になっていたと公表した。いずれも現在は検索すると表示されるようになっている。(2021/2/27)

ドコモとKDDI、回線解約ページを検索エンジンから隠ぺい 総務省の指摘受け修正
NTTドコモとKDDIが携帯電話の解約手続きを案内するWebページを検索できないようにしていた。総務省の指摘を受け、両社は検索できるようサイトを改修した。(2021/2/26)

d払いがスーパーで10%還元キャンペーン やまや、オークワ、東急ストア、サミットストアなど
NTTドコモは、3月1日から31日まで「とくトクd払い‐スーパー限定+10%還元キャンペーン‐」を開催。やまや、オークワ、東急ストア、サミットストア、PLANTなどで利用金額(税込み)の10%のdポイントを進呈する。(2021/2/26)

現在は解除済み:
ドコモとauが解約/MNP転出案内サイトに「検索除外」の措置 総務省が指摘
NTTドコモとau(KDDIと沖縄セルラー電話)が、解約やMNP転出に関する手続きを案内するWebサイトに対して、Web検索されないようにするための措置を講じていたことが判明した。総務省からの指摘に前後する形で、両社は共に措置を解除している。(2021/2/26)

石川温のスマホ業界新聞:
月額2980円、ahamoの次の一手はどうなる?――「電話しないユーザー」の期待にどう応えるのか
ソフトバンクがオンライン専用料金プランを「LINEMO(ラインモ)」として正式発表した。当初は織り込む予定だった5分以内の国内通話定額を外すことで500円引きを果たしたわけだが、ここで注目したいのがNTTドコモの「ahamo(アハモ)」がこの動きに追随するかどうかである。(2021/2/26)

YouTubeの認知率は96.2% 利用率1位は佐賀県――ドコモ「モバイル社会研究所」が調査
NTTドコモの社内研究所「モバイル社会研究所」が、スマートフォンやケータイの所有者のYouTube利用動向を調査した。サービスの認知率は96.2%、月に1回以上の利用率は64.0%で、都道府県別の利用率は1位は佐賀県となった。(2021/2/25)

d払い、ユニクロで20%還元キャンペーン 初回ユーザーは最大70%還元に
NTTドコモは、3月1日から31日まで「ユニクロ『d払い』20%還元キャンペーン」を開催。キャンペーンサイトからのエントリーは2月25日から受付を行い、キャンペーンとの併用で初回ユーザーは最大70%還元となる。(2021/2/25)

ユニクロでd払い、20%還元キャンペーン実施
NTTドコモは2月25日、ユニクロでのd払い決済に対して20%還元するキャンペーンを実施すると発表した。期間は3月1日から31日まで。(2021/2/25)

PR:快適で安心な新しい日常のパートナーに! 誰にでも使いやすい5Gスマホ「arrows NX9 F-52A」
「新しい日常」が広まりつつある今日この頃。NTTドコモの富士通コネクテッドテクノロジーズ製スマートフォン「arrows NX9 F-52A」は、そんな新しい日常を意識した機種です。その魅力を「arrows先生」が解説します。(2021/3/1)

Mobile Weekly Top10:
SoftBank on LINEは「LINEMO(ラインモ)」に/それでも注目されるのは「ahamo(アハモ)」?
ソフトバンクがLINEと提携して提供するオンライン専用ブランド(料金プラン)を「LINEMO(ラインモ)」としました。国内通話の準定額をオプション化することで、当初予定より500円(税別)引きで提供されることになったのですが、NTTドコモの「ahamo(アハモ)」は対抗するのでしょうか……?(2021/2/24)

「ドコモ光」が700万契約を突破
NTTドコモの提供する光ブロードバンドサービス「ドコモ光」が、2月19日に契約数700万を突破した。(2021/2/22)

d払いアプリから「ポイント投資」が可能に 最大1万ポイントが当たるキャンペーンも実施
ドコモのスマホ決済サービス「d払い」アプリで、2月22日から「ポイント投資」が可能に。500万ポイントの山分けと最大1万ポイントがあたる「ポイント投資Wキャンペーン」も実施する。(2021/2/22)

製造業IoT:
海外法人への5Gソリューション展開を目指し、13社がコンソーシアム「5GEC」設立
富士通、NEC、NTTコミュニケーションズ、NTTドコモ、AGCなど13社は、「海外法人5Gソリューションコンソーシアム(5GEC)」の設立に向け、基本合意した。各企業のネットワーク技術や販売網などを生かして、海外に拠点を持つ企業向けに、安定した5Gプライベート網やソリューションなどを提供する。(2021/2/22)

docomo Open House 2021:
汎用PCで5G基地局を構築 docomo Open House 2021で語られた、ローカル5Gの可能性
ドコモの最新技術とサービスに関する数多くの展示、講演がオンラインで配信された「docomo Open House 2021」で東京大学大学院 情報学環・学際情報学府の教授で、第5世代モバイル推進フォーラム(5GMF) ネットワーク委員会委員長なども務める中尾彰宏氏が「Beyond 5G/6Gに向けた研究開発」というタイトルで講演した。その内容についてご紹介しよう。(2021/2/22)

ドコモの「Galaxy S10/S10+」「Galaxy Note10+」がOSバージョンアップ Android 11に
NTTドコモが、2月15日から「Galaxy S10/S10+」「Galaxy Note10+」のOSバージョンアップサービスを開始した。Android 11では通知やプライバシーの強化をはじめ「スグアプ」への対応、ロックスクリーン画面でのウィジェット対応などを行う。(2021/2/15)

星野源、ドコモ新CMで橋本環奈&浜辺美波からいじられ「ものまねやめてー」 “カンナとミナミ”の制服姿も再び
カンナとミナミは相変わらず最高だぜ。(2021/2/15)

ドコモの丸山氏、5G時代におけるドコモの事業とその先の6Gについて語る
NTTドコモ 代表取締役副社長の丸山誠治氏が、オンラインで開催された「docomo Open House 2021」で「5G時代到来と持続的成長へのドコモの挑戦」と題して講演した。同社の事業概要を語るとともに、6Gの展開について示した。(2021/2/10)

Mobile Weekly Top10:
ahamo(アハモ)は利用年数引き継ぎ可、しかし……/Y!mobileの新プランは「おうち割」「家族割引」対象
NTTドコモが2020年度第3四半期決算説明会において、新料金プラン「ahamo(アハモ)」を3月26日から提供することを発表しました。既存のドコモユーザーのプラン変更でも継続利用期間を引き継げることは朗報ですが、それ以外のサービス面で不安を覚えている人もいるようで……。(2021/2/10)

d払い+dポイントカードの提示で20%還元キャンペーン 3月31日まで
NTTドコモは、2月16日から「いつでも二重ドリ d払い+20%還元キャンペーン」を開催。エントリーの上でdポイントカードを提示し、d払いを利用すると利用金額の20%をdポイント(期間・用途限定)で付与する。(2021/2/9)

「ドコモ口座」事件の教訓はこれからのキャッシュレス業界をどう変えるか
「ドコモ口座」にまつわる一連の事件が明らかにした、キャッシュレス業界、特に銀行側の課題とは。地銀再編をうたう菅義偉内閣の動きは銀行のモバイル改革を後押しするのか。キャッシュレス業界に詳しいライターの鈴木淳也氏が考察する。(2021/2/9)

イノベーションのレシピ:
屋内飛行向け“羽根のない”ドローン、マイクロブロアで静音性と安全性を実現
NTTドコモがオンラインで開催した展示会「docomo Open House 2021」で、同社が研究開発中の「羽根のないドローン」が出展された。風船型の機体でマイクロブロアによる空気噴出によって飛行する。通常のドローンと異なりプロペラや翼を持たないため、高い安全性と静音性を実現。主に、屋内飛行での運用を想定する。(2021/2/9)

ドコモ、請求書などの再発行を有料化 4月請求分から
NTTドコモが、これまで無料としていた携帯電話料金の請求書や口座振替案内などの書類再発行を有料化する。(2021/2/8)

ドコモの「arrows NX9」にソフトウェア更新 5Gエリアでの上り最高通信速度が向上 不具合も修正
NTTドコモの「arrows NX9 F-52A」のソフトウェア更新サービスが開まった。適用すると、Sub-6 5Gエリアにおける上り最大通信速度(理論値)が向上する他、カメラ回りなどの不具合が修正される。(2021/2/8)

ドコモが請求書などの再発行を一部を除き有料化 2021年4月請求分から
NTTドコモが、紙の請求書類の再発行を原則有料化することになった。2021年4月請求分から適用され、手数料は新規発行時と同額となる。(2021/2/8)

石野純也のMobile Eye:
ドコモ、KDDI、ソフトバンクの決算を振り返る 非通信分野が収益回復のカギに
ドコモ、KDDI、ソフトバンクの2020年度第3四半期決算が出そろった。コロナ禍で企業のデジタルシフトが進んだこともあり、非通信領域が各社とも好調だ。金融・決済関連のサービスも、順調に拡大している。ただし非通信分野の攻め方は3社3様だ。(2021/2/6)

「ahamo」は事前エントリーで100万突破 井伊社長は“ドコモの強み”を再認識
NTT持株とNTTドコモが合同で決算会見を開催。ドコモの第3四半期は減収増益となり、料金値下げによってさらに減収影響が出てきそうだが、井伊社長は非通信分野を強化する姿勢を改めて示した。新料金プラン「ahamo」は事前エントリーで100万を超える申し込みがあった。(2021/2/5)

ドコモ「ahamo」は3月26日提供 先行申し込み100万件超、「このペースは想定外」
NTTドコモが、スマートフォン向け新料金プラン「ahamo」を3月26日から提供すると発表した。先行申し込み件数は既に100万件を超え、井伊基之社長は「このペースは想定外」と驚きをあらわにした。(2021/2/5)

対応端末は3月1日発表:
ドコモの「ahamo(アハモ)」は3月26日スタート プラン変更でも利用期間を引き継ぎ
NTTドコモの新料金プラン「ahamo(アハモ)」の提供開始日が3月26日に決定した。既存ユーザーは契約期間を引き継いだままプラン変更が可能だ。対応端末は3月1日に発表される予定だ。(2021/2/5)

全国のドコモショップで「メルカリポスト」と公式資材の取り扱いを開始
NTTドコモは、全国のドコモショップに無人投函ボックス「メルカリポスト」を設置。発送の際に商品を梱包するための公式資材の取り扱いも順次行う。(2021/2/5)

ドコモ、店舗にメルカリの無人投函ボックス 携帯ショップで初
NTTドコモが、「メルカリ」で売れた商品を発送できる投函ボックスを、2月5日から全国のドコモショップに設置する。まずは都内など13店舗に設置。年内に約1000店舗まで拡大する。(2021/2/4)

メルカリポストを全国のドコモショップに設置 1000店舗設置目指す
メルカリは、売れた商品を発送できる無人投函ボックス「メルカリポスト」を全国のドコモショップに設置する。現在、首都圏の13店舗に設置しているが、これを順次拡大し、12月末までに1000店舗を目指す。(2021/2/4)

3キャリアの新料金プラン、ドコモの「ahamo」が一番人気 ALL CONNECTの調査より
ALL CONNECTは、主要3キャリアの新料金プランに関する意識調査を実施。1位はNTTドコモの「ahamo」で、auの「povo」、ソフトバンクの「SoftBank on LINE」と続く。(2021/2/4)

ドコモがオープンRANや5Gソリューションを海外展開 柔軟で拡張性の高いネットワークを
NTTドコモは、オープンRANの海外展開を目的とした「5GオープンRANエコシステム」の構築を発表。NVIDIA、Qualcomm、NEC、富士通などと協業する。海外拠点を持つ法人に5Gソリューションを提供することを目的とした「海外法人5Gソリューションコンソーシアム」も設立する。(2021/2/4)

55万人超えの申し込み:
ソフトバンク、KDDIとの頂上決戦  NTTドコモの新プラン「アハモ」担当者に狙いを聞いた
NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンク。携帯大手3社のスマートフォン利用料の値下げ案が出そろった。3月から新しい料金体系による販売競争が始まる。ドコモが2020年12月に若者をターゲットに打ち出した新料金プラン「ahamo(アハモ)」は、発表後1カ月で50万人以上が申し込むなど注目を集めている。「アハモ」のサービス設計者らにインタビューして狙いを探ってみた。(2021/2/4)

ドコモの「Xperia 1 II」「Xperia 5 II」がAndroid 11にバージョンアップ
NTTドコモが販売している「Xperia 1 II」と「Xperia 5 II」が、Android 11にバージョンアップする。同OSの新機能を利用できるようになる他、端末独自の新機能なども追加される。(2021/2/3)

ドコモ、49gの軽量スマートグラスを公開 Androidスマホと有線接続
NTTドコモが開発中のスマートグラス「軽量ディスプレイグラス」の試作機を公開した。(2021/2/3)

ドコモ、約49gの「軽量ディスプレイグラス」試作機を公開
NTTドコモは、開発中のグラス型ウエアラブルデバイス「軽量ディスプレイグラス」試作機を公開。USB Type-C端子を搭載し、デバイスに付属のケーブルを接続すればスマートフォンなどのコンテンツを大画面で楽しめる。(2021/2/3)

日本通信とドコモが「音声通話卸役務」の料金設定に合意 MVNOの音声通話サービスの充実につながるか
日本通信とNTTドコモとの「音声通話卸役務」の料金に関する交渉が、総務大臣裁定の期限から約1カ月遅れで合意に至った。値下げされた料金設定を生かした音声通話サービスの充実が期待される。(2021/2/2)

ドコモ、「dデリバリー」終了へ 「経営資源を集中する」
NTTドコモが、フードデリバリーサービス「dデリバリー」の提供を終了すると発表。「現在の事業環境を鑑み、経営資源を集中する」としている。(2021/2/1)

ドコモとコクヨ、5Gオフィスソリューションの実証実験 Xperia PROを使用
NTTドコモとコクヨは、ニューノーマル時代の新しい働き方を創出する5Gオフィスソリューションの実証実験を開始。離れた場所にいても隣にいるかのような感覚を実現し、メンバーの一体感を高めてチーム力の強化を目指す。(2021/2/1)

ドコモが出前/フード宅配サービス「dデリバリー」の提供を終了へ 注文受付は5月1日まで
NTTドコモが「dデリバリー」の提供を終了を終了する。5月1日2時をもって注文の受け付けを終了し、6月30日13時にサービス自体の提供を終了する。(2021/2/1)

ドコモが「AQUOS sense5G」の発売日が決定 オンライン限定カラーは2月5日に先行登場 直販価格は3万9600円(税込み)
NTTドコモが「AQUOS sense5G」を順次発売する。オンラインショップ限定カラーは2月5日に先行発売され、その他のカラーは2月12日に発売される。【訂正/更新】(2021/2/1)

経営資源を集中:
ドコモ、出前サービスから撤退 「dデリバリー」6月終了
NTTドコモが、出前・フード宅配サービス「dデリバリー」を終了。5月1日午前2時で注文を締め切り、6月30日午後1時に全機能の提供を終える。(2021/2/1)

ソフトバンクが「AQUOS sense5G」を2月10日に発売 直営店価格は4万3200円(税込み)
ドコモやau(KDDIと沖縄セルラー電話)に続いて、ソフトバンクも「AQUOS sense5G」を発売することになった。SoftBank 5Gに対応するスマートフォンとしては、2月1日現在において最安値となる見込みだ。(2021/2/1)

「ドコモ口座」と銀行口座の連携、2月に再開へ 本人確認を強化
NTTドコモは1月29日、決済サービス「ドコモ口座」で2020年9月に受け付けを停止していた銀行口座のひも付けや、銀行口座からのチャージの手続きを2月3日に順次再開すると発表した。(2021/1/29)

ドコモ口座、2月3日から銀行口座からのチャージを順次再開
NTTドコモは、2月3日から銀行口座の新規登録と銀行口座からのチャージを順次再開。「オンライン本人確認システム(eKYC)」「dアカウントの連絡先携帯電話番号登録」などを導入し、安全にサービスを利用できる準備が整ったため。(2021/1/29)

LINEモバイルの新規受付が3月31日で終了 サービスは継続
LINEモバイルが、MVNOサービス「LINEモバイル」のオンラインでの新規申し込みを2021年3月31日11時に終了する。店舗では3月1日から順次終了する。サービスは継続するが、ドコモ回線とau回線への変更はできなくなる。(2021/1/29)

MVNOに聞く:
ahamo対抗プランをいち早く打ち出した日本通信 なぜここまでの値下げが可能なのか?
NTTドコモがahamoを発表した翌日に、対抗策の「合理的20GBプラン」を打ち出した日本通信。現時点でのデータ容量は16GBだが、ahamoの導入に合わせて20GBに増量する予定だ。大手3キャリアが大幅な値下げに踏み切る中、日本通信がいち早く対抗策を打ち出せたのはなぜか。(2021/1/29)

ドコモとJR東日本、時速360kmの新幹線試験電車「ALFA-X」で5G通信に成功
NTTドコモとJR東日本は、新幹線試験電車「ALFA-X」での5G通信実験に時速360kmで成功。また、地上とALFA-X車内の双方向で4K/8K映像を安定的に伝送する実証実験にも成功した。(2021/1/28)

ミリ波帯の電波を建物内に誘導:
ドコモら、28GHz帯向けメタサーフェスレンズを開発
NTTドコモとAGCは、メタサーフェス技術を用いミリ波帯(28GHz帯)の電波を屋外から屋内に効率よく誘導する「メタサーフェスレンズ」のプロトタイプを開発、受信電力を向上させる実証実験にも成功した。(2021/1/28)

ドコモがdポイント/d払い加盟店向け「スーパー販促プログラム」を1月28日から提供
NTTドコモが導入を表明していたdポイント/d払い加盟店向けの販売促進支援プラットフォームの稼働開始日が1月28日に「決まった。同プラットフォームを通したユーザーへのクーポン配信は2月1日から始まる予定だ。(2021/1/27)

ファミリーマートやローソンで利用可能 ドコモが「d払い」ユーザーに毎週クーポンをプレゼント 2月中
NTTドコモが、2月に毎週「d払い」の割引クーポンをプレゼントするキャンペーンを実施する。ファミリーマート、ローソン、エディオン、マツモトキヨシなどで利用できる。(2021/1/27)

ソフトバンク、“オンライン専用”スマホ新プラン先行申込スタート 月20GB・2980円
ソフトバンクが、NTTドコモの「ahamo」やKDDIの「povo」に対抗するスマートフォン向け新料金プランの先行申し込み受付を始めた。(2021/1/27)

ドコモ、宅配事業者の不在通知や銀行を装ったSMSへ注意喚起
NTTドコモは、宅配事業者の不在通知や銀行などを装ったSMSへ注意喚起。記載されたURLのリンク先で不審なアプリのインストールを促すケースや、個人情報の入力を促されるケースなどが確認されている。(2021/1/26)

宅配業者かたる詐欺SMS出回る 「dアカウント」の偽ログイン画面に誘導 ドコモが注意喚起
宅配業者や銀行をかたる不審なSMSを確認したとして、NTTドコモが注意を呼び掛けた。「dアカウント」のログインページに似た偽サイトに遷移し、個人情報の入力を求められるという。(2021/1/25)

総務大臣がMNOの「特定関係法人」の追加を諮問 J:COM地域子会社などが追加予定 KDDIには「行政指導」も
総務大臣(総務省)が、電気通信事業法第27条の3に基づく「特定関係法人」として、NTTドコモの関連会社1社とKDDIの関連会社12社を追加する告示案を情報通信行政・郵政行政審議会に諮問した。本件に関連して、総務省はKDDIに対して特定関係法人に該当すべき12社を届け出なかったことに対する行政指導を行った。(2021/1/22)

石川温のスマホ業界新聞:
KDDIが「トッピング」を売りにする月額2480円「povo」を発表――NTTドコモ、ソフトバンクのさらなる「後出しじゃんけん」はあるか
KDDIと沖縄セルラー電話が、auブランドから派生する新料金ブランド「povo(ポヴォ)」を発表した。5分通話定額を省くことで他社の同等プランよりも500円安くできたことが特徴だが、NTTドコモやソフトバンクがこの特徴に追随してくるかどうかが注目である。(2021/1/22)

5G以降の利用シーンを拡大:
つまむだけで通信エリアを構築できるアンテナ開発
NTTドコモは、ケーブル(伝送線路)をつまむだけで通信エリアを構築できるアンテナを開発、60GHz帯域での実証に成功した。(2021/1/22)

携帯3社、料金の支払い期限を延長 コロナ禍で支払いが困難な人向けに
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクが、新型コロナウイルス感染症の影響で携帯電話料金の支払いが困難な個人、法人ユーザーを対象に、支払期限を延長すると発表した。(2021/1/21)

「不審な行動しそうな人」を振動パターンから検知 富士通のシステム、ドコモの5Gソリューションに
富士通は、監視カメラに映った人の映像を解析し、不審な行動をしそうな人物を事前に検知する技術「不審者検知ソリューション」を、NTTドコモに提供したと発表した。(2021/1/21)

ここまで進んだ最新治療 移動型治療室「モバイルSCOT」、5Gで高度な遠隔手術が可能に
東京女子医科大学とNTTドコモが共同で進めているのが、遠隔手術支援システムと移動型スマート治療室「モバイルSCOT」の実用化だ。手術の4K映像を5Gで伝送し、手術に精通する医師がその場にいなくても、適切な手術支援が行うことができる。(2021/1/21)

ドコモ、犯罪を未然に防ぐ「不審者検知ソリューション」提供 5Gも活用
NTTドコモは、1月20日に富士通の「不審者検知ソリューション」を5Gパートナーソリューションとして提供開始。人の行動や特有の動作などを監視カメラの映像から分析・数値化し、不審行動を検知して重大事故や犯罪を未然に防ぐ。(2021/1/20)

ドコモ、家族型ロボット「LOVOT」開発のGROOVE Xと資本・業務提携
NTTドコモは、家族型ロボット「LOVOT(らぼっと)」を開発・販売するGROOVE Xと資本・業務提携契約を締結。コミュニケーションサービスの創出や、ヘルスケア・メディカルケア分野での協業などを目的としている。(2021/1/20)

3キャリアの20GBプラン「ahamo」「SoftBank on LINE」「povo」を比較 違いは?
ドコモ、ソフトバンク、auのオンライン専用20GBプランをまとめる。月額料金はahamoとSoftBank on LINEが2980円で同額、povoは2480円で500円安いが、これは5分かけ放題がオプション扱いのため。キャリアメールには3プランとも対応しておらず、メインブランドから乗り換える際のハードルになりそうだ。(2021/1/20)

d払い、マツモトキヨシで20%還元キャンペーン 初回ユーザーなら最大70%還元に
NTTドコモは、マツモトキヨシでdポイントカードを提示して「d払い(コード決済)」を利用すると通常のポイントに加えてdポイントを20%還元するキャンペーンを開催。期間は1月20日から2月15日まで。(2021/1/19)

ドコモ井伊社長インタビュー(後編):屋内5Gサービスにも意欲、MVNOとの提携ではdポイントが重要に
NTTドコモ井伊基之社長のグループインタビュー後編では、データ通信容量無制限を正式に導入する「5Gギガホ プレミア」や、5Gを使ったサービス、さらに、低容量プランへの見通しなどを明かしている。低容量プランではMVNOと連携していく。“docomo Air”のような屋内向け5G通信サービスにも意欲を見せた。(2021/1/18)

ドコモの「AQUOS zero2 SH-01M」がOSバージョンアップ Android 11に
NTTドコモは1月18日から、「AQUOS zero2 SH-01M」に対するOSバージョンアップの提供を開始した。Android 11における新機能が追加される他、ドコモ独自の「スグアプ」機能にも新規対応する。(2021/1/18)

介護現場で映像解析AIを活用:
介護支援だけではなく、職員のメンタルチェックにもAIを活用 NTTドコモら4社が実証実験開始
メディクルードとEDGEMATRIX、NTTドコモ、パナソニックi-PROセンシングソリューションズは、「映像エッジAI」を活用した介護AIソリューションの検証環境を構築する。実際の介護現場への導入を想定した実証実験も開始する。(2021/1/18)

石野純也のMobile Eye:
シンプルなKDDI新料金プラン povoの“トッピング”は減収影響をカバーできる可能性も
ドコモの「ahamo」やソフトバンクの「SoftBank on LINE」に対抗する、KDDIの新料金プランが発表された。「povo」が他社より500円安いのは、5分間の音声通話定額を「トッピング」と呼ばれるオプションにしたため。ファストフード感覚で、サービスを自由に追加できる点を差別化のポイントにした格好だ。(2021/1/16)

ドコモ井伊社長インタビュー(前編):「ahamo」が他社への流出抑止に、ドコモショップは当面維持する
持株会社による完全子会社化の直後から、NTTドコモは矢継ぎ早に新料金プランを繰り出している。大きな話題を集めたのは、オンライン専用の料金プラン「ahamo」だ。ドコモの変革を掲げる井伊基之社長に、新料金の狙いや今後の見通しを聞いた。(2021/1/15)

石川温のスマホ業界新聞:
NTTドコモ・井伊基之社長の年頭挨拶にツッコミ――2021年は「新しいドコモへの挑戦の年」
携帯電話事業者の社長は例年、元旦(1月1日)付で「年頭所感」を発表する。そこには、各社長が持つ1年間の「ビジョン」が盛り込まれている。2020年12月にNTTドコモの社長となったばかりの井伊基之社長の所感を見て、その中身を分析してみよう。(2021/1/15)

ドコモのahamo、割引条件明らかに
NTTドコモは3月から提供する新料金プラン「ahamo」の割引条件について詳細を明らかにした。公開したのは、「ファミリー割引」「みんなドコモ割」「ドコモ光セット割」の3つの割引について。(2021/1/15)

ドコモが「ahamo」の提供条件を案内 発表時からの変更点は?
NTTドコモが1月14日、新料金プラン「ahamo」の提供条件をあらためて案内した。一部、2020年12月の発表時点から変更された。ファミリー割引に申し込み可能となり、ahamo回線に割引特典は適用されないが、家族回線にはカウントされる。(2021/1/14)

ドコモ、ファミリー割引で方針転換 ahamo契約者も“家族の一員” 割引率を下げず
NTTドコモが「ファミリー割引」の方針を見直すと明らかにした。新プラン「ahamo」の契約者も“家族”としてカウントする。(2021/1/14)

3Dアバターで会議に参加 ドコモが「XRテレプレゼンスミーティング」の実証実験
NTTドコモは、1月末に「XRテレプレゼンスミーティング」の実証実験を開始。スマホで撮影した1枚の顔写真から3Dのアバターを生成し、VR/MRデバイスを使って仮想のミーティングルーム上で会議を行える。(2021/1/14)

ahamo契約者も「みんなドコモ割」のカウント対象に 井伊社長「サブブランドではできない」
ドコモの「ahamo」契約者も、家族の回線数に応じて割り引く「みんなドコモ割」のカウント対象になることが分かった。井伊基之社長がグループインタビューで明かした。ahamoの契約者がファミリー割引の対象外になるの以前の案内通り。(2021/1/14)

500円安いだけではない? KDDIの新プラン「povo(ポヴォ)」発表
KDDIと沖縄セルラーは1月13日、オンライン専用の新料金プラン「povo(ポヴォ)」を3月から提供すると発表した。月間データ容量は20Gバイトで、2480円(税別)。ドコモの「ahamo」やソフトバンクの「SoftBank on LINE」といった低価格プランと似たプランだが、他社よりも500円安い。(2021/1/13)

auの新料金プラン、1月13日に発表へ
KDDIが1月13日に「au新料金発表会」を開催する。政府の要請を受けて、ドコモとソフトバンクは月額2980円の20GBプランを発表。残るKDDIの発表が待たれる状況だった。(2021/1/12)

ドコモ、マクドナルドのカフェラテ購入で20%分のdポイントを還元
NTTドコモは、マクドナルドのカフェラテのリニューアルを記念した還元キャンペーンを開催。カフェラテS(ホット・アイス)を購入したユーザーへ、20%分のdポイント(1杯ごとに30ポイント)を還元する。期間は1月13日〜2月9日。(2021/1/12)

石野純也のMobile Eye:
2021年のモバイル業界を占う 「携帯料金値下げ」と「5Gの拡充」はどこまで進む?
料金値下げや5Gのスタートに沸いた2020年だが、どちらも道のりは半ばだ。ドコモのahamoや、ソフトバンクのSoftBank on LINEがスタートするのは3月で、大容量プランの値下げもまだ発表されただけの段階。一方で、5Gのエリアも、まだ十分とはいえない。エリアの広がりとともに、端末のバリエーションも今以上に広げる必要がある。(2021/1/9)

コカ・コーラの「Coke ON Pay」でd払い30%還元キャンペーン
NTTドコモは、コカ・コーラの「Coke ON Pay」対応自販機での購入に「d払い」を利用すると支払い総額の30%を還元するキャンペーンを開催する。期間は1月12日〜2月28日。(2021/1/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。