ニュース
» 2013年04月22日 16時08分 UPDATE

2013年の国内IT市場規模は前年比横ばい、H/W市場がマイナス成長に――IDC予想

2013年の国内IT市場規模は前年比0.1%減の13兆8771億円、国内ハードウェア市場は3.1%減の6兆3442億円になるとの予測をIDCが発表した。

[ITmedia]

 IDC Japanは4月22日、2013年〜2017年の国内製品別IT市場予測を発表した。この市場予測は、2012年第4四半期(10〜12月)の実績、および最新の景気動向などに基づいたもの。予測によると、2013年の国内IT市場規模は13兆8771億円で、前年比0.1%減となった。

 国内IT市場を構成する市場のうち、ハードウェア市場の2013年の市場規模は前年比3.1%減の6兆3442億円、ITサービス市場は同1.9%増の5兆309億円、パッケージソフトウェア市場は同3.7%増の2兆5020億円と予想している。これらに国内通信サービス市場を加えた国内ICT市場の2013年の市場規模の予想は、同0.7%増の25兆3719億円となった。

 また、国内IT市場の2012〜2017年の年間平均成長率は0.1%増、国内ICT市場は同0.4%減と予測している。2017年の国内IT市場規模は13兆9525億円、国内ICT市場規模は24兆6783億円に達する見込みだ。

 2013年以降は、IDCが提唱する「第3のプラットフォーム市場(クラウド、モビリティ、ビッグデータ、ソーシャル技術で構成される)」の成長、特にクラウド化の進展が、IT市場、ICT市場の構造変化をリードしていくとみる。IDC JapanのITスペンディング/ソフトウェア&セキュリティ グループディレクターの和田英穂氏は「日本のクラウド化の進展は世界に比べて遅れており、それが日本の労働生産性低迷の一因となっている。ITベンダーはクラウド利用を促進すべく警鐘を鳴らすべきである」と分析している。

idc0422.jpg 国内製品別IT市場実績と予測:2012年〜2017年(出典:IDC Japan)

関連キーワード

IDC | 2013年 | 市場規模


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ