レビュー
» 2013年05月02日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:ANA国内線予約システムの刷新・稼働の裏舞台に見る性能監視ツール

システムの個別最適化と、それに伴うシステム障害の発生。「安全は経営の基盤であり社会への責務」を企業理念とするANAは、抜本的な解決策としてITシステムの刷新を決断。同時に、システムの安定動作を目的に性能監視ツールを導入した。

[TechTargetジャパン運営事務局,PR/ITmedia]

 大手航空会社の全日本空輸(以下、ANA)は、オープンシステム化の結果、個別最適化されたシステムの林立と保守性の低下を招き、欠航や運行遅延につながるシステム障害を経験した。「安全は経営の基盤であり社会への責務である」を企業理念とする同社は、ITシステムの構築を決断した。

 最初に着手したのが、国内線予約システムの刷新。1秒につき500件のトランザクションが要求されるシステムであり、パフォーマンスを厳しく監視する必要がある。そこで同社はCA Introscopeを導入。同製品を活用して、新システムの開発と安定運用を実現した。

 本ホワイトペーパーでは、ANAの国内線予約システム刷新の裏舞台と、CA Introscopeの選定理由、活用方法を詳しく紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -