ニュース
» 2013年05月08日 19時33分 UPDATE

国内サーバ市場規模は減少 x86サーバは4年連続のプラス

IDC Japanによれば、2013年の国内サーバ市場規模は前年比5.6%減の4205億円で、2012年〜2017年は年間平均成長率マイナス3.3%で縮小していく見込みである。

[ITmedia]

 IDC Japanは5月8日、2013年〜2017年の国内サーバ市場予測を発表した。それによると、2013年の国内サーバ市場規模は4205億円で、2012年から5.6%縮小する見込みである。

 メインフレーム市場については、大型案件が集中した2012年の反動から2けたのマイナス成長となる。その一方、x86サーバ市場は2010年から4年連続のプラス成長になると予測している。x86サーバ市場はクラウドおよびモバイルデバイスの普及により、インターネットビジネスとITサービス向けの出荷が堅調に推移するとみているからだ。

 2012年〜2017年の国内サーバ市場については、年間平均成長率がマイナス3.3%で縮小すると予測している。その結果、2017年の市場規模は3761億円となり、今後、国内サーバ市場に占めるx86サーバの出荷額構成比がさらに上昇して、x86サーバ主体の市場構造に変化すると予測している。

 IDC Japanのサーバ・リサーチ・マネージャーの都築裕之氏は、「2012年の国内サーバ市場は各製品分野の市場特性がよく表れた。メインフレームは大型案件がある期間に集中する傾向がみられた。またx86サーバ市場では、インターネットビジネスの拡大とクラウドの普及を背景に、ITサービスと通信業が市場をけん引した。国内サーバ市場は、各製品分野の持つ市場特性と、市場を取り巻く環境変化およびユーザー動向により、大きな影響を受けている」と解説する。

 2011年の東日本大震災を契機に、「企業のコスト削減とBCPへの関心が高まりをみせており、クラウド利用を含め、より低コストかつ安全で、柔軟性および即応性のあるITシステムへの期待が大きくなっている」とユーザー企業動向を分析している。

idc0508.jpg 国内サーバ市場予測:2008年〜2017年(出典:IDC Japan)

関連キーワード

サーバ市場 | IDC | x86


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -