ニュース
» 2013年05月14日 14時38分 UPDATE

国内ビジネスサービス市場は3年連続のプラス成長――IDC予想

IDC Japanが発表した国内ビジネスサービス市場予測によると、2013年の同市場は前年比4.7%増の8975億円になり、2016年に1兆円を超えると見込まれている。

[ITmedia]

 IDC Japanは5月14日、ビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)およびビジネスコンサルティングから構成される「国内ビジネスサービス市場」予測を発表した。それによると、2013年の同市場規模は前年比4.7%増の8975億円になり、3年連続のプラス成長になる見込みだ。

 国内BPOサービス市場は、人事、カスタマーケア(コールセンター)、財務/経理、調達/購買の4分野で構成される。その市場支出額は2013年に6120億円と、前年比4.4%の成長となる見込み。2012〜2017年は年間平均成長率3.9%で拡大し、2017年には7086億円になるとIDCは予測する。

 人事業務では中堅企業や自治体/公共団体といった新たな顧客の拡大が、カスタマーケア業務ではコールセンターにおける顧客情報の分析などの委託の拡大が見込まれるという。また、財務/経理業務では事例の増加とともに、これまでBPOを利用していなかった企業の関心が高まってきていること、調達/購買業務では企業の調達コスト削減の要請を背景として、4分野全てで市場が成長していくとみられる。ただし、コールセンターにおける単純な問い合わせ対応、経理業務における記帳代行型のサービスなどの一部の従来型BPOサービスは、既に利用率が高く成熟化しつつあるなど、市場成長率は業務分野により異なる。

 国内ビジネスコンサルティング市場は、経営/事業戦略の策定支援や業務オペレーションの改善支援、人事/組織変革支援などを含む。2013年の支出額は前年比5.4%増の2856億円と、5%を超えるプラス成長になると予測。国内企業のグローバル展開に関わる支援、経営統合や事業の再編に伴う支援、リスク管理の強化、政府/公共分野の顧客の増加などが今後の成長を支えるとみられる。一方で、コンサルティングファームやITサービスベンダーなど、事業者間での競争激化はサービス価格の低下をもたらしているという。

 両者を合わせた国内ビジネスサービス市場は、リーマンショック後の成長率低下からの回復傾向が鮮明となっており、支出額規模は2012〜2017年の年間平均成長率4.2%で拡大し、2016年に1兆円を超え、2017年には1兆516億円になるとIDCでは予測している。

idc0514.jpg 国内ビジネスサービス市場 支出額予測:2012年〜2017年、2012年は実績値、2013年以降は予測(出典:IDC Japan)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -