ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

  • 関連の記事

「BPO」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Business Process Outsourcing

紙が残る過渡期:
PR:業務負担が軽減されるはずが、かえって“煩雑”に? 帳票の電子化が注目される今こそ考えたい、請求書業務のデジタル活用
(2024/2/28)

スマートファクトリー:
アクセンチュアがMujinとの“結婚”で目指すもの、デジタルツイン実現へ関係深化
アクセンチュアとMujinは新たな合弁会社Accenture Alpha Automationに関する記者会見を開いた。(2024/2/16)

7割が女性:
社員16人→200人超に “知名度ゼロ”で新潟に進出したネット広告会社「5年間の成果」
ネット広告事業を手掛けるデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)が新潟市に進出してから5年。新潟オフィスの現在の社員数は200人を超え、うち約7割が女性である。進出の成果を読み解いた。(2024/2/14)

新潟市へ「オフィス移転する企業」が倍々で増えている理由
今までにはない施策を打ち出したことで、近年、新潟市へオフィス移転する企業が倍々で増加中である。成果が生まれている要因を探った。(2024/2/9)

株式会社NTTネクシア提供ホワイトペーパー:
PR:CX向上も業務効率化も実現、次世代コールセンターに進化する方法とは?
近年のコールセンターは、顧客体験の向上や、従業員の業務負担削減といった、新たな役割を担うことが求められている。そこで注目されるのが、多様な製品を組み合わせ、ヒトとデジタルのハイブリッド運用を実現するソリューションだ。(2024/2/2)

導入事例:
デジタルツール活用で橋梁補修工事を効率化、作業時間を1時間以上短縮
建設に特化した人材派遣業のワールドコーポレーションは、デジタルツールの活用支援を通じた建設現場の生産性向上に取り組んでいる。今回、構造物のメンテナンスを手掛けるショーボンド建設とともに、施工管理システムによる橋梁補修工事現場の作業効率化に取り組み、1工種に対して作業員1人分と作業時間約1時間を削減した。(2024/2/1)

株式会社NTTネクシア提供ホワイトペーパー:
PR:コールセンターのBPOがもたらすメリットとは? バックヤード業務を効率化する
労働力不足が顕著になっている昨今、BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)へのニーズが高まっている。中でもコールセンターのBPOが注目されているが、そのメリットにはどのようなものがあるのだろうか。本資料で解説する。(2024/2/1)

PR:首都圏からUIJターン、ITコンサルに転職 仕事と生活はどう変わる? アクセンチュアの札幌拠点で働く人に聞いてみた
(2024/1/26)

生成AI活用の負担を軽減:
生成AI用プロンプトの作成を代行、業務に即した指示文をセミオーダーで
生成AI用のプロンプトテンプレートを顧客企業の業務に即した内容で作成代行する。(2024/1/12)

その作業ムダムダ:
魔法の杖はありません。誤解だらけの「DX」
「DX」の言葉が市民権を得てどれくらい経ったのでしょうか。会社に導入されると、業務が効率化されるといったイメージがありますが、実態は……。(2024/1/9)

その作業ムダムダ:
再発防止にトリプルチェック! 無意味なチェック地獄にどうすればよいのか
完全になくならないミス。それに対して、ダブルチェック、トリプルチェック……といった話はよく聞きますが、それでいいの?(2024/1/8)

その作業ムダムダ:
“きまぐれ上司”への対処法 思い付きで説明してはいけない。ポイントは5つ
前提条件や経緯を全く理解していないのに、思い付きで質問や指示をしてくる上司や偉い人がいます。どのように対応すればよいでしょうか。(2024/1/7)

その作業ムダムダ:
属人化のワナにご用心 その人しか分からない特別な業務
その仕事を理解できているのは一人だけになってしませんか。「私にしかわからない特別な業務」とは「属人化の甘い罠」にととらわれているにすぎません。(2024/1/6)

その作業ムダムダ:
エラい人からオンライン会議退出 なんでもルール化はしんどい
日々仕事をしていると職場の中にたくさんのルールが存在することに気付きます。しかし、ルールがあることで弊害も……。(2023/12/31)

その作業ムダムダ:
会議の資料をわざわざ出力 「紙への郷愁」そろそろやめませんか
とにかく「紙」であることを重要視する職場があります。「わざわざ出力」は私たちを苦しくさせるムダ作業だと言わざるを得ません。(2023/12/30)

その作業ムダムダ:
「猛烈に働くこと。それが健全な働き方」 それって“とりあえずやる教”かも
「猛烈に動くこと! 動きまわり続けること!」――。それこそが成果を出す健全な仕事の進め方だと疑わない人がいますが、本当にそうなの?(2023/12/29)

その作業ムダムダ:
その一手間、意味あるの? やりすぎ「セキュリティ問題」
やり方次第では一度で済むはずなのに、さらに手間をかけさせてくる仕事があります。例えば、仕事のモチベーションを下げる「やりすぎセキュリティ」作業は……。(2023/12/28)

マーケ×ITニュースダイジェスト:
大日本印刷、生成AIの回答精度を向上させる独自のデータ整形技術を開発
生成AIに整形したデータを活用することで誤回答を約90%削減。(2023/12/22)

IT資産管理ツールとBPOの活用によりDX推進に注力
IT資産のライフサイクル管理とセキュリティ対策を効率的に徹底する方法とは
企業を取り巻く環境は日々変化し、PCなどのIT資産のライフサイクル管理業務やセキュリティ対策業務が煩雑化かつ増加している。管理業務の工数を削減し、DX推進といったコア業務にリソースを集中するためには何が必要なのか。(2023/12/15)

SCSK株式会社提供Webキャスト
オン/オフラインの垣根を越えた価値を創造、オンワードが描くデジタル戦略とは
顧客接点の多様化が進む中、企業が期待以上の顧客体験や価値を提供するには、どうすればよいのか。OMO(Online Merges with Offline)の観点から取り組みを進め、新たな価値を創造したオンワードグループの事例を紹介する。(2023/12/12)

体系的な知識が「自信」と「キャリアアップ」につながる:
PR:非エンジニアがAWS認定資格を取るべき「2つのワケ」は?
「AWS認定資格はエンジニアのためのもの」という認識は古くなりつつある。「DX」と「SX」によりワールドワイドで社会課題を解決するリーディングカンパニーであるTOPPANホールディングスでは全社的に同資格の取得を推進している。AWS認定資格取得で得られる「全社的なIT知識の底上げ」が個々の従業員のキャリアアップと事業にもたらすメリットとは。(2023/12/25)

BPOで経理部門の働き方改革:
PR:「経理部門の属人化排除と業務改善を同時に実現」 BPOは何ができるのか
「経理部門の属人化している業務をなくしたい」「月の変わり目の繁忙期を改善し、働き方を改革したい」という目標を実現するなら、BPOに挑戦するといいかもしれない。(2023/11/29)

ベネッセの生成AI元年【前編】:
ベネッセの次世代コンタクトセンター計画、人とAIが完全共生するには?
ベネッセコーポレーションのコンタクトセンターにおける生成AI活用を活用した業務効率化の取り組みについて紹介する。(2023/10/30)

コンタクトセンターソリューションから「Experience as a Service」へ:
生成AIは顧客サービスをどう変えるのか? Genesysの事業戦略
Genesys Cloud Servicesが戦略説明会を開催。AIを活用した顧客体験やSalesforceとの連携強化、日本における投資の進捗などについて、幹部が語った。(2023/10/12)

山善、人財マネジメントでSAP SuccessFactorsの導入を決めた3つのポイント
山善は2023年2月からSAP SuccessFactorsを人財マネジメントシステムとして本稼働している。導入の決め手とは。(2023/10/3)

法人事業におけるKDDIの強みとは? デジタル化だけでなく“データ活用”にも注力
KDDIが9月5日、法人事業についての戦略を説明した。同社は(1)非デジタルのデジタル化→(2)IoTデータの活用→(3)企業間のデータ融合という3ステップでDXを推進させていく。マイクロソフトの「Azure OpenAI Service」をはじめとした生成AIも提供していく。(2023/9/5)

Weekly Memo:
富士通、NTTデータ、NECの取り組みから探る「ITサービスベンダーはなぜコンサルティングに注力するのか」
ITサービスベンダー大手がコンサルティングに注力するのはなぜか、その「現在地」は――。富士通、NTTデータ、NECの取り組みから探る。(2023/7/18)

現場管理:
スパイダープラス、詳細図自動切り出し技術の基本特許取得
スパイダープラスは、「詳細図自動切り出しAI」の基本特許を取得した。同技術は、建物構造図の詳細図から特定の領域を切り出す作業を自動化するものとなっている。(2023/7/14)

国内ITサービス市場のITベンダートップ5は? IDCが発表
IDCによると、2022年の国内ITサービス市場は前年比3.3%のプラス成長で、市場規模は6.7兆円を超えた。市場シェアのトップ5社は?(2023/7/12)

「この契約書、稟議に回しておいて」 法人カードのUPSIDER、対話形式で契約締結や稟議、支払いが可能な「AI Coworker」
AI Coworkerは、会話形式で契約書の締結、稟議承認、支払いなどが行えるサービス。AIとはSlackを通じてやりとりし、AIが契約や稟議、支払いを取り扱うSaaSにアクセスして処理を行う。freee会計、クラウドサイン、DocuSign、Google Workspace、Salesforce、kintoneをはじめとする、成長企業での使用例が多い業務システムへの対応を予定している。(2023/6/7)

トランスコスモス、人的資本情報を可視化するサービスを提供
トランスコスモスは、人的資本情報を可視化する「HCMアナリティクスプラットフォーム」サービスの提供を開始した。有価証券報告書上での人的資本情報開示に対し、情報の収集から加工までワンストップで対応、事業基盤を支援する。(2023/6/2)

両社の強み生かす:
NTT西・日本MSが協業 生成AI活用し、自治体DXに「4つの解決策」を提案
NTT西日本は日本マイクロソフトと協業を開始する。「デジタル社会の実現に向けた構造改革」および「デジタル田園都市国家構想の実現」を目指すため。今回の協業による事業収入の目標として、5年累計で500億円以上を目指す。(2023/5/24)

「総務」から会社を変える:
「DX=デジタル化」と考える総務が知らない、変革の「4つのパターン」
DXで大事なのは「デジタル化」ではない。DXの本質とは? 総務ができる「4つの変革」とは何か? 『月刊総務』の豊田健一氏が解説する。(2023/5/22)

「総務」から会社を変える:
良かれと思った「最適化」が呪縛に──総務が陥るワナ、どう回避する?
総務の仕事は改善がつきもの。しかし、良かれと思った「最適化」が呪縛になってしまうことも……。こうしたワナに陥らないために、総務が意識すべきポイントは何か。不安定な時代における戦略総務のあるべき姿を『月刊総務』の豊田健一氏が解説する。(2023/4/10)

道端で女性を助けたら、1カ月後に同じ場所で…… 少女漫画のような恩返しに「恋が芽生えるやつ」「運命感じますね」と2万超のいいね
すてきな出会いだ。(2023/3/20)

自治体向けソリューション、2026年度に「大幅減少」の理由は? 矢野経済研究所が市場調査
自治体向けソリューション市場は今後大きく伸びるものの、2026年度にいったん大きく減少すると矢野経済研究所は予測する。デジタル庁の号令で全国規模で自治体のデジタル化が進む中、なぜ市場が縮小すると同社はみるのだろうか。(2023/2/7)

現場管理:
入退場報告や資格情報を一元化したWeb3.0の「GOヘイ!」、ポイント獲得で技能労働者のモチベーションアップに
飛島建設、ネクストフィールド、UPBONDは、建設技能労働者の作業日報や入退場報告、資格情報などの入力をWeb3.0の技術を用いて一元化し、情報入力後にはECサイトで使えるポイントを付与する「GOヘイ!」のサービスを開発した。(2023/2/2)

ビジネスモデルを分析:
「DXバブル」「エリート学生に人気」で急拡大 コンサル業界に立ちふさがる“由々しき問題”とは
コンサル業界がDXバブルで規模を拡大している。今後、さらなる成長をするには何が必要なのか。筆者は一方で見落としてはいけない“由々しき問題”があると指摘する。(2023/1/31)

BPO業界の構造改革:
「りらいあ」「KDDIエボルバ」の経営統合目指す三井物産 その狙いと背景は?
コンタクトセンター業務を手掛けるりらいあコミュニケーションズ。KDDI子会社のKDDIエボルバ。両社の経営統合を目指す三井物産の狙いは?(2023/1/26)

PR:令和5年度税制改正大綱で変わる、電帳法とインボイス 費用対効果が高い対応方法とは
(2023/1/20)

請求書の発行も受領も0円から SBI系の「請求QUICK」がインボイス対応新機能
SBIビジネス・ソリューションズは1月12日、請求書発行SaaS「請求QUICK」に請求書受領サービスを組み込むと発表した。発行、受領ともに初期費用無料、0円から利用できる点が特徴。10月から始まるインボイス制度だけでなく、2024年1月からスタートする電子帳簿保存法にも対応する。(2023/1/12)

IT人材ゼロから始める中小企業のDXマニュアル(2):
中小企業だからこそ、1人のちからでDXを始められる
DXをどのように進めたらよいか分からず、焦りを覚えている中小企業のDX担当者や経営者のモヤモヤを吹き飛ばし、DX推進の一歩目を踏み出すことを後押しする本連載。第2回は、1人で中小企業のDXに取り組んだ事例を紹介し、成功の秘訣(ひけつ)は何かを分析、解説する。(2022/12/22)

NXグループ、子会社100社以上の経理業務プロセスを標準化
NXグループは子会社100社以上の経理業務プロセスの標準化、効率化のために「Celonis Execution Management System」を導入した。今後はグループの主要事業会社である日本通運でも活用する予定だ。(2022/12/9)

製造業DX:
PR:国内製造業のデジタル化の起爆剤に、「toDMG」がもたらす新たな革新
多くの国内製造業がデジタル化に取り組んでいるものの必ずしも成果が出ているとはい言えない状況にある。応用技術とトランスコスモスはこの課題を解決すべく、オートデスク製品を中核とした新たなデジタルマニュファクチャリングサービス「toDMG」を立ち上げた。toDMGは、国内製造業にどのようなインパクトもたらすのだろうか。(2022/11/24)

連載「情報戦を制す人事」:
男性育休の“社内第1号” いつから・どれくらい取得がふさわしい? 「正直迷惑」の声にめげず、準備すべきこと
社内で初めての男性の育休取得希望者に対応することになったとき、人事はどうすれば良いのでしょうか。「正直迷惑」「人がいないのに」の声にめげず、男性育休をスタンダードな選択肢の一つとして浸透させるためにできることを紹介します。(2022/11/1)

山善、財務経理部を「二度手間」から解放するDXを推進
山善は、新たな財務経理基盤として「BlackLine」を導入し、人的資本の強化や企業価値向上を支える財務経理業務のDXを推進する。「SAP S/4HANA」との自動連携も進める。(2022/10/17)

悪魔的魅力! 叶美香、『チェンソーマン』マキマのコスプレで“窮屈そうなワイシャツ”まで再現する
パワーちゃんも見てみたい。(2022/10/11)

なぜ漫画『ドラゴン桜』が「日本型ハイパーオートメーション」のヒントになるのか?
オンプレシステムを採用している企業が多い日本。自動化を実現するために企業が何をすべきかを考える上で、日立ソリューションズの松本氏は人気漫画『ドラゴン桜』がヒントになるという。問題を抱える生徒が東京大学を目指す漫画と、自動化を目指す日本企業の自動化の間にどのような関連性があるのだろうか。(2022/9/16)

freee、クラウドBPOサービス「ラクフィス」事業を買収
 freeeは9月12日、パーソルワークスデザインのクラウド経営管理BPO「ラクフィス」の事業譲受を決定し、事業譲渡契約を締結したと発表した。事業譲渡日は10月1日。(2022/9/12)

Weekly Memo:
NECの成長領域「コアDX事業」とは? “DXの最前線”のトレンドを読む
DXの最前線は今どのように動いているのか。NECが成長領域と位置付ける「コアDX事業」からそのトレンドを探ってみたい。(2022/9/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。