ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

  • 関連の記事

「BPO」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Business Process Outsourcing

三井住友カード、コンカー「ガバナンス強化型経理BPOサービス」12月より提供開始
 三井住友カード(東京都江東区)とコンカー(東京都中央区)は9月16日、戦略的業務提携の一環として、ガバナンス強化型経理BPOサービスの提供を12月より開始すると発表した。(2021/9/17)

製造マネジメントニュース:
実用水準の業務遂行を可能とする「AEI」技術に関する業務提携内容を拡大
pluszeroは、特定業務で実用的な業務遂行を可能とする技術「AEI」の普及を目指して、アビストとの業務提携内容を拡大した。両社の協力体制をさらに強固にし、製造業における設計工程の生産性向上を図る。(2021/9/9)

「DXのためのデータ活用」を成功させる4カ条【中編】
自動化技術が期待外れだった企業こそ「プロセスマイニング」を試すべき理由
デジタルトランスフォーメーションに向けて自動化技術の導入を検討するのは一つの戦略だ。だが古い業務プロセスを自動化するだけでは効率化にはつながらない。効率が落ちた業務プロセスを見つけるには。(2021/9/7)

【前編】沢渡あまね「DXの勘所」:
DXとは「すっ飛ばす」こと DXが進まない企業に欠けている視点
DXは間違いなく、現在ビジネスにおけるトレンドワードだ。しかし、その本質を理解している人はどれだけいるだろうか。本記事では350以上の企業などで組織・業務改革支援の経験を持つ沢渡あまね氏が、単なる“デジタル化”では成し得ない、“DXの本質”について解説する。(2021/8/31)

「DXのためのデータ活用」を成功させる4カ条【前編】
データドリブン企業になるための「データ活用」の秘策 まずやるべきことは?
データを経営に活用したくても、膨大なデータを前に「何から着手すべきか」を悩んでいる企業は珍しくない。データの整理に時間を奪われないための秘策は。(2021/8/30)

人材派遣や教育は減収:
パソナの純利益11倍、21年5月期通期 BPOや再就職支援が好調
パソナグループが2021年5月期通期の連結業績を発表。純利益が前期比約11倍の67億円だった。人材派遣や研修などのサービスは減収だったが、BPOや再就職支援事業が好調だった。(2021/7/15)

デジタルを駆使:
大日本印刷・北島社長が語る「DXを経営の柱に据えた理由」 データを活用して出版界全体の改革に取り組む
大日本印刷がDXを経営の重要な柱に位置付け、社会課題の解決に取り組もうとしている。デジタル時代に入り書店が大幅に減り続ける中、書店や出版社と組んでデジタルとリアルを融合。新たな読書需要の掘り起こしにも注力して成果も出してきている。DNPの北島義斉社長に、今後の課題を聞いた。(2021/7/14)

アフターコロナの時代に求められる、データドリブンアプローチによる業務改革(1):
「1時間に90回以上コピペ」という業務は問題ない? 業務見直しから始まる「DXジャーニー」
長時間労働の是正で止まっている「働き方改革」をもう一歩進め、「業務変革」を実現する。その手法を紹介する本連載。第1回は「変われない現場」と題し、ワークログを使った業務の可視化について解説する。(2021/7/12)

フォルダに入れたらはい、完了!:
PR:安い、速い、高精度なクラウドOCRが組織変革を加速させる理由
ペーパーレス化が進んでいるとはいえ、流通業や製造業における受注業務は、まだまだ「紙」が主流。手作業による入力業務は、「繁忙期には残業も致し方なし」という悪しき習慣にもつながりかねないだけに、早々に解決を図りたいところだ。しかし、その紙をデータ化できるOCRの導入には、言うほど簡単ではない“壁”があるという。OCRに携わって25年以上のハンモックに、その理由と対応策を聞いた。(2021/7/7)

「総務」から会社を変える:
灯台下暗し? 「目指せDX」と息巻く総務が陥りがちな、大きな勘違い
DXの機運が高まり、総務の現場でもテクノロジー・ツールの活用が進む。もちろん、これまでにない効率化が進むのはよいことだが、その裏には危険な誤りもあると筆者は指摘する。(2021/7/6)

コンサルティングサービスも:
PR:RPAとAI-OCRをフル活用 DXへの第一歩をサポートする、「すごい」BPOとは?
DXの前提条件として、さまざまな情報のデータ化が挙げられる。しかし、その前段となるペーパーレス化に苦戦している企業も多い。そうした課題をRPAやAI-OCRを活用したBPOサービスで解決するのが、ビーウィズのソリューションだ。(2021/6/16)

効率化もリモート化も一気に解決:
PR:困りごとをまるっと解決! 「リアルタイム音声認識」はコンタクトセンターをどう変える?
顧客体験の向上やリモート化など、課題が山積するコンタクトセンター。そんな中、活用したいのがビーウィズの「Omnia LINK」(オムニアリンク)だ。同サービスの大きな特徴が「リアルタイム音声認識」機能だが、具体的にコンタクトセンターをどう変革するのだろうか。(2021/6/10)

Autodesk University 2020:
「作るBIM」から「使うBIM」へ、大林組の“LOD”を共有する管理システムの全容解説
多岐にわたる膨大な情報を内包しているBIMモデル。必要に応じて適切な情報を選び出すことが、BIMモデルを活用するための大前提となる。だが、実際には「どの情報が信じられるか?」を見ただけで判別するのは難しい。しかも、この問題を解決するカギと目される詳細度「LOD」もモデルとの間に大きな断絶がある。そこでLODに基づきながら、BIMモデルを介したコミュニケーション環境を構築しようという新たな取り組みが始まっている。「Autodesk University 2020」で、大林組でデジタル推進室iPDセンターに所属し、全社的なモデリングルール整備などBIM運用の管理業務を行う谷口隆二氏と、応用技術でBIM事業の立ち上げを主導し、親会社のトランスコスモスと共同のシステム開発も含めたBIMトータルサービス「to BIM」をローンチする高木英一氏の発表から、LODを一元的に関係者間で共有する管理システムの全容を紹介する。(2021/6/7)

請求書版「それ、早く言ってよ〜」 Sansan、中小企業にクラウド請求書受領サービス「Bill One」を無料提供
Sansanは5月27日から、クラウド請求書受領サービス「Bill One」を従業員100人以下の企業に無料で提供を開始した。大企業に比べて遅れているという中小企業のDXを促進することが狙いとし、「中小小規模事業者がDXに取り組むには十分。そんなオンラインの成功体験をまずは提供する」(寺田親弘社長)という。(2021/5/27)

脱・紙が多様性の高い組織づくりに:
日本企業は「紙依存症」? 花王グループが試した紙削減と業務ロケーションフリーの効能
社内の紙の業務をなくすのと違い、全国の取引先からの注文や受発注のデジタル化となると関係者との合意形成が難しい。グループ全体のシェアードサービスセンターが取り組む業務改革は経営課題にも大きな効果をもたらした。(2021/5/13)

PR:リモートワークで不正リスク増は避けられない! 経理部門が採るべき固定資産管理のシステム化の道筋とは
リモートワークの課題の1つが、作業が他人の目に触れにくくなるとともに、社内調査の迅速な実施も困難になることで、不正が生じやすくなることだ。特に、システム化が遅れている会計領域として川崎氏が警鐘を鳴らすのがExcelなどが多く駆使されている固定資産管理だ。(2021/4/26)

CelonisとIBM、Red Hatが連携 DXに向けた顧客支援の中身は
CelonisとIBM、Red Hatの3社は、全世界で戦略的パートナーシップを結んだ。プロセスマイニングツール「Celonis EMS」とIBMの基盤を連携させ、顧客の支援強化を目指す。(2021/4/16)

研修も実施:
パソナ、仕事が減った他社の若手社員を支援 働く場所は淡路島、給与を支払うのは所属企業
コロナ禍の影響で、自宅待機や休業を余儀なくされている若手社員がいる。パソナは、そうした社員に淡路島で働く機会を提供する。給与は所属企業が支払う。(2021/4/1)

製造IT導入事例:
グローリーの間接材購買業務を支援するBPOサービスを提供
日本IBMは、グローリーの間接材購買業務を支援するBPOサービスについて発表した。間接材の購買に関わる業務を、購買部門が一括して実施する体制に変更することで、業務効率化やコスト削減を図る。(2021/3/31)

PR:他では得難い「大規模なフィールドで多彩な業務」を経験できるKDDIエボルバの魅力:キャリアアップ編
新しい領域にチャレンジし、キャリアアップしたいエンジニアにとってKDDIエボルバは有効な選択肢だ。「会社がエンジニアのキャリアアップを全面的にサポートする」、その理由とは何か。(2021/3/31)

幅広い領域、成長できる環境、納得感の高い評価:
PR:エンジニアの成長に欠かせない“得難い経験”ができる「KDDIエボルバ」:働く環境編【1】
大規模プロジェクトに上流工程から携わりたい、エンジニアとして成長し続けたい、努力をきちんと評価してもらいたい――その全てをかなえられる場所が、ここにあります。(2021/3/31)

エンジニア自身の活躍の幅が広がる:
PR:「中の人」が語る“ここまで任せてもらえる”KDDIエボルバの魅力とは:現場編
さまざまな業務に携わりステップアップしたいエンジニアにとってKDDIエボルバは何が魅力なのか。「中の人」が語る“エンジニアが成長できる仕組み”とは何か。(2021/3/31)

スキルアップ支援、働き方改革、長く働ける環境:
PR:エンジニアのスキルアップと働きやすさを支援する「KDDIエボルバ」:働く環境編【2】
どうすれば長く健康に働き、エンジニアが成長し続けられるのか。(2021/3/31)

石川温のスマホ業界新聞:
LINEの個人情報が中国のシステム開発委託企業で閲覧状態に――中国に拠点を持つ日本企業関連会社は撤退を余儀なくされるのか
LINEが子会社を通して一部公開コンテンツと通報されたトークテキストのモニタリング業務を中国企業に委託していたことと、LINEの中国法人が機微なデータにアクセスできる状態となっていたことが波紋を呼んでいる。今後、あらゆるデータを国内に置き、現地法人を含む中国企業には一切業務委託しないという流れになってしまうのだろうか。(2021/3/26)

マイナンバーカードを企業サービスの本人認証に活用 NECがコンサルからBPOまでサービス開始
NECは、マイナンバーカードと顔認証技術などを組み合わせた本人確認、当人認証サービス群を、コンサルティングやBPOと併せて体系化した新サービスを発表した。金融機関など、厳格な本人確認を必要とする事業者向けに、自社ビジネスへの適用をエンドツーエンドで支援する。(2021/3/18)

PR:業務の効率化、非対面のセールス活動──コロナ禍ならではの“課題”を解決できる人材を育てるには?
(2021/3/18)

コンカー、経費精算の次は請求書のデジタル化へ 「デジタルインボイス構想」掲げる
クラウド型の経費精算システム大手のコンカーが、請求書のデジタル化に向けたサービスの強化にかじを切る。同社社長の三村真宗氏は、今後4年間で3倍の販売実績を目指すとし、売り上げに対する比率も現在の10%から40%まで増やす計画だ。(2021/2/10)

成果が変わる課題解決アプローチとは?
「間接材購買」の見直しはなぜうまくいかないのか?
複数の部署や従業員が関わり、購入方法が多岐にわたる間接材購買。その可視化や効率化を図りたいと考えて見直しに取り組み、かつ成功している企業は多くない。間接材購買の可視化、効率化で最大限の成果を得るには何をすべきなのか。(2021/2/9)

ガートナー、2021年の世界IT支出総額予測を発表 テレワーク関連は増加継続か
ガートナーは、2021年の世界IT支出総額の見通しを発表した。2021年のIT支出総額は、対前年比6.2%増の3.9兆ドルになる見込みだ。2021年は、DXが進んだことで、COVID-19の影響によるIT支出の減少が緩和される。(2021/1/29)

【前編】日本のバックオフィスを変える!:
総務・人事・経理こそ、ワーケーションをすべき理由 350社の業務を改善したプロが力説
総務・人事・経理などのいわゆるバックオフィス(管理部門)と呼ばれる部署は他の職種に比べ、出社して作業をしている割合が高い。そのような中、「バックオフィスこそ、ワーケーションをすべき」と力説するバックオフィスの専門家たちがいる。350以上の企業や自治体、官公庁などでの組織変革支援や業務改革支援の経験を持つ、作家でありワークスタイル専門家の沢渡あまねさんと、業務改善コンサルティングやBPOサービスを提供するWe will accounting associatesの代表取締役で税理士の杉浦直樹さんだ。「バックオフィスこそ、ワーケーションをすべき」理由を、対談形式で伺った。(2021/2/9)

【後編】日本のバックオフィスを変える!:
総務・人事・経理のテレワークの秘訣とは? 「セキュリティが不安」「部下の様子が分からない」の悩みを業務改善のプロが一刀両断!
「バックオフィスこそ、ワーケーションをすべき」──350以上の企業や自治体、官公庁などでの組織・業務改革支援の経験を持つ作家でワークスタイル専門家の沢渡あまねさんと、業務改善コンサルティングやBPOサービスを提供するWe will accounting associatesの代表取締役で税理士の杉浦直樹さんはそう語る。「セキュリティやコンプライアンスの理由でクラウドサービスが使えない」「テレワークで部下が目の前にいないと、仕事をしているのか把握できない」といったバックオフィスの改革を阻む考えの矛盾を指摘しながら、変化する時代の中で「生き残るバックオフィス」であるために必要な業務の取り組み方について、対談する。(2021/2/10)

DHC会長が自社サイトにヘイトメッセージ掲載で批判 「ドン引き」「おぞましいほど直球の差別」
ハッシュタグ「#差別企業DHCの商品は買いません」もトレンドに。(2020/12/16)

サービスロボット:
次の挑戦は物流領域、Telexistenceが見据える遠隔操作ロボットの可能性
遠隔操作ロボット「Model-T」を開発したロボットベンチャーTelexistence。同社は現在、ローソンやファミリーマートなど小売業界への遠隔操作技術の展開を積極的に進めている。遠隔操作ロボットにはどのような可能性があるのだろうか。また、Telexistenceは今後どのような事業展開を構想しているのか。同社の担当者に尋ねた。(2020/11/2)

増収増益:
最終利益88倍、パソナGの20年6〜8月期 BPOサービスの需要拡大
パソナグループの20年6〜8月連結業績は、純利益が前年同期の88倍に相当する40億円に。新型コロナウイルスの影響で、人材採用や集合型研修の需要は減ったが、BPOサービスの需要が大きく伸びた。(2020/10/15)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
子育て世代支援からの地域創生
働きたくても働けない母親がクローズアップされ、社会問題化されていた中、「子どものそばで働ける世の中を当たり前に」という企業理念実現のために、オフィスとキッズスペースが隣り合わせになった新業態を目指した。(2020/10/8)

専門家のイロメガネ:
アフターコロナで問われる「雇用と外注の境界」、海外雇用の時代到来か
コロナ禍を受けた緊急事態宣言以降、働き方は大きく変化変した。リモートワークの急拡大による通勤不要を好意的に捉えた従業員も多いだろう。だが「働き方の変化」は、経営者側から見れば「雇い方の変化」となる。アフターコロナで雇用はどう変わるのか?(2020/9/23)

リモートワーク推進にも有効:
日本の経理、効率化のカギはBPO 「多すぎる勘定項目」「紙の請求書」を乗り越えるには
リモートワークが難しいとされる経理業務。経理業務に関するソリューションを提供しているファーストアカウンティングの森社長は、課題として「多すぎる勘定項目」と「紙の請求書」を挙げる。リモートワークやBPOを進めるにはどうすればいいのだろうか。(2020/9/18)

淡路島移転で注目のパソナ、現地「DX拠点」について担当者に聞いた
パソナの淡路島移転をめぐる報道はさまざまな憶測を呼んだ。SNSでは面白おかしく「まるで島流しだ」などと揶揄(やゆ)する声もあった。同社の本当の目的とは。(2020/9/11)

PR:コンタクトセンターの“在宅化”は待ったなし セキュリティ・応対品質、どう確保する?
(2020/9/9)

テレ朝「スーパーJチャンネル」にBPOが放送倫理違反を認める 一般人装った取材対象がディレクターの知人だった
匿名の情報提供によって判明しました。(2020/9/3)

BCP対策:
パソナ、本部機能を淡路島に 総務など1200人が移転
パソナグループが、東京の本部機能を兵庫県淡路島の拠点に分散し、段階的に移転する。2023年度末までに、本社にいる約1800人のうち約1200人を淡路島に移す計画だ。(2020/9/1)

Gartner Insights Pickup(171):
デジタルビジネスを阻害する6つの時代遅れの考え方
ビジネスのやり方に関する時代遅れの考え方が、新しいデジタルの取り組みを進める妨げになることがある。デジタルビジネスを成長させるには、新しいアプローチを取り入れるのが得策だ。(2020/8/21)

携帯3キャリアの”橋渡し”を担い、スムーズなオンライン手続きを推進する:
PR:トッパンフォームズの「AIRPOST」と「本人確認支援サービス」が実現する未来
スマートフォンを使って、住所変更や口座振替の手続きを行う、オンラインサービスにつきものの「本人確認」の手間やコストを解消する――。これらを実現するサービスをトッパンフォームズが開発している。未来のオンラインサービスの常識を変える可能性を秘めるサービスについて、担当者に聞く。(2020/8/18)

コロナ禍でのIT投資はどうあるべきか:
PR:「コスト最適化」と「デジタル化」を両立させる方法
コロナ禍による景気悪化が予測される中でも、企業は生き残りを懸けたデジタル化の取り組みを止められない。限りあるIT予算をどう投資し、何をスリム化すべきか。2人の専門家に取るべき方策を聞いた。(2020/8/17)

スピン経済の歩き方:
「しゃぶしゃぶ温野菜」爆発 なぜ報ステは「運営会社」を伏せたのか
「しゃぶしゃぶ温野菜 郡山新さくら通り店」でガス爆発が起きた。多くのメディアは謝罪会見を取り上げたが、なぜか報道ステーションは運営会社の社名すら報じなかった。その背景になにがあるのか。(2020/8/11)

為替振込業務の8割を自動化する信用金庫向けBPOサービス、NECとしんきん情報サービスが2021年1月から提供
NECとしんきん情報サービスは、為替振込業務を自動化する機能を備えた、信用金庫向けのBPOサービスの提供を開始する。バックオフィス業務で大きなウエイトを占める為替OCR帳票の作成、確認、発行を自動実行する仕組みを活用することで、従来人手で行っていた処理の約8割を削減する。(2020/7/6)

PR:日本企業の働き方を変えるオートメーション・エニウェアのRPA その普及を支えるパートナー企業の取り組みとは?
(2020/6/29)

DX化推進のキーパーソンは「ミドル層のコア人材」:
PR:実業務の課題解決から始める人材育成、DXに必要な思考プロセスとは
世界中でビジネスがデジタル化する中、DXに乗り遅れる日本企業は多い。DXの本質は企業文化の変革にあり、その成功を左右するのは、企業風土を象徴する人材が変革を主導できるかにある。自社のキーパーソンをDX人材として育成する方法とは。(2020/6/26)

今日のリサーチ:
チャットで企業へ問い合わせ 6割が経験――KDDIエボルバ調査
企業と顧客のコミュニケーションの最新動向に関する調査です。(2020/6/11)

視点:
コーポレート本社の存在意義を再考する〜投資家視点でDXとイノベーションを先導せよ〜
一般に、CHQの機能に影響を与えるメガトレンドとは?(2020/5/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。