ニュース
» 2013年05月24日 07時05分 UPDATE

Apple、Windows版QuickTimeの深刻な脆弱性を修正

今回のアップデートで修正された12件の脆弱性は、全て任意のコード実行に使われる恐れがある。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Appleは5月22日、QuickTimeのセキュリティアップデートとなる「QuickTime 7.7.4」をWindows向けに公開した。

 同社のセキュリティ情報によると、今回のアップデートでは計12件の脆弱性を修正した。その全てが、任意のコード実行に使われる恐れのある深刻な脆弱性となっている。

 動画や音声、画像ファイルなどの処理方法に存在し、細工を施したファイルをユーザーに閲覧させる手口で悪用される恐れがあるという。

 QuickTime 7.7.4はWindows 7、Vista、XP SP2以降に対応する。Windows向けのQuickTimeのアップデートは2012年11月5日以来となる。

関連キーワード

QuickTime | 脆弱性 | Apple


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -