レビュー
» 2013年05月28日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:ネットワークのレガシー化を食い止める、「SDN」の本質とは?

次世代のネットワーク概念である「SDN」。システムインフラの柔軟性を確保する上でボトルネックとなりつつあるネットワークの現状を変える要素として期待が高まる。SDNの本質に迫った。

[TechTargetジャパン運営事務局,PR/Business Media 誠]

 仮想化技術が一般化したサーバやストレージは、リソース統合や運用の柔軟化が急速に進む。アプリケーションレイヤーにおいてもSoftware as a Service(SaaS)やセルフサービス型のアプリケーションの普及により、「所有から利用へ」の動きが加速している。一方、ネットワークはどうだろうか。サーバやストレージ、アプリケーションで実現されている柔軟性確保の流れからは取り残されているのが現状だ。つまり、システム全体の柔軟性を確保する上で、“レガシー”なままのネットワークがボトルネックとなりつつあるのである。

 近年、こうした流れを断ち切るべく注目を集めているのが、ソフトウェアによる経路制御やネットワーク機能の追加を可能にする「Software Defined Network(SDN)」である。SDN自体は具体的な製品や機能ではなく概念であることから、具体的な導入効果が見えにくいのも事実だ。本ホワイトペーパーは、現状のネットワークが抱える課題やSDNの導入効果、想定事例などを簡潔にまとめている。SDNを中心としたネットワークの最新像を理解するための一助としていただきたい。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -