レビュー
» 2013年06月05日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:インターネットセキュリティ脅威レポート

セキュリティアナリストが世界最高レベルの統合性を誇る脆弱性データベースを活用し、攻撃活動や悪質なコードの活動、フィッシング、スパムにおける新たな傾向を特定、分析、および解説した調査資料。

[TechTargetジャパン運営事務局,PR/ITmedia]

 シマンテックは、自社のデータソースを活用し、攻撃活動や悪質なコードの活動、フィッシング、スパムにおける新たな傾向を特定、分析、および解説している。

 今回は通常の慢性的な問題とは異なる、標的型攻撃、政治的動機を持つハクティビストの攻撃、データ侵害、認証局への攻撃が注目された2011年の傾向をまとめた。

 2011年に標的型電子メール攻撃の標的になった産業セクター上位10とは? 標的にされた受信者の職務権限分析は? 2011年の危険なWebサイトカテゴリとは? 今後のサイバー攻撃対策のために、ぜひ読んでほしい資料だ。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -