ニュース
» 2013年06月14日 17時20分 公開

34%の企業がMDMソリューションを未導入――カスペルスキー調べ

カスペルスキーは、職場へ持ち込まれた私物デバイスを管理するMDMソリューションの企業導入が進んでいないという調査結果を発表した。

[ITmedia]

 34%の企業が職場へ持ち込まれた私物デバイスを管理する専用のモバイルデバイス管理(MDM)ソリューションを導入していない――カスペルスキーは6月14日、モバイルセキュリティに関する調査結果を発表した。大半の企業で業務用のモバイルデバイスとデバイスに保存したデータに対する適切なセキュリティ施策を行っていないことが明らかになった。

 調査によると、28%の企業は私物と業務用のモバイルデバイス向けセキュリティ対策として、既に専用のMDMソリューションを導入していた。29%は一部導入していると回答。しかし、一部導入だけでは全てのモバイルデバイスや保存データの安全性を保証することは難しいという。

 同社は、法人向け製品プラットフォーム製品「Kaspersky Endpoint Security for Business」でサーバやデスクトップ、モバイル端末などを保護する。MDM機能では業務用モバイルデバイスと私物のスマートフォンやタブレットPC、その中に保存された企業データを守ることができるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -