ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

「MDM」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Master Data Management:マスタデータ管理

関連キーワード

2020年のアナリティクス技術のトレンド、トップ3は「よりスマートなAI」「データストーリー」「意思決定インテリジェンス」――ガートナー発表
ガートナーは、データ/アナリティクス技術のトレンドのトップ10を発表。NLP(自然言語処理)や適応学習などを活用したAI分析の需要が高まり、2024年末までに、75%の組織がAIを“試験的な導入”から“実運用”に移行させるという。(2020/6/25)

700万台のスマートメーターを設置 中部電力パワーグリッドが管理アプリケーションを導入
中部電力パワーグリッドは、日本オラクルの公益業界向けメーターデータ管理アプリケーション「Oracle Meter Data Management(MDM)」を導入し、700万台のスマートメーターを設置した。(2020/6/23)

MVNOに聞く:
自撮り被害を防ぐカメラの反響、トーンモバイルがフリービット傘下に戻った理由は? 石田社長に聞く
子どもの「自画撮り被害」を防止する機能を搭載したトーンモバイルの「TONE e20」は、そのキャッチーさもあって、大きな反響を呼んだ。好調のTONE e20だが、MVNOを取り巻く事業環境も大きく変化している。トーンモバイル自身も、2019年12月にCCCを離れ、フリービット傘下のDTIに移管されている。こうした変化は、トーンモバイルの事業にどういった影響を与えたのか。(2020/6/22)

PR:アフターコロナを見据えた、変化に対応できる組織づくり 重要なのが「デバイス管理」
(2020/6/17)

Citrix製品を活用
NFLのフットボールチームが「在宅勤務」で直面した課題とは?
サンフランシスコのフットボールチーム49ersは、在宅勤務などのテレワークの課題に直面している。同チームがテレワークを実践する上で生じた課題と成果を聞く。(2020/6/11)

ITインフラの自動化を支援:
IBM、AIでIT運用を自動化する「IBM Watson AIOps」などを発表
IBMは、AIでIT運用を自動化し、コントロール性、効率性、ビジネス継続性を向上させる「IBM Watson AIOps」などを発表した。(2020/6/4)

Oculus VR、「Oculus for Business」正式提供開始 VRのビジネス利用を本格化
Oculus Questを企業に大量導入するためのサービスを提供する。(2020/5/22)

日本アイ・ビー・エム株式会社提供Webキャスト
モバイル活用の理想と現実、セキュアに利用するにはどんな管理体制が必要?
テレワークや在宅ワークを支えるモバイルデバイスの活用に当たっては、自社のセキュリティポリシーに準拠した利用とするためのモバイルデバイス管理(MDM)が欠かせない。幾つかの活用事例から、MDM導入のポイントを明らかにする。(2020/5/21)

在宅勤務時に気を付けるべきリスク
新型コロナ対策で“危ないテレワーク”を招く4つの原因とは?
新型コロナウイルス感染症の拡大防止策として、安全なテレワーク環境を確保するためには何をすべきか。考慮すべき4つの課題と、それぞれの解決策を紹介する。(2020/5/20)

新人IT担当者でも分かる「統合エンドポイント管理」(UEM)【第3回】
間違った「UEM」製品を選ばないための見極めのヒント
「UEM」製品は多様なエンドポイントを一元管理できるが、全て同レベルで管理できる機能を持った製品はない。導入後に「機能が多過ぎる」「機能が足りない」と後悔しないために、見極めるべきポイントは。(2020/5/11)

「COVID-19」で変わるエンドポイント管理【後編】
新型コロナで広がる“私物端末で在宅勤務”に「ゼロトラスト」が必要な理由
テレワークを迅速に導入するには従業員の私物デバイスの利用を認めることが選択肢の一つになる。ただしその際は十分なセキュリティ対策が必要だ。どのような点に注意すればよいのだろうか。(2020/5/12)

Graebert Japan Annual Meeting 2020:
大成建設が「ARES Touch」をカスタマイズ、27秒で立ち上げからクラウドストレージ接続までを実現
大成建設はタブレットとスマホ上でDWG互換CADに、施工現場から写真の添付やコメント、マークアップなどが行えるクラウド「ARES Touch」をカスタマイズし、作業性を高めている。(2020/5/8)

「COVID-19」で変わるデバイス管理【前編】
新型コロナが「私物Apple端末は管理しなくてよい」という“常識”を変える?
新型コロナウイルス感染症が拡大する中で、テレワークの必要性が一気に高まった。働き方の変化は、デバイス管理の在り方にも影響を与え始めている。(2020/5/1)

え! 急にテレワーク? どうすれば……:
PR:スマホ内線化も企業電話のクラウド化も Microsoft 365 におまかせ!
安心安全に使えるコラボレーション サービス「Microsoft 365」には、企業電話サービスを提供するクラウド型 PBX の機能もあるんです。本稿では、スマホや在宅勤務でもオフィス内と同等の電話を利用できる電話システムのメリットを紹介します。(2020/5/18)

新人IT担当者でも分かる「統合エンドポイント管理」(UEM)【第2回】
統合エンドポイント管理(UEM)10製品の「得意・不得意」な機能
「モバイルデバイス管理」(MDM)製品と「エンタープライズモビリティー管理」(EMM)製品のどちらから発展したのか。この視点で「統合エンドポイント管理」(UEM)製品を評価すると、各製品の強みや弱みが見える。(2020/4/6)

モバイルdeワークスタイル変革:
突如降りかかる「テレワーク」 スマホで「会議」に参加する方法をチェックしよう
「働き方改革」に加えて、新型コロナウイルスの流行によって、さらに注目を集めることになった「テレワーク」。その中でもWebを介して会議に参加できるソリューションが注目を集めています。この記事では、そんな「Web会議」に焦点を絞り、スマホに対応したソリューションを簡単に紹介します。(2020/3/26)

ベンダーによる支援策のリンク集
新型コロナウイルス対策を支える「テレワーク」関連製品の無料提供と相談窓口
拡大を続ける新型コロナウイルス感染症対策として、企業の間でテレワークの採用が広がっている。こうした中、ベンダー各社がテレワーク関連製品の一時無料化などの支援策を提供し始めた。主要な取り組みを集約した。(2020/3/23)

マスターデータ管理はここまで簡単になった:
PR:MDMの課題を「短期間、低コスト」で一挙に解決する方法とは
「データからいかに価値を生み出すか」というテーマに多くの企業が取り組んでいる。だが、データ活用の成果を左右するマスターデータ管理については、予算、スキル、人員不足などの制約を受け、さまざまな課題を抱え続けている例が多い。そうした“積年の課題”を短期間で解決できる手段とは何か? 詳細を探った。(2020/3/18)

「Surface」ブランドを取るか、アウトカメラを取るか
2画面スマホ「Surface Duo」を買いたくなる人、スルーする人を分ける条件
Microsoftの「Surface Duo」は、折り畳み式のディスプレイと、Googleの「Android」を搭載する「Surface」ブランドのスマートフォンだ。ビジネスユーザーはSurface Duoをどう評価するのだろうか。(2020/3/9)

働き方改革でIT管理の負荷も軽減:
PR:テレワークの環境を安全かつ効率的にするには? ノートPCの理想型がここにある
働き方改革において「テレワーク」は重要な施策の一つと考えられている。しかし、いざ実施するとなればセキュリティやPC管理の課題が浮上する。どのようなPC管理ならばテレワークを適切に実践できるのか。その方法を紹介しよう。(2020/3/4)

2画面で使えるアプリはどれだけ登場するか
2画面スマホ「Surface Duo」は何の役に立つのか? Microsoft製のAndroid機
Microsoftの2画面スマートフォン「Surface Duo」はビジネス用途に適しているのだろうか。Surface Duo向けのアプリケーション開発は進むのだろうか。専門家の見解を示す。(2020/3/5)

iPad中学校全生徒配布で学力が飛躍的に向上 名古屋経済大学市邨中学校のiPad活用を聞いてきた
名古屋経済大学市邨中学校、全生徒にiPadの配布を実施した結果、学力が飛躍的に向上したという。(2020/3/3)

Microsoft Focus:
プログラミング必修化で日本PC市場にバブルが来るか ついに始まった「GIGAスクール構想」
義務教育機関におけるICT教育の計画として「GIGAスクール構想」がスタートした。2023年までに小中学校の児童生徒が1人1台端末を持ち、高速大容量の通信を利用できる環境構築を目指す。これはPCでベンダーにとって大きなバブルとなるのか。(2020/3/10)

ITmediaエンタープライズ セキュリティセミナーレポート:
秘策はない? コニカミノルタが愚直に進めたDXのためのセキュリティ対策とは
グローバルにオフィス・プリント関連事業を進めるコニカミノルタが、顧客と社内のセキュリティを強化するため、取り組んでいることとは。(2020/2/28)

エッジのセキュリティをどう確保するか【後編】
エッジコンピューティングを危険にしないために「ゼロトラスト」が必要な理由
セキュリティに関する懸念から、企業はエッジコンピューティングの導入に足踏みする可能性がある。この懸念に対処するには何が必要なのか。(2020/2/6)

スペックは「議論して決定」:
1人1台のPCで教育のICT化を推進――日本マイクロソフトが「GIGAスクールパッケージ」を提供開始
日本マイクロソフトが、文部科学省が推進する「GIGAスクール構想」に準拠するPCやソリューションを一括提供するパッケージを発表。教育機関向けに販売を開始した。(2020/2/4)

モバイル管理システムの進化
「MDM」から「EMM」、そして「UEM」へ 歴史から学ぶデバイス管理の進化
クラウドサービスやモバイルデバイスの普及、セキュリティリスクの増大などが、デバイス管理システムを進化させてきた。「MDM」製品から「UEM」製品への進化の歴史を振り返る。(2020/1/23)

エンドポイント環境の過去、現在、未来【後編】
モバイルデバイスやSaaSがもたらすエンドポイントの真の課題とは?
モバイルデバイスやSaaSを仕事で使うことが一般的になった今、エンドポイント環境に求められる要件も変化している。将来のエンドポイント環境はどうなるだろうか。(2020/1/16)

Microsoft 365で実現! Windows 10のモダン管理[実践編](第3回):
PR:インターネット上で利用する端末をあらゆる脅威から守ろう
本稿では「Windows 10のモダン管理」を実際に設定して展開していきます。モダン管理の手法は管理者の負担を軽減できるだけでなく、ユーザーのPCの選択肢も広がる最新の運用管理手法です。また、Windows 10は常に進化しており、このモダン管理を最適化し次々と新しい機能を提供しています。この機会にモダン管理を実現し、Windows 10へとアップグレードしましょう。(2020/1/15)

UEMのメリットと導入の注意点【後編】
「統合エンドポイント管理」(UEM)で管理できること、できないこと
「統合エンドポイント管理」(UEM)製品はセキュリティ確保だけでなく、デバイス管理を簡便にするメリットがある。ただしUEMでは管理できない幾つかの特殊な条件もあるため、検討時には注意が必要だ。(2020/1/9)

エンドポイント環境の過去、現在、未来【前編】
WindowsとCD-ROMが必需品 20年前のエンドポイント環境を振り返る
2000年から2020年までの20年で、業務に用いるアプリケーションやデバイス、働き方は大きく変化し、多様化した。20年前のITを取り巻く環境と働き方はどのようなものだったか、振り返ってみよう。(2020/1/7)

PR:中小企業も待ったなし! 令和時代に対策急務の経営課題、5つのポイント
いま企業が考えるべき経営課題は何か、そしてその対策は――働き方改革支援で豊富な実績を持つ大塚商会に聞く。(2020/1/7)

UEMのメリットと導入の注意点【前編】
多種多様なモバイルデバイスを使う職場に「UEM」が必要な理由
「統合エンドポイント管理」(UEM)製品を導入すると、1つのツールで多数のデバイスを管理できる。経済性、生産性、ビジネス全体におけるUEM製品のメリットはどのようなものがあるのか。(2019/12/26)

可視化・分析ソフトウェアを導入
旧AS/400「IBM i」で動くコメリの基幹系 年500件の修正負荷を半減できた訳
「IBM i」で稼働するコメリの基幹システム修正は、年間およそ500件に上るという。同社のシステム開発会社であるビット・エイは、そうしたシステム修正に伴うドキュメント作成作業をどのように効率化したのか。(2020/2/7)

新人IT担当者でも分かる「統合エンドポイント管理」(UEM)【第1回】
いまさら聞けない「UEM」とは? 「MDM」や「EMM」との違いを比較
「UEM」製品とは何かを理解するには、「MDM」製品や「EMM」製品との違いを整理することが先決だ。その上で製品の成り立ちや必須機能に注目することが重要になる。(2019/12/23)

プレミアムコンテンツ:
これで分かる「統合エンドポイント管理」(UEM)入門
「統合エンドポイント管理」(UEM)製品は、どれを選べばいいのだろうか。ベンダーごとの製品の特徴と選定のポイント、「MDM」「EMM」などの関連製品との違いを詳しく説明する。(2019/12/20)

UEM選定で重視すべき6つのポイント【後編】
UEMの比較ポイント「アプリケーション管理」「IAM」とは?
「統合エンドポイント管理」(UEM)は「モバイルデバイス管理」(MDM)や「モバイルアプリケーション管理」(MAM)など各種機能を内包しており、特徴を見極めるのは容易ではない。選定ポイントは。(2019/12/19)

スマートフォン市場の先を読む【後編】
iPhone、Androidの支給機種は社員のステータスを示す? スマホ選びのおきて
企業における従業員用スマートフォンの購入は、市場動向を見て判断する必要がある。それぞれの用途に適した機種を選ぶことが重要だ。選定の勘所とは。(2019/12/15)

UEM選定で重視すべき6つのポイント【前編】
統合エンドポイント管理(UEM)を「対応OS」「セキュリティ」で比較するコツ
「統合エンドポイント管理」(UEM)の選定時には6つの機能に注目すると、製品の特徴を見極めるのに役立つ。前編となる本稿は、6つの選定ポイントのうち2つを紹介する。(2019/12/13)

スマートフォン市場の先を読む【前編】
iPhone、Androidスマホを「すぐ買い換えたい」と思わなくなった“残念な理由”
スマートフォン市場の低迷が続いている。その背景にはデバイスの耐久性向上による購入サイクルの長期化があるものの、ユーザーにとっても、メーカーにとっても深刻な別の問題もある。(2019/12/8)

PR:Windows 10 デバイスの導入展開をクラウド経由で自動化する「ゼロタッチ」とは?
IT分野で幅広い実績を持つダイワボウ情報システムは、Windows 10 デバイス(以下、デバイス)のゼロタッチ展開サービスを提供している。ゼロタッチというのはどういうものか、そのメリットは何か、同社で販売商品の推進戦略を統括する坂下博之氏に話を伺った。(2019/12/5)

BYODの支援機能を充実させるApple
iPhoneやMacのMDM機能「User Enrollment」「Device Enrollment」「Automated Device Enrollment」の強化点
AppleはBYOD向けに「iPhone」や「Mac」のMDM機能を強化している。同社が2019年に「User Enrollment」「Device Enrollment」「Automated Device Enrollment」に追加した新要素を説明する。(2019/12/3)

セキュリティ強化や運用管理の効率化に効果
人工知能(AI)が「UEM」にもたらす4つのメリットと“落とし穴”
「統合エンドポイント管理」(UEM)に人工知能(AI)技術を活用すると、セキュリティ強化や管理の効率化に役立つ可能性がある。(2019/11/26)

Microsoft 365で実現! Windows 10のモダン管理[実践編](第2回):
PR:Windows 10の「セキュリティ設定」を素早く構成しよう
本稿では「Windows 10のモダン管理」を実際に設定して展開していきます。モダン管理の手法は管理者の負担を軽減できるだけでなく、ユーザーのPCの選択肢も広がる最新の運用管理手法です。また、Windows 10は常に進化しており、このモダン管理を最適化し次々と新しい機能を提供しています。この機会にモダン管理を実現し、Windows 10へとアップグレードしましょう。(2019/11/6)

Windows 10 The Latest:
2019年秋の機能アップデート「19H2」リリース直前。次期Windows 10はどうなる?
Windows 10の秋の機能アップデート「19H2」がリリース直前だ。19H2はどのような内容になるのか、さらにその次の「20H1」の新機能やトラブルについても紹介する。(2019/11/1)

「Mac」管理の新しいアプローチ【後編】
Mac管理にApple純正品ではなく「SCCM」を使うならやるべきこと
企業が「Mac」を管理する際、Appleの純正管理ツールではなく、Microsoftの「System Center Configuration Manager」(SCCM)を使う手がある。その際はMac管理に関する機能を拡張するプラグインを使うのが有効だ。(2019/10/23)

組み合わせて機能を補う
モバイル端末のデータ漏えいを防ぐ「UEM」と「MTD」を使った2つの方法とは?
統合エンドポイント管理(UEM)は基本的なモバイルセキュリティ機能を備えているが、高度な対策を施すにはモバイル脅威防御(MTD)ツールとの連携が必要だ。(2019/10/16)

「Mac」管理の新しいアプローチ【中編】
「Apple Business Manager」と「UEM」の連携がもたらすメリットは?
Appleのデバイス導入支援サービス「Apple Business Manager」と共に統合エンドポイント管理(UEM)製品を利用すると、WindowsデバイスとMacが混在するオフィスのデバイス管理が楽になる可能性がある。(2019/10/15)

「Mac」管理の新しいアプローチ【前編】
Macに不慣れなWindows管理者が知りたい、Mac管理の「これまでとこれから」
会社用のデバイスとして、WindowsデバイスだけでなくMacも選べることが珍しくなくなってきた。IT担当者はMac管理について優先的に検討する必要に迫られている。(2019/10/8)

富士通SSL、DX支援を強化 DXデザインや顧客獲得支援も――ソリューション群「PoweredSolution」を刷新
富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)は、自社ソリューション群「PoweredSolution」を刷新し、5カテゴリーで製品・サービスを提供する。デジタルトランスフォーメーション(DX)デザインの共創や、顧客エンゲージメントの獲得支援、データ活用支援など、DX推進支援策を強化した。(2019/10/3)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。