WWDC24で見えたAppleのもくろむ未来 “5+1”の視点で読み解くソフトウェア開発、新時代の幕開け(1/4 ページ)

» 2024年06月20日 12時30分 公開
[林信行ITmedia]

 Worldwide Developers Conference──通称「WWDC」は、Apple製品にアプリや周辺機器を提供する開発者が世界中から集まるイベントだ。Mac登場前年の1983年から開催されており、筆者は1992年から参加している。

photo WWDC24の基調講演は、4フロア分の吹き抜けが心地いいApple社屋の巨大な社食「Caffe Macs」と、その外庭を使って行われた

 90年代後半には日本でも本国の1〜2カ月遅れで縮小版の「Japan Developers Conference」が開催されていたが、98年にスティーブ・ジョブズ氏が中止させた。筆者はその年のWWDCで、壁際で講演を見ていたジョブズ氏に「是非、日本での開催を続けて欲しい」と要望を伝えた。

 彼はしばらく考えた後、「日本に全従業員を連れていくことはできないので、継続してもイベントは(それまで通り)WWDCの縮小版にしかならない。それよりも1週間だけAppleの全従業員と世界中のトップ開発者が1カ所に集まることに大きな意義がある」と答えた。

 実際、WWDCは、ただ一方的にAppleから情報提供を受ける場ではなく、開発者がAppleで製品を開発しているエンジニアに意見や要望を直接伝える場としても重要だ。

 2011年、亡くなる直前のジョブズ氏が最後に登壇したイベントもWWDCだった。降壇後、大勢のファンに囲まれ写真を撮られながらも、1分ほど妻のローレン・パウエル氏と無言で抱擁する珍しい光景が話題となったが、この時、ジョブズ氏はこれが最後の講演になると悟っていたのかもしれない。

 それでも参加した学生による自作アプリの説明にも真剣に耳を傾けている姿が印象に残っている。このWWDCの数週間後、ジョブズ氏はクパチーノ市議会に登場し、数年後の完成を目指すApple新社屋、現在の「Apple Park」建設計画をプレゼンした。

 コロナ禍でオンラインのみの開催となった20年以降のWWDCは、そのApple Parkが会場になっている。しばらくは映像の配信のみだったが、22年以降はそれまで外部の人の立ち入りを一切許さなかったApple Parkのドーナツ型の本社ビル「Ring Building」が、WWDC期間中だけ参加者に一部開放され、Appleが開発する最新テクノロジーと共に同社の文化にも触れられるイベントへと進化した。

 ただし2008年以降、参加枠がわずか数分で売り切れるようになったため、招待開発者以外に関しては抽選で参加者を選ぶ形式を取っている。

photo これまで一般に解放することがなかったリング型ビルディングの内庭も、今回は一部エリアのみ開放された。よくビデオに出てくる虹を見ながらランチをする開発者の姿も見えた

 WWDCでは毎年、その年の秋以降に一斉リリースとなる各Apple製品の最新OSの仕様が主なテーマとなるが、それに加えて新製品のハードウェアだったり、目玉となる新技術だったりが発表されることも多い。23年は「Apple Vision Pro」がその目玉で、24年は新OSに統合されるAI技術「Apple Intelligence」がそれに当たる。

 ただ、Apple Intelligenceについては。既に記事を書いたので、本稿では主要OSの変化のトレンドを見ていこう。

WWDC24を読み解く5つの視点

 WWDCでは毎年、最新OSがテーマの中心となる。24年秋に登場する新OSは「iOS 18」「iPadOS 18」「tvOS 18」「watchOS 11」「macOS Sequoia(セコイア)」、そして「visionOS 2」となるが、加えてAirPodsの新機能も発表された。

 個々のOSの新機能は膨大であるし、今すぐには使えない。ここで紹介するよりも今秋に新OSがリリースされてからがいいだろう。そこで本稿では、筆者が発表全体を眺めて読み解いた5つのトレンドを軸に解説したい。

  1. 新ジェスチャー操作
  2. 知性を持ったメモ
  3. パーソナライゼーション
  4. プライバシーとセキュリティ
  5. OS間連携

 この5つに当てはまらない機能は是非、Appleの公式Webサイトか、日本語字幕もあるWWDCのセッションビデオを見てほしい。

photo WWDC24のセッションごとのビデオは、開発者向けのWebサイトから見られる。ほとんどの情報に日本語字幕などが用意されている
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

最新トピックスPR

過去記事カレンダー