ニュース
» 2013年07月02日 16時09分 UPDATE

国内ソフトウェア市場は堅調、2012〜2017年の平均成長率は4.0%に――IDC予想

IDC Japanは、2012年の国内ソフトウェア市場の売上額実績と2013〜2017年の予想を発表した。

[ITmedia]

 IDC Japanは7月2日、2012年の国内ソフトウェア市場の売上額実績および2013〜2017年の予測についてアップデートを発表した。

 これによると、2012年の国内ソフトウェア市場の売上額実績は、2011年に東日本大震災の影響で抑制されたIT投資が再開されたことを受けて、前年比成長率3.8%の2兆2587億1500万円となった。大分類市場別では、国内アプリケーション市場が前年比2.3%増の9424億4500万円、国内アプリケーション開発/デプロイメント市場が前年比5.3%増の4800億9500万円、国内システムインフラストラクチャ市場が前年比4.6%増の8361億7600万円となっている。

 2013年の国内ソフトウェア市場規模は、前年比成長率4.3%の2兆3560億3300万円になるとIDCは見込んでいる。サーバおよびPCの更新需要が谷間に入る影響で、2014年は市場の成長基調がやや落ち着くものの、2012〜2017年の年間平均成長率は4.0%で堅調に推移し、2017年の市場規模は2兆7545億5300万円に達すると予測する。

 今後5年間の市場予測を大分類市場別に見ると、国内アプリケーション市場は2012〜2017年の年間平均成長率が3.2%で、2017年には市場規模が1兆1011億7200万円になると見込んでいる。また、国内アプリケーション開発/デプロイメント市場は年間平均成長率6.5%で、2017年には市場規模が6568億2700万円となり、国内システムインフラストラクチャ市場については同3.6%で、2017年には9965億5300万円に達するとIDCは予測している。

idc0702.jpg 2012年〜2017年の国内ソフトウェア市場予測(出典:IDC Japan)

 IDC Japanのソフトウェア&セキュリティ リサーチアナリストの浅野晋平氏は、「ソフトウェアベンダーは、自社のパッケージソフトウェアの販売に注力してきた従来のビジネスモデルを見直し、既存のパッケージソフトウェアとオープンソースソフトウェア、クラウドサービスとを統合するような新しいソリューションの提案力を高めることで、第3のプラットフォームにおける自社の競争優位性の確保を目指すべきである」とコメントしている。

関連キーワード

ソフトウェア | IDC | 市場規模


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ