ニュース
» 2013年07月23日 15時43分 UPDATE

NEC、10Gbps対応の回線暗号装置を発売

広域イーサネット回線上のデータを保護するレイヤ2回線暗号装置「COMCIPHER XL2B」を発表した。

[ITmedia]
nec0723.jpg COMCIPHER XL2B

 NECとNECマグナスコミュニケーションズは7月23日、レイヤ2回線暗号装置では国内最速という10Gbps対応の新製品「COMCIPHER XL2B」を発売した。

 新製品は、暗号アルゴリズムに総務省や経済産業省の電子政府推奨暗号方式となっている「AES(FIPS-197準拠)」を採用する。2Mbps〜10Gbpsのデータレートに対応し、ビックデータの収集や配信のほか、テレビ会議などの動画配信、データセンターとバックアップセンター間のディザスタリカバリ用途などに適しているという。

 希望小売価格は1250万円(税別)からで、2社では今後3年間に「COMCIPHERシリーズ」として約1万台の出荷を見込む。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -