レビュー
» 2013年07月24日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:「複雑化する勤務体系」に柔軟に対応する勤怠管理システムとは

フレックス制やシフト制、残業区分に各種休暇などの整合性が重要となる勤怠管理。これまで以上に複数の勤務体系が混在するケースも増えてきており、いま企業における管理システムには変革が求められている。

[TechTargetジャパン運営事務局,PR/ITmedia]

 勤怠管理システムに求められる要件は多岐にわたる。フレックス制やシフト制への対応はもちろん、シフト制などでは各時間帯で必要な人数がそろっているかの管理も必要。各種の有給休暇や代休、忌引きなど休暇や残業の申請・承認機能なども求められる。職種や業種でも要件は異なるし、企業内で複数の勤務体系が併存していることもまれではない。

 一方、これらの勤務体系の根幹となる労働基準法は改正される可能性がある。法改正への素早い対応を考慮すると、システムが自動的にバージョンアップするASPサービスの利用が有利だという。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -