ニュース
» 2013年07月30日 17時13分 UPDATE

マカフィー、サーバOSの深部で動作するrootkit対策を発表

インテルと共同開発した「McAfee Deep Defender」がInto Xeon E3/E5/E7シリーズおよびWindows Server 2008 R2に対応。サーバOSの深部で動作するrootkitの検知や駆除が可能になる。

[國谷武史,ITmedia]

 マカフィーは7月30日、rootkit対策のためのエンドポイントセキュリティ製品の最新版「McAfee Deep Defender v1.6」を発表した。サーバのOSの深部で動作するrootkitの検知や駆除が可能になった。

 Deep Defenderはインテルと共同開発したもので、インテルのCore i3/i5/i7シリーズプロセッサのチップセットに組み込まれた「McAfee DeepSAFE」技術を用い、振る舞い検知機構によってOSのカーネル部やマスターブートレコード(MBR)で動作するrootkitの検知、駆除、感染防止を図る。

mcafee01.jpg McAfee Deep Defenderの動作イメージ

 rootkitは、OSのroot権限を取得してあらゆる領域にアクセスできてしまうプログラムで、最近はサイバー攻撃者がマルウェアの存在をセキュリティソフトから隠す目的で不正利用するケースがほとんど。従来はOSより上のアプリケーション層で動作するものが多く、セキュリティソフトで検知できたが、近年のものはカーネルやMBRで動作するために、従来型のセキュリティソフトでは検知できないとされる。

 最新版ではXeon E3/E5/E7シリーズプロセッサと第4世代Core iシリーズ、Windows Server 2008 R2 SP1(64ビット)、Windows 8に対応。また、BIOSとMBRの整合性監視も可能になり、rootkitがコンピュータの深部のデータを不正に改ざんするなどの脅威を防ぐようにした。

 1ライセンスあたりの税別販売価格は11〜25ライセンスの購入で4070円、1万ライセンス以上の購入で1340円。法人向け統合型エンドポイント製品群「McAfee Complete Endpoint Protection Suite」にも同梱される。

 Deep Defender v1.6は上述の対応環境で動作する物理サーバへの適用を推奨しており、「ファイルサーバなど多くのサーバマシンをrootkitから保護していけるようになる」(プロダクトマーケティング部の松久育紀氏)という。Deep Defenderはインテルの仮想化支援機構「VT-x」を使用しているため、現行版では多数の仮想マシンを稼働させているサーバではパフォーマンス低下などを招く恐れがある。

mcafee02.jpg 日立ではマルチテナントの仮想サーバ環境での検証を実施

 この点について、既に日立製作所がβテストを実施。同社では統合サービスプラットフォーム「BladeSymphony」のBS2000およびBS500サーバと論理分割機構「Virtage」、VT-xの多重化機能を用いて検証し、論理的に分割された各ゲストマシンの環境において、Deep DefenderがゲストOSに侵入したrootkitの検出、駆除に成功したことを確認している。「I/O Intensiveにおいて若干のパフォーマンス低下が確認されており、次期バージョン以降でこの課題を克服し、クラウド環境などへの対応を実現したい」(ITプラットフォーム事業本部開発統括本部の芳野泰成氏)という。

 マカフィー プロダクトマーケティング部のブルース・スネル氏は、カーネルやMBRで動作するrootkitの脅威の一例に、2013年3月に韓国の金融機関やテレビ局で発生したシステム障害事件があると説明。同社が米軍の依頼で調査した結果、この攻撃は韓国内の米軍と韓国の主要機関を狙ったスパイ活動を含むサイバー攻撃で、2009年から継続していることが分かったという。2009年7月に米韓で発生したサービス妨害(DoS)攻撃なども、これに関連するものだと結論付けている。

mcafee03.jpg マカフィーの調査によれば韓国のシステムダウン事件ではrootkitの暗躍が疑われる

 同氏は、「4年半におよぶ攻撃ではサーバが狙われが、従来型のセキュリティ対策ではマルウェアを発見できなかったことになるため、新しい対策のアプローチが必要になるだろう」と述べた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -