ニュース
» 2013年08月02日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:サーバ仮想化とプライベートクラウドの政治学

サーバ仮想化は国内でもかなり普及したといわれる。しかし、サーバを減らしただけで意味はあるのか。アイティメディア ITインダストリー事業部 エグゼクティブエディターの三木泉が、きれいごとでないサーバ仮想化と企業のITインフラの関係を解説する。

[TechTargetジャパン運営事務局,ITmedia]
20130422_27672_290x290_miki.jpg

 過去数年の、サーバ仮想化の国内における導入スピードには目を見張るものがある。だが、業務システム単位、あるいは部署単位で仮想化製品を採用しただけで、この技術のメリットを十分享受できているといえるだろうか?

 

 単純な仮想化の導入でも、サーバ機の台数を減らすことはできる。それで満足してしまっている人が多いようだ。この段階から先に進もうとしない人は、仮想化製品ベンダーが語る「プライベートクラウド」のコンセプトを、うさんくさく、あるいは絵空事のように感じているのかもしれない。

 しかし、きれいごとでなく、単なる仮想化から脱却しなければならない理由がある。アイティメディア株式会社 ITインダストリー事業部 エグゼクティブエディターの三木泉が、これを解説する。

「サーバ仮想化とプライベートクラウドの政治学」をダウンロードする

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -