ニュース
» 2013年08月13日 12時09分 UPDATE

ソフォス、Android向けセキュリティアプリの最新版を公開 個人利用は無償

Sophos Mobile Security 3.0では新たにアプリケーション保護機能やWebセキュリティ機能が追加された。

[ITmedia]
sophos001.gif

 ソフォスは8月13日、Android向けセキュリティアプリの最新版「Sophos Mobile Security 3.0」の提供を開始した。複数端末を集中管理できる企業向け有償版と個人利用の無償版の2種類を展開する。

 最新版ではアプリ起動時にパスワードを設定して第三者による不正利用を防止する「アプリケーションプロテクション」、悪意のあるWebサイトやフィッシング詐欺サイトなどへのアクセスをブロックする「Webプロテクション」機能を搭載。また、マルチコアプロセッサを搭載するスマートフォンでは処理能力を生かしてウイルススキャン速度を高速化している。

  企業向け有償版ではモバイルデバイス管理製品の「Sophos Mobile Control」を利用して、統合管理が行える。100ユーザー時における1ユーザー当たりの利用額は年間1860円(税別)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -