レビュー
» 2013年08月28日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:ユーザー増、OSアップグレード、BCP……全てを解決したデスクトップ仮想化事例

4人のITスタッフで約300台のクライアントPCを管理。高まる運用負荷に加えて、サポート切れが迫ったWindows XPのアップグレードが懸案に。経営からは震災を踏まえてBCPの強化を要請される。解決策は、デスクトップ仮想化だった。

[TechTargetジャパン運営事務局,PR/ITmedia]

 パレットレンタル業大手の日本パレットレンタルは、約300台のクライアントPCをわずか4人のITスタッフで管理していた。さらなるユーザー増による負荷増大が懸念される中、サポート期限が近づいているWindows XPのアップグレードも課題だった。東日本大震災を機に、経営からはBCPの強化を迫られた。全国を飛び回っている営業スタッフにも、社外で使えるデスクトップ環境を提供して業務効率を向上させたい。

 多くの業務課題を抱えた同社はデスクトップ仮想化の導入を決断。複数のベンダーから提案を募り、仮想化ソリューションの選定に入った。導入候補を絞り込み、社内テストも実施。結果、デルが提案した「VMware View」に決定した。本ホワイトペーパーでは、日本パレットレンタルの選定の流れから、システムダウンを最小限にするための試み、プライベートクラウド化への展望までを詳しく紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -