レビュー
» 2013年10月25日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:情シス担当必見! “サクッ”と分かる暗号史

暗号技術の歴史変遷を追うと、安全なWebサイトを維持し続けるために必要な対策が見えてくる。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 インターネットの普及に伴って「暗号」とその技術は重要性がますます高まっている。

 古くは紀元前から使われていたとされる暗号とその技術は、主に軍事・政治など歴史の節目ごとに発展してきた。現代では、インターネットの普及に伴って処理される情報量が飛躍的に増加し、機密性の高い情報も扱うようになってきたことから暗号は日常的に利用されている。

 暗号の歴史は、新しい暗号アルゴリズムの開発とその解読、さらに新しい暗号アルゴリズムが開発されるというサイクルを繰り返して現在に至る。SSL暗号も他の暗号と同様に暗号強度の強化に取り組まなければ、その有効性を継続することはできない。

 本ホワイトペーパーでは「いつか解読される」という暗号の歴史を通して、ウェブサービスで最も多く用いられる暗号技術でもあるSSL暗号の利点を解説するとともに、サイト管理者やシステム開発者が考慮すべき対策について紹介している。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -