レビュー
» 2013年10月09日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:VMware環境において「ビジネス継続性」を強化する方法

ビジネス継続性の確保とディザスタリカバリを実現する方法として、サーバ仮想化の有効活用があげられる。本コンテンツでは、サーバ仮想化の成熟度に応じた重点項目と具体的なアプローチを解説する。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 多くの企業で既にサーバ仮想化の導入が進んでいる。その目的の多くは運用効率の向上とコスト削減効果だが、仮想化をさらに有効活用することで、高いビジネス継続性とディザスタリカバリを実現する「常時稼働(Always-On)」のデータセンター構築が可能だという。

 本ホワイトペーパーでは、サーバ仮想化の成熟度を3段階(基本レベル/発展レベル/高度レベル)にモデル化した上で、各レベルにおいて期待されるメリットや課題、また次のフェーズを見据えて検討すべき重点項目を明らかにする。

 同時に、VMwareをはじめとしたハイパーバイザープラットフォームとストレージインフラを活用して、より高いビジネス継続性を確保するための具体的なアプローチを解説する。

 現時点における自社の仮想化レベル、および次の段階で直面する課題を把握し、適切な計画を立てる事ができるように、本ホワイトペーパーの内容を十分に理解しておくことをお勧めする。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ