レビュー
» 2013年10月21日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:Microsoft環境依存のデータセンター、物理・仮想を問わず運用管理を一元化するには

ITインフラの安定性を最大限に高め、リスクを最小限に抑えたい。Microsoft System Centerコンソールで、Microsoftアプリケーションと物理/仮想サーバを一元的に管理する方法がある。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 データセンターにおける安定性や柔軟性の確保と運用管理の効率化、そしてコスト削減は、あらゆるIT部門にとっての永遠のテーマといえる。「HP Insight Control for Microsoft System Center」は、サーバ、PC、ストレージ、ネットワーク装置、およびソフトウェアを含む物理IT環境と仮想IT環境の管理を統一する完全に統合された製品だ。マイクロソフトの提供する管理プラットフォーム「Microsoft System Center」にHPの拡張機能を統合し、Microsoft System Center環境にHP製ハードウェアの管理機能をネイティブに提供する。

 本コンテンツでは、HP Insight Control for Microsoft System Centerの拡張機能を統合することにより、Microsoft System Centerコンソールで、Microsoftのアプリケーションと、HP ProLiantコンポーネントおよびHP BladeSystemコンポーネントをシームレスに管理できるようにする方法と、その効率性について解説している。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ