レビュー
» 2013年11月08日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:使い慣れたExcelをそのまま使用。営業現場の効率を落とさず、バックオフィス業務を自動化できた仕組みとは

サービスの多様化を受けて、受注受付業務の自動化に乗り出したNTTコミュニケーションズ。だが現場が使い慣れたExcelを新システムに変えてしまうと、現場の作業効率が阻害されてしまう。そこで選んだのが、Excelを使いながらバックオフィス業務を自動化する“新たな仕組み”だった。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 ネットワークサービスメニューの増加、多様化を受けて、受注受付業務の自動化に乗り出したNTTコミュニケーションズ。かつてはバックオフィスへFAXで送付した申込書を担当者がチェックし、各サービスシステムに必要な情報を入力していた。この申込書をExcelで作成し、Excelファイルのままバックオフィスに送信するよう改善したのだが、データのチェック作業や、各サービスシステムへの転記作業は依然として残っていた。

 そこで今回、バックオフィス業務を自動化するオンラインシステム化を考えたのだが、営業スタッフはExcelを使った申込書作成に慣れ切っている。いたずらに新システムに変えてしまえば、申込書作成の効率が阻害されてしまうことは明らかだった。

 「やはりExcelを使えることはシステム要件としてゆずれない」――こう判断した同社はExcelを使いながらバックオフィス業務を自動化できるシステムの構築に乗り出した。受注データの入力フォーマットは1000種類以上にも及び、データチェックやフォーマット管理は煩雑を極める。営業の現場業務を一切変更することなくバックオフィス業務を自動化するために、同社ははたしてどのような仕組みを選択したのだろうか?

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -