ニュース
» 2013年11月13日 20時14分 UPDATE

マイクロソフトとAgoop、ビッグデータ分析で流動人口を可視化する新サービス

マイクロソフトとAgoopは、スマートフォンの位置情報を基に流動人口データを抽出して提供する法人向けサービスを始める。

[ITmedia]

 日本マイクロソフトとデータ解析ベンダーのAgoopは11月13日、スマートフォンアプリで収集した人々の位置情報から流動人口データを抽出し、マイクロソフトのクラウド経由で提供する法人向けサービスを提供すると発表した。

 新サービスはAgoopのスマートフォン向けチェッカーアプリを活用し、人々の位置情報を個人情報を含まない形で収集。このデータをMicrosoft SQL Serverのデータマイニングエンジンで分析し、特定地点における流動人口を算出するという仕組みだ。人々のプロファイル情報(年齢、性別、住所など)を使わないため、高いレベルのプライバシー保護とデータの正確さを両立するという。

 企業や自治体などは新サービスの活用で、エリアごとの流動人口を区画や通りといった細かい単位で把握できる。これにより、自治体の都市計画や店舗の出店計画、観光地での動的な人口情報の把握などに役立つとしている。

 Agoopと日本マイクロソフトは、ビッグデータ活用を検討している顧客企業に対して新サービスを共同提案し、システムの構築からデータ活用までを支援する。料金は月額80万円からで、初年度は100社導入を見込む。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -