レビュー
» 2013年11月26日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:BYODを危険にしない「3つの戦略」「4種のツール」

私物端末の業務利用(BYOD)の大きな課題となるのが、セキュリティ対策だ。BYODセキュリティに必要な3つの戦略と、その戦略を具現化するのに役立つ4種のツールを紹介する。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 IT環境のセキュリティ対策は、管理者がネットワークにあるハードウェアについて完全な権限を持っている場合であっても難しいものだ。ましてや私物端末の業務利用(BYOD)では、セキュリティ対策は一層困難になるだろう。

 私物端末を経由して、LANにある端末がマルウェアに感染するかもしれない。社外秘情報が私物スマートフォンにダウンロードされ、その端末を紛失したり盗まれたりする可能性もある。

 私物端末を使って重要情報やアプリケーションにアクセスすることを従業員に認める場合、組織はBYODのセキュリティ戦略を確立し、適切なツールを利用する必要がある。BYODを採用している職場で情報セキュリティを管理し、規制順守を維持するための戦略とツールを紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -