ニュース
» 2013年12月13日 16時06分 UPDATE

2012年の外付型ディスクストレージ市場、直販は6.4%減に――IDC

IDC Japanによると、2012年の国内外付型ディスクストレージシステム市場は、直接販売が前年比6.4%減、間接販売は前年比9.2%増となったという。

[ITmedia]

 IDC Japanは12月13日、2013年版の国内ストレージチャネル調査の結果を発表した。これによると、2012年の国内外付型ディスクストレージシステム市場は、直接販売の売上額が前年比6.4%減と落ち込む一方で、間接販売の売上額は同9.2%増加した。

 直接販売の落ち込みは、2011年の大型案件の反動のほか、メインフレームの落ち込みなどが影響している。一方、間接販売の成長は、仮想化環境(サーバ仮想化、デスクトップ仮想化)におけるチャネルパートナーのビジネスの拡大や、間接販売志向を強めているディスクストレージシステムベンダーのシェア拡大などが影響した。

 2011〜2012年に間接販売市場でのベンダーシェアは大きく変動した。シェアを伸ばしたベンダーに共通するのは、「仮想化環境におけるエコシステムの構築」「ストレージニーズの多様化への対応」「チャネルパートナー重視の明確化」「サービスプロバイダー市場での需要獲得」などを積極的に進めたことが挙げられるという。

 またIDCで、チャネルパートナーにディスクストレージシステムベンダーに対する満足度と評価も聞いた。満足度調査で「総合満足度」「製品/ソリューション競争力」「パートナー契約/パートナープログラム」「販売/顧客開拓サポート」「情報提供/教育」「保守サポート」の5項目を尋ねたところ、最も満足度が高いのは「製品/ソリューション競争力」だった。

idc1213.gif 国内外付型ディスクストレージシステムのチャネル別売上額、2010年〜2012年 出典:IDC Japan

 これは、2011〜2012年にストレージ新製品が出そろい、チャネルパートナーが販売経験を積んだ後で、「製品/ソリューション競争力」への評価が安定化してきたためと考えられる。一方、ベンダーに対する「総合満足度」への影響では「販売/顧客開拓サポート」がトップだった。前年調査では「製品/ソリューション競争力」がトップだったが、チャネルパートナーがストレージビジネスを成長させるために、販売/顧客開拓の活動におけるベンダーとの協業をより強く求めるようになったためとみられている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ