レビュー
» 2013年12月18日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:全社員が使えるBIツールとは何かを突き詰めたら、ポイントはここにあった

「BIツールを導入したが、一部の人しか使えない」「現場のユーザーが本当に必要な機能とは何だろう?」「Excelに依存して結局は情報入手が属人化してしまう」など、BIツールに関する悩みは尽きないものだ。BIツール25年の実績があるUISが出した解決策がここにある。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 ユニチカ情報システム株式会社は繊維メーカーであるユニチカ株式会社の情報システム部門が独立した企業である。25年前の独立時に社内システムとして開発したBIツールをパッケージ化し外販を開始した。そのツールは導入社数350社以上を誇るロングセラーの製品となっている。

 その営業活動の中で同社は数々のユーザーの悩みを聞いた。BIツールに興味があるという企業は非常に多い。実際に導入している企業もある。しかし、思ったように展開できないという声も多い。どうすれば全社員が使えるBIツールとなるのだろうか?

 同社が出した結論は「使いこなせるユーザー=パワーユーザー」の知恵を展開できないかということだ。現場のユーザーは「こんな情報がほしい」という最終形のイメージは持っている。しかしその情報を入手するにはどのDBからどんな抽出条件や加工を施し帳票やグラフとするのか、パワーユーザーにしか出来ないことも多い。そこでそのパワーユーザーのナレッジ(ノウハウ)を「ナレッジDB」に蓄えられる仕組みを作り、それを簡単に利用できるようなBIツールを開発したのである。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -