レビュー
» 2013年12月24日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:ビッグデータ時代のRDBMS高速化技術、導入前の「検証」の重要性

ビッグデータに対応するためにRDBMS高速化技術は進化を遂げている。しかし、RDBMS高速化技術には一長一短があり、処理内容、データサイズ、性能要件に基づいた製品評価が必要だ。

[TechTargetジャパン運営事務局]

 コンサルティングファーム、調査会社、ITベンダーなどがさまざまなメッセージを打ち出している「ビッグデータ」。ビッグデータ対応のテクノロジーとしては、Hadoopやストリーミングが取りざたされる場合が多いが、開発コストをはじめ、セキュリティおよび可用性の確保などの面では、まだ課題が存在している。

 一方で、RDBMS分野での高速化技術も進化しているため、既存のRDBMSをうまく活用して、情報活用できる余地は多々ある。しかし、RDBMS高速化技術には一長一短があり、処理内容、データサイズ、性能要件に基づいた製品評価が必要だ。そこでこの資料では、CPU高性能化、高速化ディスク、圧縮技術、インメモリRDBMS、MPP型RDB、アプライアンスといったデータベース高速化技術のメリットと注意点をまとめるとともに、既存のRDBMS環境を移行検討するための検証サービスを紹介している。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -