ニュース
» 2014年01月16日 12時08分 UPDATE

ネットアップ、ストレージのレンタルサービスを開始

専任部門を新設し、ストレージ製品のレンタル/リース プログラムを始めた。

[ITmedia]

 ネットアップは1月16日、同社製ストレージなどのレンタル/リース プログラムの提供を開始した。同事業のための専門部署「NetApp Capital Solutions」も新設した。

 同サービスでは(1)新システムへの移行までの期間や急なシステム導入をサポートする「支払い据え置きプログラム」、基本容量の使用料金と超過容量に応じた従量課金の「Storage On Demandプログラム」、(3)既存のストレージ資産を下取りする「既存資産下取り プログラム」、異機種ストレージ環境のコスト面の改善点を助言する「アセット アセスメント プログラム」――の4メニューを提供する。

 同サービスを顧客が利用することで設備投資や運用コストの最適化、コスト削減が可能になり、常に最新のITインフラ環境を利用できるようになるという。

関連キーワード

NetApp | ストレージ | レンタル | リース


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ