レビュー
» 2014年01月22日 15時00分 公開

データを「価値ある情報」に変えるデータ活用基盤、構築のポイント

データはデータのままでは意味がない。必要なデータを掛け合わせ、意思決定者のニーズに応じて求める「情報」に加工する、一連の情報処理プロセスを考えることがデータ活用のポイントとなる。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 昨今、ビッグデータが業界のキーワードとなっている。データ活用というとHadoopやインメモリデータベースなど、テクノロジ面ばかりが注目される風潮があるが、データ活用の鉄則は今も昔も変わらない。社内に散在しているデータを効率良く収集、蓄積し、必要に応じて柔軟に検索・集計することでデータを意味のある「情報」に変える、一連の情報処理プロセスを考えることが重要なのだ。

 そのためには「どのデータを、どのように使えば意思決定に貢献できるのか」を自社で考えることが不可欠となる。また、最終的な意思決定者がどのような情報を求めているのかを把握することも大前提となる。現在、多くの企業が基幹業務系のデータを収益につなげたいという強いニーズを持っているが、そのためには分析基盤を整備する以前に、以上のような“鉄則”を踏まえておくことが重要なのだ。

 当ホワイトペーパーでは、今あるデータを自社の発展につなげられるデータ活用基盤の構築法について、具体的な事例も含めて複数の視点を提供する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -