レビュー
» 2014年02月04日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:中堅・中小企業のIT投資に4年ぶりの劇的変化──仮想化とクラウド導入加速の流れ

米調査会社ESGの調査によると、IT投資を評価する際の考慮事項で「コスト削減」が4年ぶりにトップから外れた。中堅・中小企業がIT投資を最大限活用するためのキーワードは、「仮想化」と「クラウド」だ。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

中堅・中小企業のIT投資は、少ない予算、IT担当者のスキルの限界、既存のプロセス上の制限などの理由により、現在のリソースを使用した当面の対応に取り組まなくてはならないことが多い。このような事情により、中堅・中小企業ではITの提供方法を改善するのに役立つ仮想化、デスクトップデリバリー、およびクラウドへの対処が後手に回ってしまう。

 しかし、米調査会社Enterprise Strategy Group(ESG)の調査では、この状況に明確な変化が確認された。ESGのリポート『2012 IT Spending Intentions Survey』では、従業員数100〜999人の中堅企業が自社のIT投資を評価する際の考慮事項で、4年ぶりに「コスト削減」がトップにランキングされず、「ビジネスプロセスの改善」「ROI/投資回収の早さ」「セキュリティやリスク管理の向上」といった項目が上位に挙げられたのだ。

 このホワイトペーパーでは、ESGの調査とユーザー企業へのインタビューを基に、中堅・中小企業が限られた予算とスタッフを最適に使用し、IT投資を最大限に活用するための要素を考察している。中堅・中小企業が技術的障壁を取り払い、ビジネスでより大きな成功を収めるチャンスは、「仮想化」と「クラウド」の利用に秘められている。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -