ニュース
» 2014年02月04日 14時52分 UPDATE

Pivotalジャパン、ビッグデータ処理基盤の新製品 処理性能を数百倍に

Pivotalジャパンは、Hadoopディストリビューション「Pivotal HD Enterprise」と、Pivotal HD上で高速なSQL処理を行う「HAWQ」を発売した。

[ITmedia]

 Pivotalジャパンは2月4日、Hadoopディストリビューション「Pivotal HD Enterprise」(以下、Pivotal HD)と、Pivotal HD上で高速なSQL処理を行うデータベース(DB)エンジン「HAWQ」(ホーク)を発売した。

 Pivotal HDは、オープンソースのApache Hadoop 2.0をベースに、Hadoopシステムの構成を一元管理/監視するWebツール「Pivotal Command Center」と、仮想化基盤上のHadoopシステムの性能や可用性を最適化するHVE(Hadoop Virtualization Extensions)を追加したもの。これにより、企業におけるHadoopシステムの活用を支援するという。

 HAWQは、Pivotal HD上で稼働する高速なDBエンジン。同社が超高速並列処理データベース製品「Pivotal Greenplum Database」の提供で得たノウハウにより、Hadoopで広く利用されているクエリインタフェース「Hive」と比べて数十〜数百倍の処理性能を実現するという。また標準SQLに完全準拠するため、ユーザーは既存のBI(ビジネスインテリジェンス)やBA(ビジネスアナリティクス)などの分析アプリケーションを生かしてHadoop上のビッグデータ処理を行えるとしている。

 参考価格はPivotal HDが年額27万2550円、HAWQが年額74万9100円(いずれも販売形態をサブスクリプションとした場合での1ノード当たりの税別価格)。

 Pivotalジャパンは同日、これら2製品をターゲティング広告配信サービス企業のマイクロアドが導入したことも発表した。同社は分析処理スピードを従来比で約20倍に高速化できたという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -