ニュース
» 2014年03月05日 16時01分 UPDATE

企業内ストレージとAmazon S3の連携サービス、日立ソリューションズが提供

日立ソリューションズは、企業内のストレージとAmazon S3を連携させるストレージクラウドサービス「活文 Hybrid Storage Manager」を提供する。

[ITmedia]

 日立ソリューションズは3月5日、企業が保有するストレージとAmazon Simple Storage Service(Amazon S3)を連携させるストレージクラウドサービス「活文 Hybrid Storage Manager」を4月25日から提供すると発表した。

 活文 Hybrid Storage Managerは、企業内のストレージから利用頻度の低いファイルを自動選別して暗号化した後、Amazon S3に自動で移動するサービス。これによりユーザーは、システム内のストレージの増設を抑え、増設に伴うアンチウイルスソフトやバックアップソフトの導入コストやメンテナンスなどのトータル運用コストを低減できるとしている。

photo 新サービスの概要

 利用頻度の低いファイルの自動判別には、日立ソリューションズが蓄積してきたファイル管理のノウハウに基づく複数のポリシーを活用。またAmazon S3へのファイル移動後も「仮想ビューワー」と呼ぶ仕組みにより、従来通り企業内のストレージにあるかのように管理できるという。なお、同サービスの暗号化機能には、日立ソリューションズの情報漏えい防止ソリューション「秘文」を利用している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ