ニュース
» 2014年03月06日 16時02分 UPDATE

Lenovoへのx86サーバ事業売却でどうなる?:「売却後も顧客のx86サーバはIBMがサポートする」 日本IBM・イェッター社長

今年1月にx86サーバ事業の売却を発表したIBM。Lenovoに事業を譲渡した後も、引き続きシステムのサポート業務を行うようだ。

[伏見学,ITmedia]

 日本IBMは3月6日、記者およびアナリストに向けてx86サーバ事業に関する説明会を開催した。既に同事業は今年1月に中Lenovoへの売却を発表している。日本IBMのマーティン・イェッター社長は「今回の売却は、2005年のPC事業譲渡から続いていた両社の戦略的パートナーシップの拡充だ」と繰り返すとともに、サービスとシステム保守は今後もIBMが行っていくと強調した。

日本IBMのマーティン・イェッター社長 日本IBMのマーティン・イェッター社長

 IBMが具体的に売却するのは、x86サーバ「System x」、ブレードサーバ「BladeCenter」および「Flex System」、x86ベースの垂直統合型システム「Pure Flex System」、高密度サーバ「NextScale System」「iDataPlex」、関連するスイッチ製品群とソリューション、システムソフトウェアの一部といった製品のほか、x86にかかわる開発、営業、マーケティング、財務、法務、サプライチェーン、オペレーション、IT、製造、サービス、サポートなどの組織である。米IBMのx86/Pure Systems Slutions部門でゼネラルマネジャーを務め、今後はLenovoでx86サーバ事業を統括することになるアダリオ・サンチェス氏は、「事業のポートフォリオだけでなく、x86サーバに関するビジネスすべてを売却するという理解で間違いない」と述べる。

米IBM x86/Pure Systems Slutions部門 ゼネラルマネジャーのアダリオ・サンチェス氏 米IBM x86/Pure Systems Slutions部門 ゼネラルマネジャーのアダリオ・サンチェス氏

 ただし、システムのサポート業務はこれまでと同様にIBMが引き受ける。期間は5年間で、その上に1年間の保証を設ける。「顧客にとってサポート体制が変わることはない。サービスレベルもそのままだ」とイェッター氏は力を込める。

 IBMとLenovoのパートナー関係は、2005年にノートPC「ThinkPad」を中心としたPC事業の売却から始まっており、長年にわたって相乗効果を生み出しているとイェッター氏。サンチェス氏も「互いの技術革新におけるノウハウを融合して、さらに顧客へ価値を提供していきたい」と意気込んだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -