ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「IBM PureFlex System」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「IBM PureFlex System」に関する情報が集まったページです。

Computer Weekly製品ガイド
コンバージドインフラのメリットを引き出す
エンタープライズITの要素を組み合わせれば、運用上、コスト上のメリットを引き出せる。だが、リスクのバランス調整や導入には慎重さも必要だ。(2017/3/31)

ホワイトペーパー:
専門家の知見を実装してシステム導入・運用を簡素化、企業IT導入の新しい姿
専門家の知見、経験を“パターン”としてシステムに実装することで、これまで専門要員が行っていた高度で煩雑なシステム構築作業を、簡単な操作で実施可能にした「IBM PureSystems」。その全貌に迫る。(2014/10/24)

Lenovoへのx86サーバ事業売却でどうなる?:
「売却後も顧客のx86サーバはIBMがサポートする」 日本IBM・イェッター社長
今年1月にx86サーバ事業の売却を発表したIBM。Lenovoに事業を譲渡した後も、引き続きシステムのサポート業務を行うようだ。(2014/3/6)

ホワイトペーパー:
SAPユーザー6社が平均54%ものSAP運用コストを削減したIaaS基盤の実力
変化への柔軟な対応と運用コストの削減に悩まされてきたSAPユーザー。この課題解決のためにはSAP環境を支えるサーバ、ストレージ、ネットワークといったインフラを根本から変革する必要がある。(2013/12/6)

日本IBM、フロントエンド向け保守サービスを新設
「IBM機械保守サービス」のメニューを拡充し、定期点検やファームウェア対応を加えた「ベーシック・セレクション」を2014年1月から提供する。(2013/12/2)

ホワイトペーパー:
増え続ける仮想サーバと運用コスト。仮想環境の運用管理自動化は可能か?
ITに携わる全ての人にとっての課題である「運用管理コストの削減」。特に仮想化が一般化した今、企業のデータセンター環境は一層複雑化している。仮想環境の運用管理をもし自動化できれば、コストは劇的に削減できる。(2013/11/29)

日本IBMがシステム製品群を大幅強化、クラウドやビッグデータ基盤の構築に焦点
ビッグデータやソーシャル、モバイルなどのワークロードを最大限に活用するための新たなサーバやストレージ製品を多数ラインアップに加えた。(2013/10/9)

IBM iをクラウド上で利用できる新サービス、IIJグローバルが提供
IIJグローバルソリューションズは、「IIJ GIOサービス」のラインアップに「IIJ GIO Power-iサービス」を新たに追加した。9月24日から提供する。(2013/8/19)

日本IBM、Flex Systemを強化するハードとソフトを一斉発売
「IBM i」のライセンス体系も利用可能なコンピュータノードやネットワーク、管理ソフトウェアを提供する。(2013/8/7)

PR:VDIにIBM Flex Systemが最適な理由(ワケ)――推奨アーキテクチャーにより迅速な展開を実現
クライアントPCの更改やWindows XP、Windows Server 2003のサポート終了などに合わせ、仮想デスクトップ基盤(VDI、Virtual Desktop Infrastructure)を導入する企業が急増している。選択肢が多い中、特にパフォーマンスに優れ、かつ迅速なシステム展開を実現する日本IBMのFlex SystemによるVDIソリューションが注目を集めている。(2013/6/28)

オーアイエスコム、クラウドサービス基盤にPureFlex Systemを採用
オーアイエスコムは、新クラウドサービスのシステム基盤の構築にあたり、日本IBMの統合型システム「IBM PureFlex System」などを採用した。(2013/5/31)

PaaSはロックインが常識? TOSCA標準で実現近づくクラウドの相互運用性
企業にとってクラウドの本命は「PaaS」。相互運用性がないことから採用に踏み切れない企業が多いが、OASIS TOSCA標準仕様のリリースによって「PaaSはロックイン」という常識は早晩過去のものになりそうだ。(2013/5/14)

各社自慢の統合インフラを徹底比較(後編)
統合プラットフォーム製品ベンダー“ビッグスリー”の強みと弱み
ITインフラをシンプルにし運用管理を効率化するとして企業の注目を集めている統合プラットフォーム製品。Cisco、VCE、NetAppの製品を紹介した前編に続き、後編ではDell、IBM、Hewlett-Packardの製品を紹介する。(2013/5/10)

東建コーポレーション、運用コスト半減に向けてシステム基盤を統合
システムの運用管理コストの50%削減を目的に、x86サーバと「IBM System i」の基盤統合に向けた準備を進めている。(2013/4/22)

インフラ基盤を作り込む時代は終わった
情報システムは分散から再び垂直統合にトレンドが移りつつある。その急先鋒の1社、IBMが語る垂直統合システムの利点とは――。(2013/3/14)

Database Watch(2013年2月版):
PureData3兄弟、誰が誰の子?/SQL2016策定の動向は? 芝野先生に聞いた
いろいろ出てきたPureSystems製品群のうち、PureDataラインアップの特徴を整理しよう。後半はSQL標準策定の動向を識者に突撃取材。(2013/2/26)

デスクトップ仮想化とMSP支援を強化:
PureSystemsで新ソリューション、日本IBM
日本IBMは2月22日、インフラ製品「IBM PureFlex Systems」「IBM Flex System」で、デスクトップ仮想化とマネージドサービスプロバイダ(MSP)向けのソリューションを発表した。また、他社製品との接続のサポートについても強調した。(2013/2/25)

デスクトップクラウド環境構築のためのアーキテクチャを発表 日本IBM
PureFlex SystemやFlex Systemを基盤にしてデスクトップクラウド環境を実現するアーキテクチャを日本IBMが発表した。(2013/2/22)

PureSystemsが生まれたワケ:
第3回 新たなパラダイムを生むPureApplication System、パターンで企業の情報システムを変革
続々と新たなモデルが追加されるPureSystemsファミリー、それはハイブリッド化されたzEnterpriseメインフレームと同じ思想で開発され、オープン系分散型システムの混沌を解決しようと生み出された。短期連載の最後は、パターンで情報システムを劇的に変えるPureApplication Systemを中心に見ていこう。(2013/2/15)

中規模企業も視野に 日本IBMがPureSystemsの新モデルを発表
日本IBMは、アプリケーションプラットフォームやデータアプライアンスなどから成るシステム統合基盤シリーズ「PureSystems」に新たな製品ラインアップを追加した。(2013/2/14)

PureSystemsが生まれたワケ:
第2回 メインフレーム譲りの包容力と仮想化のベストプラクティスが自慢のPureSystems
PureSystemsが生まれた背景を探る短期連載の第2回は、「Fabric-based Architecture」を採り入れ、zEnterprise譲りの包容力と仮想化環境のベストプラクティスが盛り込まれたIaaS基盤の「PureFlex System」を中心に見ていこう。(2012/12/25)

統合基盤「PureSystems」に管理ソフトなどを追加 日本IBM
日本IBMは、統合システム基盤「IBM PureSystems」の中核を成すハードウェア「IBM Flex System」に新たなコンポーネントを搭載した。(2012/11/14)

運用管理の負荷増と情シスのスキル低下が背景
【市場動向】“ハード/ソフト統合システム”に、ユーザー企業の期待大
システム導入・運用管理を効率化できるとして、ハードウェアとソフトウェアを統合した垂直統合型製品が注目を集めている。IDCジャパンの福冨里志氏の話を基に、その市場動向とユーザーの期待を俯瞰した。(2012/11/1)

PureSystemsが導く最適解:
PR:VMware vSphereとの連携で大規模な仮想化プラットフォームを実現
システムプラットフォームの観点から見た「IBM PureSystems」は、仮想化を強く意識した製品だ。その仮想環境における自動化・自律化を実現するために、PureSystemsではVMware vSphereの多くの機能が有効活用できる。(2012/10/22)

“第3のPureSystems”――日本IBM、ビッグデータ処理向け「PureData System」発売
日本IBMがデータ処理製品群「IBM PureData System」の3機種を発売した。同社が提唱する「エキスパート・インテグレーテッド・システム」構想に基づきハードウェアとソフトウェアを高度に統合したことで、ビッグデータの処理を高速化するという。(2012/10/10)

PureSystemsファミリーのデータ分析アプライアンス:
ビッグデータ処理に特化した「IBM PureData System」
日本アイ・ビー・エムは、ビッグデータ処理・分析に特化した新製品群を発表した。SIコストが掛からない「パターン」による早期立ち上げが強みだ(2012/10/10)

IBM InterConnect 2012 Report:
新興国の時代? ビッグデータに最適化されたPureData Systemがアジアから世界デビュー
IBMは10月9日、シンガポールで開催中の「InterConnect 2012」カンファレンスでPureSystemsファミリーの新製品「PureData System」を披露した。新たなテクノロジーの活用は、意外にも新興国が長けているのかもしれない。(2012/10/10)

専門家の知見を組み込んで自動化を推進:
PR:「パターン」が支えるPureSystemsの運用管理
連載第1回で紹介した通り、IBM PureSystemsの特徴の1つが「パターン」だ。パターンとは、ITを容易かつ即座に利用するための知見を集約、応用したものであり、システム構築だけでなく運用管理の課題解決にも効果が期待できるという。(2012/10/9)

コンピューティングの新時代へ:
PR:最先端のハードウェア技術を注ぎ込んだ「IBM Flex System」
IBMが2012年4月に発売した新しいコンピューティングシステム「IBM PureSystems」を構成するハードウェアコンポーネントが「IBM Flex System」だ。新アーキテクチャのブレードサーバを中心とする新製品は、高性能かつ高信頼性を実現し、管理負荷を軽減する機能が満載だという。(2012/9/24)

コンピューティングの新時代へ:
PR:「IBM PureSystems」に実装された“知見”とは
IBMは2012年4月、業界初の新しいコンピューティング・システム「エキスパート・インテグレーテッド・システム」を発表した。その第1弾製品として投入されたのが、サーバ、ストレージ、ネットワーク、仮想化、管理機能を統合した「IBM PureSystems」だ。(2012/9/7)

PR:IBM PureSystemsへの対応を加速するISV
4月にIBMが世界で同時に発表した「IBM PureSystems」は、エキスパートの知見を活用することで、ITライフサイクル全体のさまざまな作業負荷を軽減、TCOの削減を可能にする。システムに最適化されたソリューションとして、IBM製品に加え、グローバルで100社以上のISV製品が利用可能だ。日本でいち早く対応した4社のISVからの声をそのソリューションとともに紹介する。(2012/6/29)

PR:PureSystemsはビッグデータ時代に不可欠なITインフラとなるか?
従来では思いもよらない企業経営の武器を手に入れる手段として、多くの企業が注目するビッグデータ。もっとも、ビッグデータの価値を最大限に引き出すためにはシステム環境の見直しが不可欠だ。IBMはその実現に向け、ビッグデータ時代に対応した新たなシステムのビジョンとして「Smarter Computing」を掲げる。このビジョンを具現化する初の製品が「IBM PureSystems」である。(2012/5/17)

Smarter Computingの実現に向けた現実解とは:
PR:企業ITの新たな地平を切り開くPureSystems
企業活動におけるITの重要性がさらに高まる中で、多くの企業がシステム整備や運用にまつわる課題に頭を抱えている。これらのコストをいかに削減すべきか――。その1つの“解”としてIBMが2012年4月に全世界で同時に発表したのが、コンピューティングシステムの新分野と呼ぶ「エキスパート・インテグレーテッド・システム」だ。(2012/5/8)

知見を結集してクラウド構築を効率化:
IBMが全世界で同時発表した「PureSystems」とは何か
「歴史的な新しいITのカテゴリ」と語るシステム製品をIBMが打ち出した。(2012/4/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。