レビュー
» 2014年04月02日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:仮想化成熟度、あなたの会社はどの位置に? ROI 222%達成のために必要なこと

仮想化の成熟度を3段階に分けて解説。予算不足や長期戦略の欠如、スキル不足といった理由から仮想化の移行において行き詰まりを感じてしまっている企業のために、解決方法を示す。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 多くの企業がITの変革に取り組んでいるが、その進行度合いは仮想化やプライベート クラウドテクノロジーへの投資を続ける組織や、いきなりパブリッククラウドを導入する組織など、組織のビジネスモデルやビジネス目標に応じて異なる。しかし、予算不足や、長期的な戦略の欠如、または次の段階に進むための技術的な専門知識が単に不足しているなどといった理由から、仮想化への移行に行き詰まりを感じている企業も少なくない。

 このホワイトペーパーでは、仮想化の成熟度を3つの段階に分けて解説するとともに、各段階で企業が得ているメリット、抱えている課題などをまとめている。第3段階への移行を実現している企業は、何と投資対効果(ROI)222%を実現している。しかしヴイエムウェアの調査が顧客企業を対象に実施した調査によると、回答企業の大多数が第1段階(29%)または第2段階(45%)にいることが分かった。第3段階とはどのような状態を指すのか? そして仮想化のメリットを最大限得るために企業が越えなければならない壁とは?

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -