ニュース
» 2014年04月21日 15時02分 UPDATE

2018年のパブリッククラウドサービス市場は2013年の3倍に

IDC Japanは、2013年の国内パブリッククラウドサービス市場規模が前年比37.4%増の1302億円と発表。2018年は2013年比で3倍になると予測する。

[ITmedia]

 IDC Japanは4月21日、国内パブリッククラウドサービス市場予測を発表した。これによると、2013年の国内パブリッククラウドサービス市場規模は前年比37.4%増の1302億となった。また、2018年の同市場規模は2013年比3倍の3850億円になると予測している。

 IDC Japanによると、2013年に入って企業はIT導入時にクラウド(パブリッククラウドまたはプライベートクラウド)をシステム構築の際の第一の選択肢として検討するようになったという。また、2012年までは各種クラウドを新規システムに活用することが多かったものの、2013年からはパブリッククラウドを既存のシステム領域に活用する動きが広まっている。

 同社は、この変化がパブリッククラウドサービス、仮想化を含めた従来型のIT製品/サービスの直接的な競合状況を引き起こしているとみている。この競合状態により、今後の市場は多様化/細分化が進み、拡大していくという。「多様化/細分化しながら拡大する市場の中で、サービスベンダーは売上原価と販売管理費の効率化が困難になる」と同社では予測。収益モデルの見直しを進めるべきとしている。

idc0421.gif 国内パブリッククラウドサービス市場 セグメント別 売上額予測、2013年〜2018年(出典:IDC Japan)

関連キーワード

IDC | パブリッククラウド | 市場規模


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -