レビュー
» 2014年04月23日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:クラウドを活用したビジネス回復力を得るための体系的アプローチ

少ない予算下でビジネス回復力を向上するには、クラウド導入が効果的だ。クラウド移行の成功のカギは計画策定から設計、導入、評価を段階的に行うアプローチにある。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 多くの企業がITサービスの中断によるシステム障害やデータ損失リスクを、低コストかつ最小限の影響に抑える効果的な方法を模索している。そのリスク軽減に、バックアップ、リカバリといった災害復旧・事業継続ソリューションのクラウド環境への移行は、「ビジネス回復力」の向上に大きな効果を発揮する。リカバリタイムの大幅短縮、従量制の料金設定によるコスト削減、拡張性・柔軟性の向上などメリットは大きい。

 だが、クラウド活用を成功に導くには、自社に適したソリューションの選択が重要だ。社内管理なのか、サービスとしてのビジネス回復なのか、または両方の組み合わせなのか、自社のニーズを見極めなければならない。その上で、戦略、設計、移行、転換の4つのフェーズを踏まえた計画的なアプローチが必要となる。本項では、企業が直面しているビジネス回復力の課題を検討し、対処法を紹介。クラウドを活用する際に必要となる段階的なアプローチを具体的に提示する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -