レビュー
» 2014年05月01日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:データ漏えい/侵害グローバル調査報告書 2013年度版

前年度版は全世界で400万ダウンロードを記録した「データ漏えい/侵害調査報告書」の最新版エグゼクティブサマリーを公開。世界各国で発生したデータ侵害事犯の傾向や被害企業にみられる共通事象を分析し、企業がいかにデータ侵害対策と向き合っていくべきかを考察する。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 あなたが勤務している企業・組織で、2013年にセキュリティ侵害の被害はなかっただろうか? ハッカーがデータにアクセスするときに使う手法は多数あり、また世界中のどこでも攻撃でき、種類も増え機能も向上している。

 このホワイトペーパーは、世界各国合計19のセキュリティ機関の協力を得て、4万7000件以上のセキュリティインシデント、621件の実際に起こった漏えい・侵害事例の実データを基に分析されたデータ漏えい・侵害報告書のエグゼクティブサマリーである。データセキュリティについてよくある3つの「思い込み」をチェックし、また、ベライゾンが収集したデータを使って実在のリスクにスポットを当てる。

 企業・組織にとって、その規模を問わず、大きな脅威である国家スパイ活動関連のデータ漏えい/侵害を見ていくことで、どのようにして攻撃が実行され、どのようして防御すればいいかを検討している。本書は、データセキュリティに関して確かなデータに基づいて意思決定を行う場合に有効であるとともに、金銭的損失と社会的評判の低下を軽減する上でも役に立つだろう。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -