ニュース
» 2014年05月12日 13時13分 UPDATE

2014年1Qのデータ漏えいは1時間あたり9万3000件

米SafeNetによれば、2014年第1四半期に世界中で発覚したデータ漏えい事件は254件あり、2億件以上のデータが紛失や盗難に遭っていた。

[ITmedia]

 セキュリティ企業の米SafeNetは5月12日、2014年第1四半期(1〜3月)に発生したデータ侵害事件に関する分析結果を発表した。紛失や盗難に遭ったデータは前年同期比233%増の2億件近くに達し、1時間あたり約9万3000件のデータが流出していることが分かった。

 同社は期間中に公表された254件のデータ漏えい事件を分析。情報漏えい事件は1日あたり3件発生し、同220万件のデータが流出しているとした。暗号化などでデータが守られていたのは事件全体の1%だったという。

 原因別でみると、内部不正は事件全体の11%に過ぎないが、漏えいデータの全体52%を占め、1つの事件あたりでは大規模被害につながることが分かった。外部からの不正侵入は事件全体の62%を占める一方、漏えいデータ全体に占める割合は43%だった。

 なお、大規模事件の上位5件のうち4件を韓国が占め、漏えいデータ数でも世界全体の79%(1億5800万件)を占めた。アジア太平洋地域での事件数は世界全体の7%にとどまり、北米が78%を占めた。

関連キーワード

情報漏洩 | 紛失 | 盗難 | 不正アクセス | 情報流出


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ