ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「紛失」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「紛失」に関する情報が集まったページです。

2020年は2515万人分の個人情報が流出 原因の多くは「ウイルス感染・不正アクセス」
2020年、個人情報の漏えい・紛失事故を公表した上場企業とその子会社は88社、事故件数は103件、流出した個人情報は2515万47人分――という調査結果を東京商工リサーチが発表した。(2021/1/15)

Samsung、「Tile」のようなBluetoothロケーター「Galaxy SmartTag」を米国で30ドルで発売へ
Samsungが「Galaxy S21」シリーズ発表イベントで、Galaxy端末と連携するスマートトラッカー「Galaxy SmartTag」を発表した。BLEをサポートし、鍵や財布、バッグなどに付けておくと紛失しても探してくれる。米国では29.99ドルで発売する。(2021/1/15)

Appleの紛失防止「AirTag」の「持ち物を探す」機能は、既にSafariからアクセスできる サービス開始は3月か?
長らく噂されているAppleの忘れ物防止タグは、既にシステムに組み込まれているようだ。(2021/1/14)

レノボ・ジャパン合同会社提供ホワイトペーパー:
侵害の半数近くの原因がデバイス紛失、ライフサイクル管理を徹底するには?
セキュリティ侵害の原因の多くを占めるのが、デバイス管理の不備だ。ユーザーが管理しきれない部分の保護を徹底するには、盗難/紛失への対応やリモートディスク消去を含めた、ライフサイクル全体を管理するアプローチが必要になる。(2020/12/24)

オリックス孫会社、個人情報21万件入りサーバを紛失 外部に持ち出された可能性も
オリックス・ホテルマネジメントが、約20万9000件の個人情報を記録していたサーバを紛失したと発表。何者かがサーバを外部に持ち出した可能性もあるとして、紛失に至るまでの経緯を調査中という。(2020/12/7)

iPhone 12/12 Proの修理代、AppleCare+未加入だと最大4万円台〜5万円台
新しいiPhoneを購入する際に検討しておきたいのが「AppleCare+ for iPhone」への加入。AppleCare+に加入すると、2年間で2回まで割安の料金で故障時や紛失時のサポートを受けられる。一方、AppleCare+に加入していないと修理代は高くなる。(2020/10/23)

りそな銀行、1万4500件の顧客情報を紛失 外部流出の可能性は「極めて低い」
りそな銀行が、1万4561件の顧客情報が入った記録媒体を紛失。媒体が不正に持ち出された形跡はなく、情報が外部に流出した可能性は低いという。(2020/10/14)

紛失防止タグ搭載の完全ワイヤレスイヤフォン、SB C&Sが発売
SB C&Sは、紛失防止タグ「Tile」の機能を搭載した完全ワイヤレスイヤフォン「Sound Air TW-7100」と「Sound Air TW-5100」を発売する。見失っても音で場所を知らせる。(2020/9/29)

20年かけた原稿3万枚が紛失→「やり直してずっといいものできた」 仏教学者のエピソードを描いた漫画が勇気をくれる
壮大な年月をかけた偉業に圧倒されます。(2020/9/4)

iPhone 12発表時に紛失防止タグ「AirTag」も発表される?
「出る出る詐欺」と言われてきたAirTagだが、iPhone 12の発表イベントで同時に紹介されるという情報が出てきた。(2020/9/1)

KDDI、スマホの困りごとを専門アドバイザーがサポートする「使い方サポート」提供開始
KDDIは、8月12日からスマホの困りごとへ専門のアドバイザーが電話やメッセージでサポートする「使い方サポート」を提供開始。併せて、端末の各種トラブル時にサポートが受けられる「故障紛失サポート」とセットになった「安心サポートパック」も提供する。(2020/8/3)

みずほ総研、約250万件の顧客情報が入った記録媒体を誤廃棄か 「情報流出の可能性は低い」
みずほ総研が約250万件の顧客情報などを記録した磁気テープ6本を紛失。誤廃棄の可能性が高く、現時点では外部への情報漏えいは確認していないという。(2020/7/22)

三井住友銀の顧客情報、保守委託先のOKIが紛失 最大7万件
三井住友銀行は、保守委託先のOKIクロステックが、同行の顧客情報が保存されたHDDを紛失したと発表した。情報が不正利用されたとする連絡はないとしている。(2020/5/1)

シャープ、Android端末1台あたり月額199円からの企業向けサービス「LINC Biz emm」提供開始
シャープは、4月8日にAndroidスマートフォンの安全な運用をサポートする企業向けEMMサービス「LINC Biz emm」を提供開始。クラウドを介した一括初期設定や紛失時の遠隔操作、業務上に不要なアプリの制限などITポリシーに合わせた柔軟な運用を可能とする。(2020/4/8)

「モバイルPASMO」のサービス開始は3月18日午前10時 会員登録なしでも利用可能
Androidおサイフケータイ向けの「モバイルPASMO」のサービスが、3月18日午前10時にスタートする。会員登録は不要だが、端末の紛失・盗難・故障に伴うカード再発行を手数料無料で行えるなど、会員登録をすると利用できる機能が増える。(2020/3/10)

六甲ケーブル、改札に顔認証導入で通学児童の見守りサービス――NECら、共同実証へ【追記あり】
NEC、神戸市、六甲山観光は、六甲ケーブルで通学児童らを対象にした見守りサービスの実証実験を実施する。定期券不要で改札を通過できる「顔認証改札」と、改札通過を保護者などに通知する「見守り通知」の仕組みを用いる。見守り用機器の紛失やなりすましの心配がなく、正確な認証が可能だという。(2020/2/28)

かご車やパレットの紛失を抑止する流通業向けの資材モニタリングサービス
Hacobuが、流通資材の滞留や紛失を防止できる資材モニタリングサービス「MOVO Seek」を発表した。(2020/2/26)

Apple製UWBタグ「AirTag」は2020年半ばに発売? 著名アナリストが予想
UWBの超広帯域無線を使って正確な場所を割り出す紛失防止タグの発売時期をクオ氏が予想している。(2020/2/19)

物流のスマート化:
カゴ車やパレットの紛失をSigfoxでなくす、Hacobuが「MOVO Seek」
物流業界で長年課題とされていた「物流資材の紛失」を防ぐソリューションをHacobuが発表。Sigfoxを活用したIoTでカゴ車やパレットの「滞留」と「紛失」を見える化し、物流業者のスムーズな回収業務をサポートする。(2020/2/10)

「5G」による製造業改革【後編】
「5G」で製造現場はどう変わる? VR研修の実現や道具の紛失対策に効果
「5G」の活用がとりわけ期待されているのは製造業だ。工場のような現場に高速で低遅延のネットワークを導入することで、研修や資産管理といった業務の非効率性を一掃できる可能性がある。(2019/11/22)

auの「故障紛失サポート」が進化 壊れたスマホの代替機をたった「3時間」で配達
東京23区、大阪市において適用されます。(2019/9/24)

auの「AppleCare+」サービス、iCloud(50GB)が追加料金なしで利用可能に
KDDIは9月20日から、iPhoneとiPad向けの保証サービス「故障紛失サポート with AppleCare Services & iCloudストレージ」を提供する。従来提供している「故障紛失サポート with AppleCare Services」に、iCloudストレージ50GBが加わった。修理サービスは4年間で4回まで利用できる。(2019/9/20)

AppleCare+に盗難・紛失プランが追加
Appleは、AppleCare+ for iPhoneの保証プログラムに盗難・紛失プランを追加した。同プランはこれまで米国でのみ提供されていた。事前にiPhoneを探す機能を有効にしておくことが条件。(2019/9/13)

AirPodsの片方をなくしたときの対処法
Appleの完全ワイヤレスイヤフォン「AirPods」は、片方だけを紛失することがあり得る。最近では流行のワイヤレスイヤフォンだが、AirPodsのように左右独立型のワイヤレスイヤフォンは、構造上紛失しやすいのが難点だ。AirPods紛失時の対処法をまとめた。(2019/8/18)

MAMORIO、法人向け紛失防止サービスを「MAMORIO Biz」に改称
MAMORIOは、同社提供の法人向け紛失防止サービス「MAMORIO OFFICE」の名称変更を発表した。(2019/8/5)

UQ mobileが「非VoLTE」SIMの新規受付を9月30日をもって終了
UQ mobileが、音声通話にauの3Gネットワークを使うSIMカード(いわゆる「非VoLTE」のSIMカード)の新規発行の受け付けを終了する。既存契約についてはプラン変更を含め引き続きサービスを利用できる他、故障・紛失・盗難時の再発行も継続する。(2019/8/5)

スマホ子機の「ワンナンバーフォン」を紛失して困ったこと 解決策は?
筆者が2018年冬から愛用してきたスマホの子機「ワンナンバーフォン」を紛失してしまった。ワンナンバーフォンは、1つの電話番号を2台の携帯電話で共有できるデバイス。困ったのは、ワンナンバーフォンだと補償サービスを利用できないことだった。(2019/7/24)

auのiPhone/iPad向け「故障紛失サポート」がサービス拡充 関西エリアで代替端末の即日配送に対応
auがiPhoneとiPad向けに提供している「故障紛失サポート with AppleCare Services」において、関西エリアでも紛失・盗難時の代替端末の即日配送を利用できるようになった。午前11時までに電話で申し込むことが条件となる。(2019/7/18)

半径300メートルのIT:
次の買い換えでiOSデバイスを売らないほうがいいたった1つの理由
Appleは、2019年の秋にリリースするiOSに新機能「Find My」を実装します。これは、紛失や盗難に遭ったiOSデバイスの位置を、端末がオフライン状態でも探せるというもの。ただし、この機能を使うにはiOSデバイスが「もう1台」必要になります。手元にある“ちょっと古いiPhone”は、手放さないほうがいいかもしれません。(2019/6/11)

メディア芸術祭、展示作品を紛失して謝罪 ずさんな管理に作者から失望の声も
たんぽぽの綿毛を使ったインスタレーション作品。スタッフがスペアとの取り換え中に、作品を紛失。(2019/6/6)

業務用モバイルPCを常時保護できる紛失対策ソリューション ワンビとさくらインターネットが協業
ワンビとさくらインターネットは、遠隔消去ソフト「TRUST DELETE prime」を用いた業務PC向け紛失対策ソリューションの提供を発表した。(2019/5/16)

俺たちの情シス 第12回 レポート:
初めての全社リモートワーク、めんどくさすぎる申請手続き、スマホの紛失対応――7人の情シスは、どうやってピンチを切り抜けたのか
初めてのリモートワークトライアル、スマホ紛失対応、めんどくさすぎる申請手続き、導入ツールが本当に生産性を高めているのか問題、社内相談の増加……。さまざまなピンチに情シスたちはどう対応したのでしょうか。(2019/4/16)

レノボ・ジャパン株式会社提供Webキャスト
働き方改革のセキュリティリスクを解消、動画で分かる「テレワーク保険」の実力
テレワーク導入の障壁の1つである、情報漏えいなどセキュリティ面でのリスク。PC紛失やウイルス感染などによる事故が減らない現状にあって、ますます必要性が高まっているのが、損害賠償金などを補償する「テレワーク保険」だ。(2019/4/11)

天災にも人災にも耐えるバックアップ術:
震災8年目で改めて考える、終活込みのバックアップ
いざ何かが起きたときに困るのが、PCやデータの紛失や喪失、破損です。失ってからことの大きさに気がつくのは、可能な限り避けたいものです。できるだけ手間をかけずにPCだけでなく、デジタルデータをバックアップするすべを考えてみましょう。(2019/3/11)

終了:【Amazonタイムセール祭り】セール最終日! Kindle PaperwhiteやFire TV Stick 4Kなど注目商品をチェック
紛失防止トラッカー「Tile」シリーズなんかもオススメです!(2019/3/1)

JR東、忘れ物通知サービスを本格導入 51駅に拡大
JR東日本が、紛失を防ぐタグ「MAMORIO」を活用したサービスを本運用へ。昨年6月、首都圏4駅で試験導入したが、2月18日から51駅に拡大する(2019/2/8)

忘れ物が届いた駅をスマホに通知――JR東日本、51駅で「MAMORIO」活用の忘れ物通知サービスを開始
JR東日本は、首都圏・新幹線の主要51駅で、紛失防止IoTタグ「MAMORIO」を活用した「お忘れ物自動通知サービス」を開始。忘れ物取扱所にMAMORIO Spotを設置し、MAMORIOを付けた紛失物が届けられると、持ち主のスマホに通知する。(2019/2/8)

「nanaco」なくしてもすぐには止められない? 「チャージ残高は翌日以降、オートチャージは即時停止」
「nanacoカードを落としたため、コールセンターに連絡したが、止められるのは翌日になると言われ、当日中に悪用されてしまった」――こんな投稿がTwitter注目を集めた。カードを紛失した場合どうなるか、セブン&アイに聞いた。(2019/2/4)

「nanacoを紛失したらすぐ止められない」Twitterで拡散 → セブン「残高の停止は翌日以降、オートチャージは即時停止」
高額の被害には遭いづらい仕様?(2019/2/3)

AirPods紛失防げる? Apple Watch使う奇策
iQLaboのAirPods用シリコンホルダーを試した。(2018/12/30)

IoTタグ「MAMORIO」で落とし物、忘れ物の在りかを発見――六本木ヒルズや虎ノ門ヒルズなど、森ビル6施設で実証実験へ
森ビルとMAMORIOは、六本木ヒルズや虎ノ門ヒルズなど、森ビルが運営する都内6施設で「IoTお忘れ物自動通知サービス」の実証実験を開始する。Bluetoothを活用した紛失防止IoTタグ「MAMORIO」のユーザーは、これらの施設に設置された「MAMORIO Spot」を利用できる。(2019/1/7)

auのiPhone/iPad向け拡張保証サービスが拡充 紛失・盗難時の代替機を関東全域+山梨県で当日配送
auが9月14日から提供を始めた「故障紛失サポート with AppleCare Services」。そのサービスの1つである「紛失・盗難時における新品相当端末(代替機)の当日配送」が関東全域と山梨県で利用可能となった。(2018/11/8)

auの「故障紛失サポート」がサービスを拡充 当日中に代替機を届けられるエリアを拡大 23区では「4時間以内配達」も
auの「故障紛失サポート」がサービスを拡充する。代替機を当日中に届けるサービスの対象エリアを拡大し、東京23区内では申し込みから4時間に届けるサービスも開始する。2018年秋冬モデル以降の機種では、代替機に液晶保護フィルムをあらかじめ貼り付けて送付するサービスと、データ復旧サポートサービスを新たに提供する。(2018/10/11)

AppleCare+相当のサービスを4年間受けられる――auが「故障紛失サポート with AppleCare Services」の提供を開始
auがiPhone/iPad向けの「AppleCare+ & au端末サポート」を刷新し、Appleによる拡張保証サービスを4年間受けられるように改めた。既存サービスの利用者も、2019年1月をめどに、この新サービスに移行できる予定となっている。(2018/9/14)

半径300メートルのIT:
「iPhoneを探す」を数時間で無効に スマホを盗んだ犯人の巧妙な手口とは
指紋認証や顔認証、紛失したデバイスを探す機能など、スマホのセキュリティは年々進化しています。しかし、それで安全性が手に入るかどうかはまさにユーザー次第。誰にでもある「弱点」を使って、セキュリティのプロさえだます手口が出てきているのです。(2018/8/28)

くらしに役立つ推しグッズ:
「スマホどこだっけ?」も解決する紛失防止タグ「MYNT ES」
「MYNT ES」は、置き忘れ防止機能やクラウドトラッキング機能に加え、タグからiPhone/Androidスマートフォンを呼び出せる便利アイテム。日常で「スマホどこだっけ」が多い人に注目してほしい。(2018/5/31)

『愛と誠』紛失原画落札、オークション運営元・まんだらけが声明 「問題になること自体に違和感」 講談社を批判
『愛と誠』の原画の1枚が「まんだらけオークション」に出品され400万円で落札され、講談社が「購入しないでほしい」と呼び掛けていた件について、まんだらけが声明を発表。講談社を厳しく批判している。(2018/5/21)

所持品に紛失防止タグを付けてアプリに登録するだけ:
IoT活用の「お忘れ物自動通知サービス」、横浜市交通局が正式導入
MAMORIOは、「お忘れ物自動通知サービス」を横浜市交通局に正式導入する。Bluetooth Low Energy通信機能を備えたタグと専用のIoTゲートウェイを活用したもので、紛失物が届けられると、自動的に所有者に位置情報が通知される。(2018/5/17)

レノボ・ジャパン提供ホワイトペーパー
万が一に備える――紛失やのぞき見からPCを守る方法
社外でモバイルPCを利用する場合、特に注意しなければならないのが、紛失や盗難、のぞき見などによる情報漏えいだ。現在では、働き方改革によって社外でモバイルPCを利用するケースも増えている。これらのリスクに対する備えは急務だ。(2018/5/17)

漫画『愛と誠』の紛失原画がまんだらけのオークションに流出 講談社「購入しないで」
当該の原画は400万円で落札。紛失分はほかにもあり、オークションや漫画専門店などで見かけたら編集部に連絡してほしいと呼びかけています。(2018/5/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。