ニュース
» 2014年05月14日 07時29分 UPDATE

Google、「Chrome 34」の脆弱性を修正

「Chrome 34.0.1847.137」では、危険度の比較的高い3件の脆弱性が修正された。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Googleは3月14日、Webブラウザ安定版「Chrome 34」の脆弱性を修正するセキュリティアップデートをWindows、Mac、Linux向けに公開した。

 同社のブログによると、最新版の「Chrome 34.0.1847.137」では3件の脆弱性が修正された。WebSocketやDOMレンジ、編集機能に解放後使用や整数オーバーフローの問題があり、危険度はいずれも上から2番目に高い「High」と位置付けている。脆弱性情報を寄せた外部の研究者には、それぞれ1000〜2000ドルの賞金が贈呈された。

 また、Adobe Systemsが同日公開した最新版の「Flash Player 13.0.0.214」も盛り込まれた。さらに多数のバグやクラッシュ問題が修正されている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -