ニュース
» 2014年05月20日 13時17分 UPDATE

Stratus、OpenStackに高可用性ソリューションを提供へ

OpenStack Foundationの企業スポンサーに参画し、クラウド基盤における可用性の向上に取り組む。

[ITmedia]

 Stratus Technologiesは5月20日、オープンソースのクラウド基盤ソフトウェアを手掛けるOpenStack Foundationに企業スポンサーとして参画したことを発表した。クラウド基盤における可用性の向上に取り組むとしている。

 同社は「Software Defined Availability(ソフトウェア制御による高可用性)」を提唱、そのためのソリューションとして仮想マシンの二重化による「Availability Engine」、Heat機能を拡張してプロビジョニングプロセスを自動化する「Orchestrator」、テンプレートに基づくワークロードのプロファイルを用いたアプリケーションの自動展開を可能にする「Portal and Service Catalog」の3つの主要コンポーネントを提供する。

 一般的なクラウド基盤には、可用性保護機能が組み込まれておらず、アプリケーションに可用性保護機能を組み込む必要がある。同社は、米国でOpenStackが既に多くの企業や組織のクラウド基盤として採用され、日本でも加速的に普及が始まっているとコメント。クラウド基盤に可用性を組み込むことで、ユーザーはレガシーアプリケーションに変更を加えることなくクラウド環境へ容易に移行できるようになるとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -