ニュース
» 2014年05月20日 19時10分 UPDATE

Adobe Readerの脆弱性を突くマルウェア感染が増加、過去の攻撃とも関係?

キヤノンITSによると、5日以降に国内で感染報告が増えている。この脆弱性が含まれるReader/Acrobatの旧版は、2013年秋に発覚したXPの脆弱性を突く攻撃にも使われた。

[ITmedia]

 キヤノンITソリューションズは5月20日、同社が国内販売を手掛けるセキュリティソフトESETでAdobe Readerの既知の脆弱性を狙う不正プログラムの感染報告が急増していると伝えた。脆弱性を悪用された場合、攻撃者によってリモートからシステムを制御されてしまう恐れがあり、同社は注意を呼び掛けている。

 同社によると、不正プログラムの「PDF/Exploit.CVE-2013-2729」はAdobe ReaderとAcrobatの旧バージョンに存在する整数オーバーフローの脆弱性(CVE-2013-2729)を悪用する。ESETの観測では5日頃から感染報告が急増し、国内ユーザーの約6%から報告があった。

cits01.jpg 直近1カ月の国内での検知状況(ESETより)

 Adobeは、2013年5月に公開したアップデートで、この脆弱性を含む27件の脆弱性を修正している。

 CVE-2013-2729が含まれるAdobe ReaderとAcrobatの旧バージョンをめぐっては、米FireEyeが2013年11月に、Windows XPの特権昇格の脆弱性を突く攻撃にAdobe ReaderとAcrobatのこの旧バージョンが使われたと報告。トレンドマイクロも同時期に、セキュリティ対策の検知を逃れる手法に、この脆弱性が悪用されていると伝えていた

 現時点でキヤノンITソリューションズが注意喚起したマルウェアが、XPユーザーを標的にしているのかは不明。しかし、2013年11月に報告されたXPの脆弱性を突く攻撃との関連性があるだけに油断はできない。

 キヤノンITソリューションズは、推奨対策として(1)ウイルス定義データベースを最新にする、(2)OSのアップデートでセキュリティパッチを適用する、(3)ソフトウェアアップデートでセキュリティパッチを適用する、(4)データをバックアップする、(5)脅威を知る――ことを挙げている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ