ニュース
» 2014年06月18日 12時22分 UPDATE

2014年の産業別IT支出、医療で微増も大半はマイナスに

IDC Japanによれば、好調だった2013年の反動から2014年は多くの業種でIT支出がマイナス成長に陥る。

[ITmedia]

 IDC Japanが6月18日に発表した2014年の産業分野別IT市場予測によると、医療と情報サービスを除く業種でのIT支出がマイナス成長に陥ることが分かった。特に通信/メディアは前年比4.5%減の1兆9355億円になるという。

 通信/メディアのマイナス成長は、2012年に通信事業者の無線インフラストラクチャ関連の投資が集中したことによる反動の影響という。しかしその他業種でもマイナスとなり、消費者市場も1.1%減の2兆5125億円とマイナス幅が大きい。これはスマートフォンブームが一巡したことによるものだとしている。組立製造(0.3%減の1兆4451億円)やプロセス製造(0.5%減の7547億円)でも2013年は円安による企業業績回復でIT支出が増えたため、2014年はその反動が影響する。

 一方、プラス成長となるのは医療と情報サービス業。医療では高齢化社会に向けた包括的な地域体制に向けたIT支出が堅調に進み、0.9%増の5255億円を見込む。情報サービス業はネットビジネス向けたIT支出により、0.3%増の8260億円と予想されている。

 2014年の市場全体では1.0%減の14兆1553億円が見込まれ、2018年まで年0.3%ペースの成長を予想。2018年の市場規模は14兆5484億円という。

 IDC Japanはスマートモバイルデバイス市場の成長が頭打ちになるにつれ、IT市場全体の成長率が徐々に低下していくと指摘している。

関連キーワード

IDC | IT投資 | 業種


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -