ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「業種」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「業種」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「Apple TV」をビジネスでこそ生かす【後編】
Apple TVを「デジタルサイネージ」で使いたくなる“賢い”理由
あらゆる業種で情報発信するために、キオスク端末やデジタルサイネージの利用が進んでいる。陰でその運用を支える手段となり得るのが「Apple TV」だという。どういうことなのか。(2022/6/24)

結婚相手に勤めてほしい業種、1位は「通信・情報(IT)」 結婚相手に望む勤務先ベスト10に入ったIT企業は?
結婚相手に勤めてほしい民間企業の業種は何か。与信管理を手掛けるリスクモンスターが調査したところ、「通信・情報(IT)」が1位になった。20〜50代までのそれぞれの世代でも1位となり、男女別回答でも男性では2位、女性では1位に入った。(2022/6/22)

サイバー攻撃の最新トレンドが判明 今狙われている業種とその手法は?
どの企業もサイバー攻撃を受ける可能性がある。サイバー攻撃の実態をまとめたレポートから、今の攻撃のトレンドと狙われやすい業種を考える。(2022/6/6)

不動産テック:
注目の“メタバース”で住宅業界は進化するか?アバター内見など、スウェーデンハウスらが示す未来像
コロナ禍では、あらゆる業種で、オンライン関連サービスの普及が進んでいる。「リアルからバーチャルへ」という社会状況の変化に、住宅業界はどこを目指して進めばよいのか。スウェーデンハウス、野原ホールディングス、homieの3社が、Web戦略のいまと、メタバースの利用も視野に入れた未来像を語った。(2022/5/25)

エンタメ・ホテルが多数:
顧客満足が高い企業、1位は「宝塚歌劇団」 10年以上業種別で1位を取り続けている企業は?
顧客満足が高い企業・ブランドランキングの結果を発表した。上位にはエンターテインメント・通信販売・飲食などの業種が多くランクイン。業種別のランキングで10年以上に渡り1位を獲得し続けている企業・ブランドは6社だった。(2022/5/11)

Weekly Memo:
富士通とNECの最新受注状況からみる業種別IT需要動向の行方
経済環境がさまざまな影響で変化する中、国内のエンタープライズIT需要は今後どう動くか。富士通とNECの最新受注状況から業種ごとに探ってみたい。(2022/5/9)

ボーナスは:
22年の昇給率は10年間で最高の3.74%、業種別では? 米国の日系企業
パソナグループのパソナ NAは、米国に進出している日系企業を対象に「給与情報・福利厚生」に関する調査を実施し、その結果を発表した。レポートによると……。(2022/4/27)

23卒の志望業種も調査:
企業選びで最も重視するポイント、「社員の人間関係」「給与」を抑えた1位は?
マイナビが23卒を対象に就活に関するアンケート調査を実施した。企業選びで最も重視するポイントでは「社員の人間関係」「コロナ対策」などがあった。23卒が志望する業種についても聞いた。(2022/4/27)

偽サイトに使われるドメインの傾向は? 2021年のフィッシング詐欺は2.3万件超え
JPCERT/CCによると、2021年に発生したフィッシングサイト関連のインシデント件数は2万3104件で、1月当たり2000件超えが続いている。フィッシングサイトにかたられる傾向が高い業種やブランド名、フィッシングサイト用ドメインのパターンから、攻撃者の意図を把握しておこう。(2022/4/26)

脱炭素:
産業施設におけるエネルギー消費量の実態調査結果を発表
富士経済は、産業施設におけるエネルギー消費量の実態調査の結果を発表した。最終エネルギー量の約94%を占める製造業主要20業種では、2019年度のエネルギー消費量は836万2222TJ、CO2排出量は2億8983万トンだった。(2022/4/22)

マンション売却潜在層にリーチ 不動産査定でマネフォがツクルバと組む理由
マネーフォワードが家計簿データを活用した異業種提携を加速させている。20年11月に新電力シン・エナジー(神戸市)と「マネーフォワードでんき」を始め、ライフネット生命とも「マネーフォワードの生命保険」を開始した。そして4月11日には、中古・リノベーション住宅の流通プラットフォームを手掛けるツクルバと組んで、「マネーフォワード 住まい」の提供を開始した。(2022/4/11)

給料を上げない理由:
「賃上げを実施」45.8%、どの業種が多い? 中小企業3200社に聞いた
2022年に賃上げを予定している企業は、どのくらいあるのだろうか。全国の中小企業に聞いた。(2022/4/7)

下位の業種は:
小中学生が働きたい業種 2位は「食品」、1位は?
子どもは将来、どんな職業に就きたいと考えているのだろうか。小学校5年生から中学3年生までの子どもに聞いた。(2022/4/6)

ノークリサーチが調査、小売業のクラウド活用はライブコマースやキャッシュレス化に期待
ノークリサーチの調査によると、小売業のクラウド活用はライブコマースの国内向け展開やキャッシュレス化などに期待が集まり、業種の特性を加味したSaaSやIaaSなどによる共有サーバの活用が検討される傾向があるることが分かった。(2022/3/31)

IDCが調査:
仮想化導入企業で進む「ハイブリッド利用」の実態とは 2022年国内クライアント仮想化市場ユーザー動向分析調査
IDCは、国内クライアント仮想化市場の動向調査の結果を発表した。調査結果から仮想化が定着した業種におけるオンプレミスとDaaSを併用する「ハイブリッド利用」の実態が浮かび上がった。(2022/3/29)

製造マネジメントニュース:
富士通とYE DIGITALが戦略的協業、製造業の「SAP S/4HANA」移行を支援
富士通とYE DIGITALは、「SAP ERP」のメインストリームメンテナンス終了に伴い、製造業の「SAP S/4HANA」への移行を支援するために協業する。スムーズな移行を支援するほか、業種固有の付加機能を構築、連携して追加提供する。(2022/3/28)

産業動向:
「建設業6業種で売上高は増収になるも収益性は低下」2022年3月期第3四半期決算まとめ
建設HRは、2022年3月期第2四半期決算をまとめたレポートを公表した。レポートでは、6業種全てが増収となる一方で、純利益は4業種が減益になり、6業種合計は増収減益となったとしている。(2022/3/22)

転職時の“決定年収”上昇率、業種別で3位はIT・通信、2位はネット・メディア 1位は?
転職時の「決定年収」が最も上昇した業種はどこか。転職サービス「doda」が調査したところ、「総合商社」が2019年と比較して9.9ポイント上昇。2位は「インターネット/広告/メディア」で7.2ポイント、3位は「IT/通信」で5.4ポイント上昇した。(2022/3/17)

アウトドアブーム、異業種も本格参入 ゲオグループ、アルペン…続々新規出店
新型コロナウイルス禍で人気の高まったアウトドアレジャーが定着の兆しをみせている。今年も新たに始める人が増えるとみられ、テントや調理器具、寝袋をはじめ、必要となる道具類を扱う小売り分野では、異業種の中古品販売店やスポーツ用品店などが専門店の出店、品ぞろえの拡充を本格化させている。(2022/3/15)

コロナ前後で比較:
「転職時の決定年収」が上がった業種、2位「インターネット/広告/メディア」、1位は?
パーソルキャリアの運営する転職サービス「doda(デューダ)」は、コロナ前後での「決定年収上昇率ランキング(業種版)」を発表した。上昇率約10%で1位となった業種は?(2022/3/14)

「子育て」「介護」「地方在住」でもキャリアを諦めない:
PR:多様な働き方とキャリアアップ・スキルアップを実現 今こそ、マイクロソフトで働く意義とは
マイクロソフトといえば、言わずと知れた「外資系企業」。一般的に、外資系企業といえば、シビアな成果主義や個人主義の風土で、ドライな働き方を想像するが、日本マイクロソフトは違う。異業種、そして同社と同じく外資系企業から転職してきた2人が語る、今、日本マイクロソフトで働く意義や実現できるキャリアとは。(2022/3/14)

Weekly Memo:
業種別DXの新たな共創モデルとは――NTT東日本の取り組みから読み解く
業種ごとのDXに向けて、各業種の有力企業とICTベンダーによる“共創”が進んでいる。そんな中、NTT東日本が建設業向けDXを皮切りに新たな共創モデルを模索している。その中身とは。(2022/3/7)

「異業種・異職種へ転職した」理由ランキング 「仕事内容」「労働環境」の不満を上回る1位は?
 ビズヒッツ(三重県鈴鹿市)は、異業種または異職種への転職経験がある500人を対象に「異業種・異職種への転職理由に関する意識調査」を実施した。その結果、転職した理由のトップは「異業種・異職種への興味」(90人)だった。(2022/3/7)

4社に1社が「2023年の新卒採用を増やす」 最も積極的な業種は?
学情は、企業の採用担当者を対象に「2023年の新卒採用の人数」に関するインターネットアンケートを実施した。「増やす」と回答した割合が最も大きかった業種は?(2022/2/28)

TechTarget発 世界のITニュース
「AIOps」のBigPandaが1億9000万ドル調達 投資家は何を期待しているのか?
米国の新興企業、BigPandaは6回目の資金調達を終え、幅広い業種への提案活動に本腰を入れる。AIを使ったシステム運用の自動化ツールを手掛ける同社はなぜ今、投資家からの期待を集めるのか。(2022/2/28)

日本の事例:
JTB、ピクシブ……異業種が“銀行”に 「エンベデッド・ファイナンス」(組込型金融)がもたらす未来
組込型金融(エンベデッド・ファイナンス)という言葉がバズワードになっている。日本における状況はどうなっているのか。どんなサービスが生まれつつあるのか。(2022/2/22)

給与はどうなる:
「賃金改善を見込む」54.6%、業種別では?
帝国データバンクは「2022年度の企業の賃金動向」を調査し、その結果を発表した。正社員の賃金はどうなるかというと……。(2022/2/13)

「モバイルファースト」時代の人材不足解消術【後編】
“スマホ拒否企業”は有能人材を逃す? 「ギグワーカー採用はモバイル応募9割」の意味
業種によっては、求人者の9割近くがモバイルデバイス経由で応募するという。求人ページを「モバイルファースト」でデザインすることは人材不足の解決策になるのだろうか。(2022/2/10)

「5G」でスマート工場は進化【第4回】
自動車大手フォルクスワーゲンのスマート工場で今、何が起きているのか
製造業は「5G」のネットワークを活用して製造工程の最適化に力を入れている。この動きは今後、他業種にも拡大する可能性がある。VolkswagenとJohn Deereの事例を踏まえ、最新の動向を追う。(2022/2/3)

下請が発注元の“買いたたき”疑いを報告できるフォーム、公取委が設置 結果を基に調査先選定
下請事業者が匿名で親事業者の法令違反を報告できるフォームを公正取引委員会が設置した。提供された情報は同委員会が調査の対象業種や調査票の送付先を選定するのに活用する。(2022/1/26)

就職人気から占う今後のIT業界:
最も平均年収が高いIT業種 2位はシステムインテグレーター 1位は?
転職サービス「doda(デューダ)」のパーソルキャリアが公開した「IT職種の平均年収ランキング2021」によると、ITコンサルティングがIT業種で最も平均年収が高いことが分かった。(2022/1/25)

就職人気から占う今後のIT業界:
23卒理系学生の「希望の就職先」、人気度でGoogleを超えたIT企業は?
2023年に卒業予定の大学生・大学院生が「将来はここに就職したい」と考えている企業はどこか。学情が文系・理系別で集計、トップ30を発表。IT系の業種では、文系・理系ともにアマゾンジャパンがトップ(それぞれ22位と12位)だった。(2022/1/20)

就職人気から占う今後のIT業界:
23年卒に聞く「希望の就職先」、男女で業種に大きな違い 上位だったIT企業は?
2023年に卒業予定の大学生・大学院生が「将来はここに就職したい」と考えている企業は? 学情が男女別で集計、トップ30を発表。IT系の業種では、男性部門でアマゾンジャパン(6位)がランクインした。(2022/1/19)

EV市場、三つどもえの戦い 変革急ぐ自動車大手
米ラスベガスで開かれている世界最大級の家電・IT見本市「CES」で、ソニーグループが電気自動車市場への参入を本格検討する方針を示したことで、自動車業界は既存の大手、新興メーカーと異業種による三つどもえの競争がますます激しくなりそうだ。(2022/1/7)

変革急ぐ自動車大手:
新興メーカーと異業種が参戦 EV市場が三つどもえ
米ラスベガスで開かれている世界最大級の家電・IT見本市「CES」で、ソニーグループが電気自動車(EV)市場への参入を本格検討する方針を示したことで、自動車業界は既存の大手、新興メーカーと異業種による三つどもえの競争がますます激しくなりそうだ。(2022/1/7)

帝国データバンク調査:
2021年のコロナ関連倒産、20年の2倍に 最も倒産が多かった業種は?
2021年、新型コロナウイルスの影響を受けた倒産は1770件で、20年(842件)の2.1倍になった──帝国データバンクが12月29日、そんな調査結果を発表した。業種別では飲食店が最多。建設・工事業にも影響が波及しているようだ。(2021/12/30)

多数のAIを導入している企業で発生
コロナ禍でAIのパフォーマンスが低下した業種、低下した理由
業績が高い企業ほどコロナ禍でもAIに投資しているが、コロナ禍でAIのパフォーマンスが低下してしまったという。低下した業種と理由には納得するしかなかった。(2021/12/25)

帝国データバンクが全国1万社に調査:
21年冬ボーナス、前年より「増加」18.5% 業種は?
帝国データバンク(TDB)がこのほど発表した、冬のボーナスに関する動向調査で、企業18.5%が「賞与が前年よりも増加」と回答したことが分かった。2020年の調査と比較すると、前年比でボーナスが増加した企業の割合は、10ポイント以上増加した。(2021/12/16)

リスクモンスター調べ:
大学1、2年生が就職したいと思う企業ランキング 「任天堂」や「トヨタ」を抑えた企業は?
与信管理サービスを提供するリスクモンスターが、「大学1、2年生が就職したいと思う企業・業種ランキング」の調査結果を発表した。(2021/12/6)

産業動向:
「ゼネコンは8社が減益、電気通信は5G基地局の増大などで好調」建設業の第2四半期決算
建設HRは2022年3月期第2四半期決算のまとめを公表した。レポートでは、建設業関連6業種全てが前年同期比で増収となる一方で、純利益は4業種が減益になったと報告している。(2021/12/3)

間に合わなくなる前に今から始める
マンガで解説:何が変わる? 「インボイス制度」とは
2023年10月に始まる「インボイス制度」は、業種や規模を問わず企業に大きな影響を与える。いつまでに誰が何をすべきなのか。事前に検討、確認しておきたいさまざまな事項を、マンガを交えて解説する。(2021/11/29)

プロジェクト:
プロロジスが宮城県仙台市で延べ5万m2の賃貸用物流施設の開発に着手
プロロジスは、宮城県仙台市で、BTS型とマルチテナント型のいずれにも対応可能な賃貸用物流施設「プロロジスパーク仙台泉3」の開発を進めている。プロロジスパーク仙台泉3では、東北エリア全域への配送をカバーする拠点として、日用雑貨、食品、流通、Eコマースなど、幅広い業種の入居企業を募集する予定だ。(2021/11/17)

インボイス制度導入が店舗不動産の価値に影響する可能性について
インボイス制度が導入されると、仕入額控除には仕入れ先が発行した適格請求書が必要となる。用途・業種によっては益税減少の影響が生じると思われる。その一つが美容室だ。(2021/11/17)

海外医療技術トレンド(77):
フィットネストラッカーにも広がる米国のセキュリティ規制、異業種連携も加速
前回の連載第76回では米国の医療機器サイバーセキュリティ規制動向を取り上げたが、医療機器に該当しない健康アプリケーション/機器でも、新たな規制に向けた動きが顕在化している。(2021/11/12)

ヘルプデスクツールの汎用事例
4社の事例で学ぶ、問い合わせ対応を効率化させるツールの使い方
膨大な数の問い合わせ内容を可視化、管理することで、対応業務を大幅に効率化できるツールがある。あらゆる業種や職種で活用できるというが、一体どのようなツールなのか。4つの導入事例とともに紹介する。(2021/11/11)

今日のリサーチ:
2021年のSNSマーケティング予算 約7割の企業が増額――アライドアーキテクツ調査
「食品」「飲料」「化粧品」「外食」「小売」の各業種におけるSNS活用実態は?(2021/11/10)

帝国データバンク調査:
企業の約6割「Go To トラベル」の再開を希望、3割は「年内に」
帝国データバンクは、Go To トラベルに関する企業の見解を調査。約6割が早期の再開を希望しており、関連業種の約4割は「すぐにでも再開してほしい」と意向を示した。(2021/11/9)

チャットサポート利用は1割未満 J.D.パワーがコンタクトセンターサポート満足度調査
 J.D.パワーは11月5日、2021年コンタクトセンターサポート満足度調査「金融業界編」の結果を発表した。新型コロナウイルスの感染拡大以降さまざまな業種や業界において店舗や対面以外でのサポート窓口としてコンタクトセンターの重要性が増している状況を受け、今回初めて調査を実施した。(2021/11/8)

知財ニュース:
三菱電機が技術資産の一部をオープン化、社外共創を推進する活動を開始
三菱電機は、同社が所有する技術資産を公開し、パートナー企業との共創を推進する「Open Technology Bank」活動を開始した。技術資産をWebサイト上で公開し、さまざまな業種、領域にライセンス提供していく。(2021/11/5)

CAEニュース:
CAEを強化する画像ベースの機械学習ソリューション「ODYSSEE A-Eye」
エムエスシーソフトウェアは、複雑な準備やシミュレーションの知識を必要とせず多様な業種のソリューションに対応した、CAEを強化する新しいAIツール「ODYSSEE A-Eye」を発表した。(2021/10/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。