ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「業種」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「業種」に関する情報が集まったページです。

バブルの34年前とは「時価総額」も様変わり、上位10社を比べる
22日の東京株式市場で、日経平均株価がバブル経済期の平成元年12月29日のの水準を超え、史上最高値を更新した。同日時点の企業の値段を示す時価総額をみると、トヨタ自動車が57兆4450億円で圧倒的首位に立ち、上位10社には製造業から通信、アパレルまで幅広い業種が入った。(2024/2/23)

製造マネジメントニュース:
マツダが六本木に新拠点、異業種との共創や採用活動に注力
マツダは東京都港区六本木に新たな価値創造に取り組む仲間づくりの場「マツダイノベーションスペース東京」を開設した。(2024/2/19)

脱毛サロンや貸衣装で話題の「前受金ビジネス」 業種別の依存度合いを東京商工リサーチが調査
東京商工リサーチが、前受金に関する調査結果を発表した。財務諸表に前受金を計上している企業の割合や、総負債に対する前受金の割合が高い業種が明らかになっている。(2024/2/19)

石川温のスマホ業界新聞:
KDDIが三菱商事とローソンを共同経営――商社との折半出資はKDDIの勝ちパターン?
KDDIがローソンの株式に対するTOB(株式公開買い付け)を実施し、三菱商事との共同経営を行うことが発表された。「通信と小売のシナジー」について懐疑的な見方も少なくないが、KDDIは過去にも「50:50」の比率で異業種と組んできた成功体験がある。(2024/2/18)

古田拓也「今さら聞けないお金とビジネス」:
KDDIがローソンを選んだワケ 異業種タッグでコンビニはどう変わる?
通信大手KDDIが、ローソンに対し株式公開買い付け(TOB)を行うと発表した。なぜローソンなのか。異業種タッグで、コンビニはどう変わるのか。(2024/2/9)

古いシステムから脱却できていない業種 2位「商社」、1位は?
古い技術や仕組みで構築され、現在の技術や要件に適応できないシステムは「レガシーシステム」と呼ばれる。情報通信サービスを提供するオロ(東京都目黒区)の調査によると、バックオフィス業務において、レガシーシステムから「脱却できていない」と回答した企業は31.6%だった。(2024/2/6)

上位職種の平均月額単価は100万円を超える:
「TypeScript」「Go言語」などを扱うフリーランスエンジニアの需要が高まる パーソルキャリア
パーソルキャリアは「ITフリーランスエンジニアの平均月額単価ランキング」を発表した。職種別、業種別、言語別のいずれも、前回の調査から平均月額単価が上がっていた。(2024/2/6)

カフェやベーカリーも:
KDDI、直営店にeスポーツ施設 「携帯×異業種」狙いは?
KDDIは2月1日、東京・上野の直営店に併設する形でeスポーツ専用施設をオープンした。同社はこれまでも、直営店にカフェやベーカリーなど、異なる業態の施設を併設してきた。「直営店×異業種」の狙いとは?(2024/2/5)

企業ごとのカスタマイズも容易:
日本語精度が高い130億パラメーターのLLMを開発
リコーは、日本語の精度が高い130億パラメーターの「大規模言語モデル(LLM)」を開発した。顧客の業種や業務に合わせたカスタムLLMを2024年春より順次、クラウド環境で提供する。(2024/2/2)

「ゾンビ企業」増加率が過去最多 最も多い業種・地域は?
帝国データバンクがゾンビ企業に関する調査結果を発表した。2022年度は1万7387社を数え、前年からの増加率が07年度以降で最悪となった。(2024/1/26)

1400人に聞いた:
生成AI、高年収ほど利用? 「技術系」「コンサル」……よく使う職種1位は
生成AIを自身の業務で「使用している」とした人は2割ーー。そのような結果がエン・ジャパン(東京都新宿区)による調査で明らかとなった。生成AIをよく使用する業種とは。(2024/1/24)

1年以内に:
「倒産リスク」が高い業種 3位「職別工事業」、2位「繊維・衣服等卸売業」、1位は?
1年以内に倒産するリスクが高い企業が多い業種は何か。与信管理サービスを提供しているアラームボックスが調査結果を発表した。(2024/1/12)

未経験転職をした理由 3位「やりがいを求めて」、2位「現状の業種・職種に不満」、1位は?
経験のない仕事へ転職する「未経験転職」。どのような理由で踏み切る人が多いのか。調査結果が明らかになった。(2024/1/5)

勤務時間外に業務連絡がよく来る業種 「金融・保険」を抑えた1位は?
働く人たちは勤務時間外の業務上の連絡に関してどのような意識を持っているのか。日本労働組合総連合会(東京都千代田区)が調査を実施した。(2024/1/2)

調査レポート:
「スーゼネ3社で売上好調も、建設コスト高で減益」2024年第2四半期決算
建設業関連6業種の第2四半期決算実績(2024年3月期)をまとめた。いずれの業種も売上高は前年同期比で増加したが、長引く建材やエネルギーの価格上昇により、収益力が低下しているケースも見られた。(2023/12/26)

「都内の企業」冬のボーナスは前年比2.1%増、最も伸びた業種は?
東京都が発表した都内企業の年末一時金要求・妥結状況によると、平均妥結額は前年比2.10%(1万6662円)増の81万1741円だった。(2023/12/25)

企業の交際費平均、22年度は「1万8192円」 支出が多かった業種の1位は?
帝国データバンクが、企業の交際費に関する調査結果を発表した。20〜21年度は落ち込んでいたところ、22年度は復調傾向を見せている。(2023/12/19)

平均年収が高い業種 3位「医薬品メーカー」、2位「たばこメーカー」、1位は?
業種別や職種別で見た平均年収はいくらか。パーソルキャリアが運営する転職サービス「doda」が調査を実施した。(2023/12/19)

ChatGPT、Bard、Poe……「AIアプリ」ランキング 業種別の便利アプリも解説
米シリコンバレーの著名ベンチャーキャピタル「Andreesen Horowitz」が「How are Consumers Using Generative AI(消費者はどのように生成AIを使っているのか)」というレポートを発表。アプリレイヤーの動きを解説している。(2023/12/16)

キャリアニュース:
半導体関連エンジニア求人は10年で12.8倍に――異業種×異職種転職は33.6%
リクルートは、「半導体関連エンジニア」に関する求人と転職の動向についての調査結果を発表した。半導体関連エンジニア求人はこの10年で12.8倍に増加し、2022年度は「異業種×異職種」からの越境転職が33.6%となった。(2023/12/14)

小売・流通アナリストの視点:
本当の「消費」といえるのか? 大手百貨店の増収増益を手放しで賞賛できないワケ
物価上昇に多くの消費者が苦労している一方、好調を報じられているのが百貨店業界だ。長年、売り上げの右肩下がりが続き、構造不況業種ともいわれていた上に、コロナ禍で甚大なダメージを受けた百貨店業界。本当に回復期を迎えているのか、その現状を見てみよう。(2023/12/13)

働き方の「今」を知る:
携帯ショップに警備会社──不人気業種でも「人が集まり辞めない」企業がある その秘密は?
人手不足が深刻化している。そんな中、不人気な業種でも独自の企業努力によって好業績を維持し、エンゲージメントを高め、採用や育成に成功している企業がある。では、それらの企業では具体的にどのような取り組みをしているのだろうか。携帯ショップや警備会社の事例を紹介する。(2023/12/7)

データからアクションを起こせない企業に欠けていること どうすればデータドリブン経営は走り出すのか?
業種や規模などは関係なく、どんな企業にもビジネスに生かせるデータはある。だが、その価値に気が付かずに蓄積したままでは意味がない。データを価値あるものへと変えるために必要なこととは。(2023/11/29)

産業動向:
新型コロナ関連で「建設業は915件が破綻」、東京商工リサーチ
新型コロナウイルス関連の経営破綻は、負債1000万円以上で、2023年10月に259件となり、全国では累計7531件となった。業種別では、工事計画の見直しなどの影響を受けた建設業が2番目に多い915件。(2023/11/24)

調査レポート:
建設業の「2024年注目キーワード」は、目前に迫るあの問題
帝国データバンクが2024年の注目キーワードに関する企業向けアンケートを実施した結果、建設業では約7割が「人手不足/人材確保」、6割が「2024年問題」と回答した。全体業種のランキングで見ても、人手不足に関連するキーワードは前年の調査から大きく上昇した。(2023/11/17)

日刊MONOist月曜版 編集後記:
異業種からのEV参入の突破口となる「B2B」と「ソフトウェア」
“隙間”を満たすさまざまなアプローチが必要だと考えます。(2023/10/30)

転職者1年目の年収は「455万円」、業種別のトップは?
転職者は1年目にどのくらいの年収を手にするのか。(2023/10/30)

「100億円以上」の大型破産も:
2023年上半期で「倒産」が多かった業種 2位「小売業」、1位は?
2023年上半期(4〜9月)の倒産件数は、全業界で4208件だった。その中で、最も倒産が多かった業種はどこだったのだろうか?(2023/10/25)

調査レポート:
「建設業の倒産は上期841件、人手不足要因は全業種最多の51件」TDB全国企業倒産集計
帝国データバンクの集計によると、2023年度上半期の企業倒産は全国で4208件だった。建設業の倒産は、資材価格の高止まりや人手不足を要因に全業種中で3番目に多く、前年同期の622件から841件に増え、35.2%増となった。(2023/10/18)

電子ブックレット(製造マネジメント):
モノづくり特許力ランキングまとめ
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、自動車部品や精密機器など様々な業種における、企業による知財への取り組みの程度をランキング化した記事をまとめ、「モノづくり特許力ランキングまとめ」としてお送りします。(2023/10/16)

「AI」にマーケティングについて聞いてみた:
「チョコザップ」異例の急成長にあやかって他業種でも何かできないかChatGPTに相談した
マーケターが気になるあれこれについて「AI」に質問してみる本連載。今回のテーマは「チョコザップ」です。(2023/10/7)

人工知能ニュース:
製造業は生成AIの日常利用率が他業種より低め、実態調査の結果発表
エクサウィザーズは、ChatGPTなど生成AIの利用実態に関するアンケート調査結果を発表した。2023年4月の前回調査では「日常的に使用する」の回答は7.2%だったが、今回調査では20.3%と大幅に増えた。(2023/9/28)

日本労働産業ユニオン調べ:
ボーナスの平均額が高い業種 104万円の「金融業」を抑えた1位は?
業種別でボーナスの平均額はどれくらい差があるのだろうか? 3位は「不動産」、2位は「金融」だった。1位は?(2023/9/26)

5大商社に強い大学ランク 3位「東大」、2位「早稲田」、1位は?
今週からは、業種ごとに有名企業の就職に強い大学を紹介していく。初回は、伊藤忠商事、住友商事、丸紅、三井物産、三菱商事の就職者数を集計した、「5大商社に強い大学ランク」をお届けしたい。就職者数は、大学通信が各大学にアンケートし、集計したものだ。(2023/9/23)

生成AIの実利用が進む業種 「卸・小売」を超えた1位は?
エクサウィザーズ(東京都港区)が、2023年4月以来2回目となる生成AIの利用実態アンケートを実施した。(2023/9/15)

なぜ? 35歳以上のビジネスパーソンが「異業種」への転職を志すワケ
ミドルに人気の転職先の第1位は「異業種の同職種」であることがエン・ジャパン(東京都新宿区)による調査で明らかとなった。35歳以上のビジネスパーソンはなぜ「異業種」への転職を志すのだろうか。(2023/9/14)

宇宙ビジネス、異業種参入相次ぐ 2040年に150兆円市場へ
宇宙ビジネスに異業種からの参入が相次いでいる。2040年には世界市場規模が150兆円近くに拡大するとの予測もあり、日本国内でも成長産業として期待されている。(2023/9/8)

レガシーシステムがなくならない6つの理由【第3回】
脱COBOLが難しい“深刻な事情” 「止められない」からやめられない
刷新する必要性を感じていても、企業はレガシーシステムに固執している。特に一部の業種では、レガシーシステムを稼働させ続けなければならない“ある事情”を抱えている。それは何なのか。(2023/9/2)

日立・東武 国内初、業種横断型生体認証プラットフォーム立ち上げに合意
日立製作所と東武鉄道は29日、手指の静脈と顔による生体認証で、デジタル空間に保存された公的証明書やポイントサービスなど、本人確認情報にアクセスできる共通プラットフォームを立ち上げることで合意したと発表した。(2023/8/30)

サイバー攻撃の侵害が日常になった今、欠かせない“検知と対応”:
PR:次にどんな攻撃が来るか分からないのになぜAIを使わないのか 有識者が勧めるセキュリティ自動化
サイバー攻撃は業種や業態、企業規模に関係なく、ある日突然やってくる。担当者は懸命にセキュリティ対策をしている。ただ、「国家が主導するような大規模なサイバー攻撃の被害に遭うかもしれない」と本気で考える人は多くないだろう。だが、そうした事態はすでに人ごとではなくなっている。(2023/8/24)

東京商工リサーチ調べ:
最低賃金引き上げ、11.2%の企業が「打つ手なし」 特に厳しい業種は?
東京商工リサーチが、最低賃金引き上げに関する調査を実施した。最低賃金の上昇に何らかの対策を取ると回答した企業は61.0%だった一方、11.2%は「できる対策はない」と回答した。(2023/8/23)

帝国データバンク調べ:
従業員の退職による倒産、じわり増加 最も多かった業種は?
帝国データバンクが、従業員や経営幹部などの転退職による倒産について調査を実施した。(2023/8/18)

「生成AIが今後至るところに展開される」:
生成AIは今後7年間で4500億ドルの利益を生む可能性、そのための条件は? ABI Researchが予測
ABI Researchは、生成AIが今後7年間で、12の異なる業種で4500億ドル以上の利益をもたらすとの予測を発表した。(2023/8/16)

ダイバーシティー改善に挑むIT業界【中編】
学歴でも顔でもなく「名前」でまさかの不採用――不条理極まる採用事情
IT業界に限らず、さまざまな業種に人種や性別の偏りが残っている。偏りが如実に表れるのが人材の採用だ。幾つかの実験で、人種や性別が採用に影響しているとみられる赤裸々な実態が明らかになった。その内容とは。(2023/8/12)

Veeam Software Japan株式会社提供Webキャスト
高度化するランサムウェアの最終防衛線、確実な「バックアップ」を実現する方法
高度化するランサムウェアは、あらゆる面で進化を遂げており、規模の大小や業種を問わず、全ての組織が攻撃対象となり得る状況となっている。このような状況において、組織はどのようにして自社の重要データやシステムを守ればよいのか。(2023/8/2)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
中外製薬とオムロン、異業種2社の出会いはどこで生まれたのか
出会いは突然に……なんてね。(2023/7/27)

IT系上場企業の平均年収を業種別にみてみた[2023年版] パッケージソフトウェア系、SI/システム開発系、クラウド/キャリア系企業
IT系企業で平均年収が高いのは、勢いのあるネットベンチャー系企業なのか、それとも伝統的なSIerなのか。有価証券報告書を基に、パッケージソフトウェア系、SI/システム開発系、クラウド/キャリア系企業の従業員数や平均年齢、平均年収などをまとめた。(2023/7/24)

企業向けAI基盤の真打ちになるか:
IBM watsonxが一般提供開始 企業ユースケース別のAIモデル提供も
IBMが企業向けを強く意識したAIおよびデータプラットフォーム「watsonx」の一般提供を開始した。AIモデルに加えてデータ基盤やAIガバナンスの運用に向けた機能も投入、2024年をめどに、個々の業務や業種に向けたAIモデルの提供も予定する。(2023/7/13)

産業動向:
「電気、設備工事、職別工事業で倒産増の懸念」アラームボックスが23年下期の倒産危険度の高い10業種を予測
アラームボックスは、1年以内に倒産する危険性がある“要警戒企業”の業種別ランキングをまとめた。建設関連では、電気業、設備工事業、職別工事業がランクインした。(2023/7/6)

福田昭のデバイス通信(408) 2022年度版実装技術ロードマップ(32):
幅広い業種から数多くの企業が次世代モビリティーのコンソーシアムに参画
第2章第5節(2.5)「モビリティー」から、第2項(2.5.2)「自動運転と遠隔操作」の内容を抜粋して紹介する。自動運転技術に向けたコンソーシアムや、センシング技術を取り上げる。(2023/7/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。