ニュース
» 2014年06月26日 12時56分 UPDATE

Google、容量無制限のGoogleドライブを企業向けにリリース

同期や共有の機能に加え、ファイルの監査機能やeDiscovery サービスも備えた企業向けのサービスとなる。利用価格は1ユーザーあたり月額1200円。

[ITmedia]

 Googleは米国時間の6月25日、カリフォルニア州サンフランシスコで開催した開発者向け会議の「Google I/O 2014」で、企業向けの新サービスの「Google Drive for Work」を発表した。容量無制限ながら高度なセキュリティ機能を備える。日本での利用価格は1ユーザーあたり月額1200円。

 新サービスは、ファイルの同期や共有の機能に加え、新たに管理者向け機能としてファイルの監査やeDiscovery(訴訟に関する証拠開示)サービスなどを備える。監査機能ではファイルの移動や削除、社内外でのファイルの共有などの状況を監視でき、ファイル検索のGoogle Apps VaultやGoogle Apps for Businessの機能が含まれている。

gd001.jpg Google Drive for Work

 保存容量は無制限となるが、5ユーザー未満のアカウントではユーザーあたりの容量が1テラバイトまでとなる。保存可能なファイルサイズは最大5テラバイト。アップロードされる全てのファイルは、端末と同社データセンター間の通信経路やGoogleのサーバ内でも暗号化され、不正なアクセスによる悪用を防止できるとしている。

 SSAE 16/ISAE 3402 Type II SOC 2-auditやISO 27001、Safe Harbor Privacy Principlesなどの各種セキュリティ基準を満たし、HIPAAなど業界固有のセキュリティ要件に対応するという。

関連キーワード

Google | 企業 | Googleドライブ | e-Discovery


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -