レビュー
» 2014年07月09日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:公開Webサーバのセキュリティ:多層防御の視点から企業セキュリティを再考する

従来十分な対策が取られてきたはずの公開Webサーバが、なぜ今攻撃対象となっているのか。従来の対策と今求められる対策のギャップを示すとともに、「多重防御」の視点で企業セキュリティを再考する。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 2013年春ごろから、国内でも公開Webへの攻撃が頻発するようになった。コンテンツの書き換えが行われたものではあるが、Webに表示されるコンテンツが書き換えられたわけではなく、不正なiFrameを挿入することにより、そのページを参照に来たエンドユーザーを不正サイトに誘導するという、管理運営者側には発見が困難な手法が取られていた。さらに、自サイトには保持していなかったはずのクレジットカード情報がバックドアを通じて第三者に送信されるという被害も発生している。

 特に「公開」サーバにおいては、従来十分な対策が取られてきたはずであるにも関わらず、なぜこのようなインシデントが多発したのか。このホワイトペーパーでは、既存対策と本当に必要な対策とのギャップを考察するとともに、脆弱性対策や不正ログイン対策を行っていても攻撃を受けてしまう理由を示す。そしてセキュリティの世界では古くから使われている言葉である「多重防御」の観点から、今企業が実施すべきセキュリティ対策を再考する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -